新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)

スコットランドでは近年、手作りで少量生産の「クラフト・ジン」が人気を呼んでいる。高品質のクラフト・ジンは、単独で飲んでももちろん美味しい。しかし、せっかくならばつまみとの相性を考えて、ジンの美味しさを倍増、いや相乗効果で4倍にしよう。

クラフト・ジンは、フルーツ、ハーブ、スパイス等のボタニカル(植物)で個性的な香りをつけており、つまみにも同じ香りを用いると相性が高まる。またジンの代表的な楽しみ方であるジン・トニックは、フライや魚・肉の脂等をさっぱりリフレッシュしてくれる。

さあ、本場スコットランドのジン専門バー、酒屋、ジンメーカー、そして大使館シェフがおすすめする5品をご紹介しよう。

【ジン専門バーおすすめ】
ジン入りタルタルソースで食べるフィッシュ&チップス

 

スコットランドはイギリス連合国の一部。そのイギリスの代表的なつまみといえば「フィッシュ&チップス」。スコットランド人もこの揚げ物が大好きで、専門店のみならず、パブ、カフェ、レストラン、どこで食べてもカリッカリに揚がった美味しいものが食べられる(イギリス飯はマズイという噂もあるが、本当に美味しい!)。

フィッシュ&チップスにはモルト・ビネガー(麦芽酢)と塩をかけて食べるのが一般的だが、ジンとの相性を考えるなら、ジンを加えたタルタルソースをおすすめしたい。さあ、カリッカリのフィッシュ&チップスにタルタルソースをつけて、シュワッシュワのジン・トニックで流し込もう。揚げ物とタルタルソースの組み合わせなのに、意外と脂っぽさを感じさせない。繊細な舌を持つ日本人をもとりこにすること請け合いのイギリス飯だ。

【酒屋おすすめ】
マティーニから発想した、オリーブの酢漬け

 

「ジンと一緒に食べるおすすめは何ですか?」とスコットランドの酒屋さんで質問したところ、「スコットランド人は、最初の一杯目にジン・トニックを飲むから軽いつまみ、例えばオリーブが良いんじゃないかな」。考えてみれば、ジンをベースにした代表的なカクテル・マティーニには必ずオリーブが入っている。これは間違いない。

まずはジン・トニックと組み合わせてみた。酢漬けの酸っぱさが飲むスピードを加速させてくれ、ジン・トニックがすいすい喉を通っていく。

ストレートのクラフト・ジンとも試してみた。オリーブの香りは、豊かなフレーバーのクラフト・ジンとぴったり。またジンはストレートだと40度以上のアルコール度数を持つが、オリーブは口直しとしてもぴったり。オリーブ、ジン、オリーブ、ジンと永遠のループになりそうな危険な組み合わせだ。

【クラフト・ジンメーカーおすすめ】
胡椒風味のスモーク鯖

 

スコットランドの鯖は、脂が乗っていて美味しい。スーパーではスモークされた鯖が真空パックになって売られており、冷蔵庫の常備品にもなる重宝な一品だ。味付けはプレーン、唐辛子等あるが、ジンには胡椒味のスモーク鯖がおすすめだ。

このスモーク鯖はあらかじめ調理されており、オーブンまたは電子レンジで温めるだけで食べられるのも嬉しい。オーブンで温めるならば、ズッキーニやプチトマトなどの野菜を一緒にグリルすると、野菜も摂れてさらにヘルシーだ。

さあ、ジン・トニックと一緒に召し上がれ。鯖の脂をジン・トニックがさっぱりとリフレッシュしてくれる。胡椒の風味は、豊かなフレーバーのクラフト・ジンとぴったり。
クラフト・ジンの懐の深さをあらためて気付かせてくれるフードペアリングだ。

【クラフト・ジンメーカーおすすめ】
香り高くて塩っ辛い、熟成チョリソー

 

「チョリソーは、スペインでは?」そんな声も聞こえてきそうだが、スコットランドは欧州の一部であり(欧州から離脱する「ブレグジット」前は関税もかからない)、スーパーには欧州産の食材がたくさん並んでいる。美味しさを追求するために、地の利を利用しない手はない。

クラフト・ジンメーカーがおすすめするのが熟成肉。有名なところがチョリソーだ。チョリソーを少し調べてみると、塩辛いという意味のラテン語が由来であり、塩っ気はアルコールのお供にぴったりだ。そんな塩っ辛いチョリソーには、香辛料も豊富に含まれている。香り高いクラフト・ジンの相棒として最高の簡単おつまみだ。

【英国大使館シェフおすすめ】
これぞ王道!スコティッシュ・サーモン

Scottish development international提供

 

見た目は綺麗なオレンジ色、舌ざわりはまるでとろけるようなスコティッシュ・サーモン。脂が良質で、その証拠にSashimi Quality(刺身で食べられるほど新鮮な状態)と謳い、売られているほど新鮮で質が高い。そんな良質なサーモンを食べるのなら、やはり良質な酒。スコットランドのクラフト・ジン以外に選択肢はないだろう。

サーモンは刺身用をマリネにして楽しもう。マリネ液にはジンを大さじ一杯ほど加えて。クラフト・ジンのフレーバーには柑橘系が用いられていることが多いので、レモンをサーモンに一絞りしたり、グレープフルーツをサーモンに乗せて食べるのもいい。そしてジン・トニックにも、同じ柑橘を加えて楽しもう。サーモンはさっぱりと、ジン・トニックの香りはさらに高まり、柑橘系つながりで食べ物と飲み物の相性は抜群だ。

文・写真/石橋貴子
スコットランド在住。コピーライター・編集者としての25年以上の職歴と、ジャーナリスム専攻ならではの視点を活かし、日々アンテナを張り巡らせて、スコットランドの隠れた魅力をお伝えしている。海外書き人クラブ所属。(http://www.kaigaikakibito.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. スコットランド発、世界最高金賞のクラフト・ジンを訪ねて
  2. オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思…
  3. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  4. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
PAGE TOP