サライ.jp

Fotolia_96866245_Subscription_Monthly_M

壬生忠岑(みぶのただみね。9世紀半ば~10世紀前半頃)は平安時代の歌人で「三十六歌仙」の一人。身分の低い武官の家柄の出で、終生官位にはめぐまれなかったが、歌人としては早くから才能を認められ、紀貫之(きのつらゆき)とともに『古今集』の撰者に抜擢(ばってき)された。

111286

画・菱川師宣 国立国会図書館蔵

壬生忠岑は叙情的な歌を多く残している。

「命にも まさりて惜しくあるものは 見果てぬ夢の覚むるなりけり」(命よりも惜しいと思うことは、愛する人との逢瀬(おうせ)の夢をおしまいまで見ぬうちに目が覚めてしまうことであった)

そんな歌をのこした忠岑ではあるが、老いを迎えると、身分が低いままに歳をとっていくのを嘆いて、次のように述べている。

「さすがに命は惜しいもので、越(こし)の国(北陸)の白山(しらやま)にあると伝え聞く不老不死の薬を手に入れて、何度も若返って帝の御代(みよ)を幾代(いくよ)にもわたって見たいものだ」。

この言葉から、平安時代の上流社会のなかで、不老不死の薬のありかが伝説的に語られていたことがわかる。

忠岑は官位が低いまま亡くなったが、その歌はいまも輝きをもって生き続けている。

文/内田和浩

※本記事は「まいにちサライ」2013年10月11日掲載分を転載したものです。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア