新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也

自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学医学部の小林弘幸教授。

長年の研究から、食材がもつ数多くの力に気づき、大病をもたらしうる自律神経の不調を整え、長生きにもつながる食材も追求している。

その結果、たどり着いた1つの結論が、日本を代表する発酵食品の「みそ」であったという。

みその原料となる大豆は、もともと豊富な栄養素を含み、発酵させることでさらに栄養価が高まる。他大学の研究でも「発酵によって老化制御機能が生まれる」、「脳卒中を予防する効果がある」など効用が認められており、小林教授は、「スーパーフード」とも表現する。

そんなみその健康効果をさらに高めたのが、小林教授が試行錯誤の末に考案した「長生きみそ玉」。これを、野菜などを具にしてみそ汁にした「長生きみそ汁」がまさに「最強」の健康食だと力説する。

その「長生きみそ玉」とは、赤みそ、白みそ、玉ねぎ、りんご酢を素材に手作りしたもの。作り方は簡単で、なおかつ作り置きしておけば、毎日手軽に「長生きみそ汁」を摂れるという長所もある。

小林教授は、その作り方と多数のレシピを著書『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム刊)に掲載している。本稿では、本書にある作り方、そして3つのレシピを紹介しよう。

■「長生きみそ玉」の作り方

【材料】
赤みそ:80g、白みそ:80g、玉ねぎ:150g(約1個)、りんご酢:大さじ1
【作り方】
1. 玉ねぎをすりおろす。
ボウルなどに玉ねぎをすりおろす。バラバラになるのを防ぐため、玉ねぎの根は残したままで。事前に冷蔵庫で冷やし、ゆっくりすりおろすと、目が痛くなるのを抑えられる。

2. みそ、りんご酢を混ぜ合わせる。

1に赤みそ、白みそ、りんご酢を加え、泡だて器で混ぜ合わせる。みそがかたく、混ざりにくく感じるのは最初だけ。玉ねぎの水分のおかげで、すぐにスムーズに全体が混ざり合う。

3. 製氷器に入れて冷凍庫へ

10等分するように、スプーンで製氷器(縦約35mm×横約40mm×深さ約35mmで10個の氷が作れるもの)に分け入れ、冷凍庫で凍らせる。
冷凍庫で2~3時間凍らせ、シャーベットぐらいのかたさになれば完成。使用時はフォークでさして取り出す。

 

■レシピ1「こうばし野菜とお揚げさんのみそ汁」

ポイント:「なすには、ナスニンというポリフェノールの一種が、抗酸化作用やコレステロールを抑える作用があるといわれています。また、体内のナトリウムを排出するカリウムも」
【材料(2人分)】
長生きみそ玉:2個
油揚げ:1枚
なす:2本
長ねぎ:1/2本
ごま油:小さじ1

【作り方】
1. 油揚げは1cm幅に切る。なすは一口大の乱切りにする。長ねぎは3cm長さに切る。
2. 鍋に油揚げを入れ、香ばしくなるまで乾炒りして取り出す。ごま油は熱し、なす、長ねぎを入れて焼き色をつける。
3. 水300ml(分量外)を加え、蓋をしてひと煮立ちさせる。油揚げを戻し入れ、約1分加熱する。
4. 火を止め、みそ玉を加えて溶かす。好みでみょうがのせん切りを添える。

 

■レシピ2「豆腐とにんじんのツナ炒め」

ポイント:「にんじんに多く含まれるβ‐カロテンは体内で免疫力を高めたり、皮膚の健康維持に必要なビタミンAに変換。油といっしょにとると、効果が高まるといわれています」

【材料(2人分)】
長生きみそ玉:1個
ツナ缶(ノンオイル):小1缶
木綿豆腐:150g
にんじん:1/2本
小ねぎの小口切り、かつお節:各適量
サラダ油:小さじ1

【作り方】
1. にんじんは細切りにする。ツナは水けを切る。
2. フライパンに油を熱し、にんじんを入れて全体に油がまわるまで炒める。豆腐を大きめにちぎって加える。
3. ツナ、みそ玉を加え、豆腐の水分がなくなり、みそ玉が溶けるまで炒め合わせる。
4. 器に盛り、小ねぎの小口切りを散らし、かつお節を振る。

 

■レシピ3「みそごまだれ」

【材料(2人分)】
長生きみそ玉:1個
トマト:1個
きゅうり:1/3本
A-白練りごま:大さじ2、オリゴ糖:小さじ1/2、酢:小さじ1

【作り方】
1. 耐熱容器にみそ玉を入れ、電子レンジで20~30秒加熱して溶かす。
2. 1にAを混ぜ合わせる。
3. トマトはヘタを取り除いて1cm厚さに切り、きゅうりは斜め薄切りにして器に盛り、2をかける。好みでごまを振る。

赤みそには抗酸化力を高めるメラノイジンが、白みそにはストレス抑制効果のあるGABAが、おろし玉ねぎには解毒効果のあるアリシンやケルセチンが、りんご酢には塩分排出効果のあるカリウムそしてリンゴポリフェノールが豊富に含まれている。そして、これらが組み合わさった「長生きみそ玉」には、自律神経のバランスや腸内環境の改善、血液サラサラ、老化抑制など多くの健康効果が期待できると小林教授は解説する。

本書には、上で挙げた3つのレシピのほかに、肉や卵を具材にしたみそ汁や副食(おかず)などバリエーション豊かな料理の作り方が網羅されている。1日1玉で十分だそうで、毎日なにかしら「長生きみそ玉」を使った料理を食べるようにするとよいだろう。

画像提供/株式会社アスコム

【今日の健康に良い1冊】
『医者が考案した「長生きみそ汁」』

http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0995-9.html

(小林弘幸著、本体1,300円+税、アスコム)


文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  2. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  3. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
  4. 失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』 40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」…
  5. 一日一文 英知のことば 平成最後の日に読みたい名言|『一日一文 英知のことば』
PAGE TOP