新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

ダイエットを成功させるには「感じる能力」が必要です【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや

健康に、楽しく老後の生活を送りたい。それは多くの人が望むことです。しかし、そのためには何をしたらいいのでしょうか?

今回は東洋医学がご専門の西本隆先生に、アンチエイジングとは何なのか、そしてダイエットはどのように取り組めば成功できるのか、興味深いお話を伺いました。

■ダイエットを成功させる鍵は「感じる能力」

アンチエイジングとは、特定のサプリメントを飲んだり食べたりすることではありません。心と体をバランスの取れたいい状態にもっていくことが「アンチエイジング」です。

そんな「アンチエイジング」の一環として、ダイエットにご興味がおありの方もいらっしゃるかと思います。

じつはダイエットというのは、やってみたら意外と簡単にできるものです。この食事が本当に自分にとって必要なものなのか、自分の役に立っているのか、何が体にいいのか、「感じる能力」を持つことが、ダイエットを成功させる鍵になります。

そのためには、この食事は自分に良くない、体をいじめることになる、という感覚を研ぎ澄まさなければなりません。そのお手伝いをするのも漢方医の仕事です。

たとえば、食べる順番を変えるとか、5枚切りのパンを6枚切りに変えて、できたら半分にするとか、その分チーズやナッツを食べて血糖の上昇を緩やかにするとか、そういう指導をしているのです。

流行の炭水化物つまり糖質を減らす「ローカーボダイエット」は、短期的は体重を減らす効果があることが報告されています。しかし、長期に渡って続けた場合の安全性については議論のあるところですので、腎機能が低下した方や高齢の方は、自分で判断せずに医師と相談されることをお勧めします。

ダイエットが必要な方には、まずは、カーボレイトといって食事の順番を変える方法をおすすめしています。肉→野菜という順に食べて、炭水化物を最後に食べるという方法です。

■「脳」を変えれば痩せられる

よく糖質を摂らないと活動できない、頭が働かないと思い込んで、必要以上の食事を撮ってしまうという方がいらっしゃいますが、それは刷り込みによる誤った情報です。「これくらいの食事量でも十分活動できる」ということを、脳に覚えさせればよいのです。

炭水化物、すなわち糖を摂る量が少なくても、代わりに体内の脂肪がエネルギー源となってくれます。その結果、ダイエットにもつながるのです。

また、想像力を働かせることも大切です。例えば、いまの生活を5年、10年と続けていったとして、たとえば75歳になった時に健康でいられるかどうかを想像するのです。そしてさらに、介護を受けないでいられるとどうか、想像してみるのです。

もしダイエットのために運動を始めるなら、最初から10点満点を狙ってはいけません。でないと、挫折してしまいます。

例えばエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を昇り降りするとか、それぞれの能力に応じて始めてください。そして、いまの自分に何ができるのか、どのようにして運動する時間を作るのか、頭で考えて取り組むことが大切です。

そうして運動することによって筋肉がついてきたら、同じ動作をしてもより多くのカロリーを消費することができるようになるのです。

■漢方薬とダイエット

代謝を上げる漢方薬は、あるにはあります。しかし、もともとダイエットのために作られたものではないので、ダイエット目的で服用した結果どうなるかは、科学的には証明されていません。

しかし、気持ちがふさぎがちでストレス解消のために食べすぎてしまうという方は、ストレスを和らげるための漢方薬を、また体内に水分が溜まりやすい方には、水はけを良くする漢方薬を使うことはあります。しかし、誰にでも効く痩せられる漢方薬というのはないので、それだけで痩せようという考え方はしないでください。

ダイエットは、ひたすら我慢すればよいというものではありません。1日1回は好きなものを食べたり、息抜きしたりすることも必要です。

意外かもしれませんが、週に1日くらい炭水化物を意図的にたくさん食べると、かえって痩せるということが分かっています。ただしダイエット中で低カロリーの食事が続いていると、脳が体を守るために代謝を下げます。そこであえてたくさん糖質を摂る日を設けると、脳が安心して代謝を上げていくのです。

これは、1日しっかり食べて、翌日からまたダイエットするという方法です。専門家の指導を受けて取り組んでみてください。

指導/西本隆(にしもと・たかし)
昭和56年神戸大学医学部卒業、同年神戸大学医学部第1内科入局。その後、市立加西病院、兵庫県立尼崎病院内科東洋医学科、兵庫県立柏原病院内科、兵庫県立東洋医学研究所、阪神漢方研究所付属クリニックなどを経て平成8年兵庫県西宮市にて西本クリニック開院。(http://www.nishimotoclinic.jp/

取材・文/わたなべあや
1964年10月生まれ、大阪府出身。大阪芸術大学文芸学科卒業。料理学校で講師をしていた母と医師の叔父に影響を受け、幼い頃より食べることと健康に高い関心を持つ。グルメ、医療関係を中心に執筆中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医…
  2. がん治療でも注目!免疫療法と腸内フローラとの意外な関係【名医に聞…
  3. 70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く…
  4. ウォーキングを快適・安全に楽しむためのコツ5つ
  5. 風邪を根本から早く治せる「漢方薬」の正しい飲み方【名医に聞く健康…
PAGE TOP