新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

長命を誇った著名画家たちに学ぶ長生きのヒント|『一流の画家はなぜ長寿なのか』

文/鈴木拓也

長命を誇った著名画家たちに学ぶ長生きのヒント|『一流の画家はなぜ長寿なのか』

日本人の平均寿命の高さは、今では当然のように思われているが、実は平均寿命が50歳を超えたのは1947年のことである。そして、世界的に見ても、多くの人が70代、80代を生きられるようになったのは、長い人類史の中ではつい最近のことに過ぎない。

そう考えると、世界的に著名な画家たちの寿命の長さは驚異的だ。例えば、葛飾北斎や横山大観は 89歳、パブロ・ピカソは91歳、マルク・シャガールは98歳…。医学や公衆衛生が未発達な時代に、現代人の平均寿命を超え、しかも生涯現役を貫いている方々が多い。

彼らは、遺伝的に恵まれていたのだろうか、あるいは特別な健康法でもやっていたのだろうか?

その謎を追究し、書籍『一流の画家はなぜ長寿なのか』にまとめたのが、銀座内科・神経内科クリニックの霜田里絵院長だ。

霜田院長は、著名画家の長寿の秘密を解く糸口として「テロメア」を挙げている。テロメアとは、細胞内にあってDNAから構成される染色体の末端にある構造。染色体の末端部分を保護するために存在するが、細胞分裂のたびに短くなっていき、短くなりすぎると細胞分裂が停止してしまうことから、寿命と深い関係があるとされている。

テロメアは、加齢とともに短くなるが、逆に伸びることもあり、それには生活習慣や精神状態が大きく関与するという。この事実から霜田院長は、著名画家には共通する特有のライフスタイルや心のあり方があって、それが長寿に結びついているのではと考える。また、絵を描くことは、脳の様々な部位が働くことを指摘する。

「立体的に全体像を把握するためや、キャンパスの中に絵をバランス良くおさめるために頭頂葉が働きます。指を動かすためには、前頭葉の運動野が働きます。描くために集中したり、計画を立てたり、ひらめきを得たりするためには前頭前皮質が働きます。きちんと測定した対象物の絵を描くためには、大脳基底核や小脳も働きます」(本書65pより)

少し前まで、脳は加齢とともに衰えてゆく一方というのが定説であったが、脳の各部位を使い続けることで、逆に強化すらできることが分かっている。

長寿画家たちは、絵を描くことで、意識せず脳を広範に使い、いつまでも若々しい精神を保っていたのだと、霜田院長は述べる。
また、画家たちの多くが、描く題材を探しに屋外を歩き回っていたことは、肉体的な若さの維持に寄与したであろうことも指摘する。

その例として、片岡球子は富士山を描くために、週に1回は藤沢市から富士山まで写生に出かけ、葛飾北斎は86歳の時分に日本橋と両国の約8kmを往復し「へともをもはぬたっしゃ」と手紙に書き記しているのを挙げる。

また、精神面では「誠実で根気のある情熱」が画家たちに共通するもので、これが「長寿への鍵」だという。こうした性格特性を持つ人のテロメアは概して長いそうで、葛飾北斎、東山魁夷、ピカソらの終生にわたる情熱は、寿命の延びにさぞかし影響しただろうと、霜田院長は推察する。

では、絵筆を握ったこともないわれわれは、こうした著名画家から何か学べることはあるだろうか?

本書において霜田院長は、いくつかのヒントを提示する。

まずは、「脳に定年退職などないし、そもそも人生に定年退職など存在しないことを心に刻もう」と言う。それは、何らかの仕事を一生涯続けよというのではなく、「年齢相応の服装をするとか、年だから無茶な旅をしない」といった考え方を改めることだけも良いという。そして、適度に手や身体を動かし、何か情熱を傾けられる対象を見つける。また、テレビを見るばかりといった、情報のインプット偏重からアウトプットも心掛ける意識も大事だと説く。

幾つかの研究によれば、ほんの1か月のライフスタイルの改善で、テロメアに影響が出始めるという。本書に散りばめられた著名画家の生き方を手掛かりに、今までのライフスタイルをできるところから見直してみてはいかがだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『一流の画家はなぜ長寿なのか』

https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3696-1

(霜田里絵著、本体1,400円+税、サンマーク出版)

『一流の画家はなぜ長寿なのか』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 健康で幸せに歳を重ねるために|『人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法』 「白い主食」は老化の一因になる|『人生100年、長すぎるけどどう…
  2. 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』
  3. 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは…
  4. 100歳の家事評論家が気づいた長寿のコツは「前向きな手抜き」
  5. 定年後の男性が「第2の人生」を謳歌できる働き方のコツ4つ
PAGE TOP