新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)

大久保利通像

牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐに分かるのは、ある程度以上の歴史好き、それも近代史にくわしい人と見てまちがいない。明治から戦前にかけて活躍した政治家だが、今は日本史の教科書にも載っていないことが多いから、無理もないだろう。が、ひとたびこの人物を知れば、血脈と交友関係のきらびやかさに目のくらむ思いがする。本稿では、数多の著名人とのかかわりを中心に、忘れられた大政治家・牧野伸顕の生涯をたどってみたい。

父は大久保利通

牧野は文久元(1861)年、薩摩藩の城下・鹿児島に生まれた。実父は維新の元勲となる大久保利通で、伸熊(のぶくま)と名づけられる。次男だった伸熊は、生後すぐ親族である牧野家の養子となったが、養父がはやくに亡くなったため、実家で育てられた。大久保家の人間として成長したわけである。

明治元(1868)年に維新が成ったあとも鹿児島で暮らしていたが、1871年、兄の利和(としなか)とともに上京、父の方針でしばらくフランス人の家に寄宿し、語学を学んだ。同年、有名な岩倉遣欧使節団に随行してアメリカへ渡り、二年半の留学生活を送る。この時期の経験が牧野の視野を国際的なものとし、のちに政界で重きをなす一因となったことは容易に想像できるだろう。

明治7(1874)年に帰国後は、東京で家族一同がともに暮らすようになった。かつては冷徹な政治家というイメージで捉えられることが多かった大久保利通だが、近年は再評価がすすみ、子煩悩な家庭人という面もしばしば紹介されている。牧野自身の回想を借りるなら、「子供は大変好きで……五分でも暇があると、小さい子供を書斎へ呼び入れて戯れていました」(明治43年10月、「報知新聞」掲載)という。

が、明治11(1878)年5月、利通は旧加賀藩出身の不平士族らに暗殺されてしまう。同年12月には跡を追うように母が病死、牧野は一度に保護者を失ったのだった。

伊藤博文、原敬から岡倉天心まで……華麗なる人脈

伸顕と名をあらためた牧野は18歳で外務省に出仕、政治生活のスタートを切る。イギリス公使館に勤務中、伊藤博文の知遇を得、明治18(1885)年には随行して大陸へ渡った。朝鮮をめぐって緊張状態にあった清国と交渉をおこなうためである。清側の代表は、のち日清戦争(1894~95)でも講和全権となった李鴻章で、牧野は両国の大政治家がまみえる様を自らの目で見たことになる。このとき、天津総領事だった原敬(1856~1921 のちの平民宰相)と知り合う。当時はともに20代だが、後年、首相と宮内大臣として国家を支えていくことになる。ふたりは互いの力量を認めあう間柄で、大正10(1921)年に原が暗殺されたときも、直前に牧野を訪ねながら不在のため果たせず、後日を約していたのだという。

総理大臣秘書官や県知事、文部・外務大臣と数多の要職を歴任し、やがて宮内大臣・内大臣として天皇の側近となる牧野だが、芸術好きな一面をもっており、文部省美術展覧会(現・日展。明治40=1907年が第1回)の開催にも尽力している。じつは、東京美術学校(現・東京芸術大学)の校長をつとめた岡倉天心(1862~1913)は、東京開成学校(東大の前身)時代の後輩にあたり、終生交友をつづけた親しい仲だった。そのつながりから、川合玉堂や横山大観といった画家たちとも交流があり、こうした縁も加わっていっそう美術の振興に力をそそいだのである。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり 出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【…
  2. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっ…
  3. 高知城内 山内一豊の妻 銅像 「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】
  4. 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜…
  5. 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【…
PAGE TOP