新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

梅干し、塩おにぎり、味噌汁で熱中症対策【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや

夏になってから、連日37度前後の気温を記録し、なかには名古屋など40度を超える地域もあります。酷暑、災害という言葉も聞かれるほどの暑さに、熱中症で救急搬送される人も続出。熱中症の症状や予防、応急処置について、救急の現場で熱中症患者の治療にもあたっておられる近畿大学医学部脳卒中センター教授、大槻俊輔先生に伺いました。

人はなぜ熱中症になるのか

「私達の体は、暑くても寒くても体温調節ができるようになっています。じっとしていても筋肉は動いていて、体にこもった熱を外に出しているので、背中や肩が温かいのです。体を動かすと、体温が上昇して汗が出ますが、汗の蒸発とともに熱が外に逃げていくため、体温を36度台に保つことができるようになっています。運動をすると37度くらいになることもありますが、38度以上にはならないよう、汗や皮膚温度で体温調整できるようになっているのです。

しかし、日本の夏は気温に加え湿度も高く、地面からの照り返しによる輻射熱(ふくしゃねつ)は、気温30度でも45度にもなることがあります。すると、汗をかいても湿気に阻まれて汗が蒸発しにくくなり、体温の熱が体にこもりやすくなり、体温調節機能が働かなくなってしまいます。特に、気温30度を越えていて、急に熱くなった時は、体がついていかないので要注意です」

熱中症の症状

「熱中症の症状は、夏バテのような軽度のものから死にいたることもある重度のものまで3段階に分けられています。体がだるいと感じたり、ズキンズキンと頭痛がしたりしたら、既にイエローカード。たかが夏バテと考えず、注意する必要があります。具合が悪くなる数時間前から口が乾き、ろれつが回らなくなるのも典型的な症状です。尿の色が濃い場合も、脱水気味だと思ってください。

では、重症度別に症状を見てみましょう。

重症度I度:初期の症状
涼しいところで休み、冷えた水分、塩分を補給。様子を見て病院へ。
・めまい
・ふらふらする
・立ちくらみ
・疲労感
・指先、足先のしびれ
など、夏バテのような症状が出てきます。
よくある症状のひとつが『こむら返り』。塩分(ナトリウム)が欠乏すると、筋肉痛や筋肉の硬直が起こりやすくなるのです。

重症度II度:中期の症状
衣服をゆるめ、体を冷やすなど、応急処置をした後に病院に行きましょう。
・吐き気
・虚脱感
・ぐったりする
・力が入らない
・軽い意識障害
など、なんとなくいつもと違う「熱疲労」と呼ばれる症状が出てきます。

重症度III度:危険な状態
すぐに救急車を呼ぶべき状態です。
・意識が朦朧とする、意識がない
・痙攣が起こる
・呼びかけに対する返答がおかしい
・まっすぐ歩けない、走れない
・体が熱い

ここまでくると、腎臓や肝臓、血液に障害が出て、脳にも症状が出てくることがあります。

《熱中症の応急処置フローチャート》で、症状別の応急処置の仕方を確認してみましょう。

出展:環境省「熱中症環境保健マニュアル2018」p.24

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 主治医を名医に変わらせるために患者ができること|『あなたの主治医が名医に変わる本』 主治医を名医に変わらせるために患者ができること|『あなたの主治医…
  2. 脳梗塞や心筋梗塞、高血圧予防にも!オリーブオイルを賢く使って健康…
  3. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  4. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医…
  5. がん治療でも注目!免疫療法と腸内フローラとの意外な関係【名医に聞…
PAGE TOP