新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

天皇陛下御即位三十年記念展示 企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」

取材・文/池田充枝

「皇居吹上御苑の森」

「皇居吹上御苑の森」

天皇陛下による生物学のご研究は広く知られています。特にお若いころからハゼ科魚類の分類学的研究に取り組まれ、これまでに30報以上もの学術論文をご執筆になり、新種も発表されています。

一方で、天皇陛下の「西暦2000年(平成12年)における皇居内の生物について正確な記録を残し、その後の経年変化などを把握することが望ましい」というお言葉が発端となり、国立科学博物館は、1996(平成8)年度から1999(平成11)年度に皇居の詳細な生物研究を行いました(第Ⅰ期)。

続く2000(平成12)年度から5年をかけて動物に関する追跡調査を実施し、2009(平成21)年度から2013(平成25)年度には、第Ⅰ期調査から10年が経過した皇居内の生物相の変化を調査することに加えて、タヌキや鳥類、甲虫類などの生態学的な調査を実施しました(第Ⅱ期)。

天皇陛下御即位30年を記念して、天皇陛下のご研究と皇居内の生物調査の結果を公開する展覧会が開かれています。(3月31日まで)

本展の見どころを国立科学博物館の動物研究部長、倉持利明さんにうかがいました。

「この企画展では、「天皇陛下の御研究」に関する資料の数々と、国立科学博物館(科博)による「皇居の生物相調査」で得られた標本約500点を見ることができます。

天皇陛下がご発表なさったハゼ類の新種の実物標本とそのご論文、天皇陛下がご著書をご執筆の際にお描きになったハゼ類のイラスト(複写)、ご研究なさる天皇陛下のお写真に加えて、天皇陛下のご研究を顕彰して英国王立協会(ロイヤル・ソサイエティー)から贈られたチャールズ2世メダルと証書、スウェーデンのウプサラ大学から贈られた名誉学員のメダルと証書を展示しています。

「新種のハゼ、クロオビハゼ」(写真提供:宮内庁)

「新種のハゼ、クロオビハゼ」(写真提供:宮内庁)

さらに、天皇陛下によるタヌキのご研究をご紹介しました。天皇陛下は、皇居に住むタヌキの糞の分析を長年にわたってお続けになり、皇居がタヌキの生息に適した環境であることをご解明なさいました。

「皇居のタヌキ」(写真提供:宮内庁)

「皇居のタヌキ」(写真提供:宮内庁)

「皇居の生物相調査」では、約6,000種の動植物が記録されましたが、展示では新種の植物フキアゲニリンソウや、つい先日新種として発表されたコウキョアケハダニ(ダニ類)をはじめ、絶滅危惧種を含む植物、藻類、キノコ類、地衣類、昆虫類、クモ類の実物標本を見ることができます。

「新種フキアゲニリンソウ」

「新種フキアゲニリンソウ」

皇居の豊かな生物を通して、天皇陛下の生物学への深いご興味と、自然への深いご配慮をうかがい知ることができます。この企画展をご覧になった皆様には、皇居の豊かな自然を維持し、保全して未来に継承することの意義を感じ取っていただければ幸いです」

天皇陛下の長年のご研究の成果を間近に拝見できるまたとない機会です。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
天皇陛下御即位三十年記念展示 企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」
会期:2019年2月13日(水)~3月31日(日)
会場:国立科学博物館 日本館地下1階多目的室
住所:東京都台東区上野公園7-20
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://www.kahaku.go.jp/
開館時間:9時から17時まで、金・土曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:2月18日(月)、3月4日(月)、3月11日(月)、3月18日(月)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP