新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【夕刊サライ/山本昌】「再びユニフォームを着て日本一!」が僕のモチベーション(山本昌の健康・スポーツコラム 第5回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月曜日は「健康・スポーツ」をテーマに、野球解説者の山本昌さんが執筆します。

文/山本昌(野球解説者)

いよいよプロ野球シーズンが開幕しました。名古屋は桜も咲いて春を感じる季節がやってきましたね。前回は、シーズン開幕目前の選手がどういった心境でいるのか、そして今シーズン注目の選手やチームを少しですがご紹介しました。今回は、仕事・趣味など日頃の生活で僕が意識をしているセルフマネジメント、モチベーションアップの秘訣をお伝えできたらと思います。

■小さなこと、当たり前なことでも継続して続けることが大切

ここ最近「セルフマネジメント術」や「モチベーションアップ法」などの紹介やセミナーを、いろいろな場所で見聞きすることが多いですね。人それぞれ合う合わないはあると思いますが、僕は日頃の小さな積み重ね、そして何ごとも準備を怠らないことが結果として自分を高めていくことに繋がると思います。

具体的に、僕が日頃から何を心がけているかを少しご紹介したいと思います。

まず、仕事をするうえで一番気を付けていることは「言葉遣い」です。

言葉遣いは、学生時代からしっかり鍛えられてきましたが、プロ野球選手になってからもきちんと意識していました。プロの世界では、自分より年下のメンバーがポジション的に上に来ることもよくあることですから、そういった時もきちんと敬意を表す敬語を使っていました。

現在、テレビ・ラジオ解説などの際は「わかりやすい」「聞き取りやすい」「イメージがしやすい」と思っていただけるような言葉遣いを意識しています。特に、ラジオ解説をさせていただく時は映像がないため、試合をイメージしやすいように、感覚的な言葉はなるべく使わずに、起こっている事実を正確に伝えることに注力をしています。

ニッポン放送の「ショウアップナイター」で解説をしています。写真は2017年4月13日の番組放送直前のもの。

講演でお話しをする時は、言葉遣いのほかに「時間」も意識しています。それは講演の終了時間です。来場されている聴講者の中には次の予定がある人もいると思いますので、与えられた時間内できちんと話すことが大切です。そのために、話す内容の準備を欠かさずに行なっています。僕は、講演用にノートを付けているのですが、見開き2ページ分で90分くらいの講演内容が話せるようになっています。

もちろん、服装や髪型などの身だしなみは当たり前のことですが、こういった当たり前のことも継続して続けることが大切だと思います。僕が現役時代、キャンプ前のミーティングで星野監督が、

「日本人の髪は黒か白しかいないんじゃ!!」

とチーム全体を一喝されたことがありました。

茶髪や金髪が悪いわけではないのです。星野監督は第一印象が与える影響を考えて、そうチームに喝を入れたのではないかと思います。やはり、身なりや言葉遣いの乱れで、周囲からのマイナスな印象を持たれてしまったら、こんな損なことはありませんよね。

趣味のラジコンでも、コツコツと改良を積み重ねています。このラジコンの調整作業をしている間はものすごく集中できるんです(笑)。

■日々の積み重ねで結果は自らついてくる

モチベーションアップ、といっても何をどうしたらいいの?となりますよね。僕は意識をして気持ちを上げようとしたことはあまりないように思います。もともと、あまりマイナス的な感覚を持ち合わせていないのか、前向きであきらめない性格が幸いしているのかもしれません。

プロ野球界入り後も、ただただ「一生懸命にがんばろう」とそれだけを思っていました。プロで初勝利しシーズン5勝をあげた年、後輩である立浪選手と同等の年俸をもらえるようになりました。その時「プロ野球選手はがんばって結果を出せばこれだけ評価をされるんだ、やらなければ損だ」という、プロとして上を目指す感覚が芽生えました。

同時に、勝てない時も使い続けてくれる監督やチームに対して恥をかかせたくない、裏切れないという思いも生まれました。もちろん、良い時も悪い時も応援してくれるファンの皆さんの気持ちにこたえたい、悲しませたくないという思いも重なり、それらすべてがプロ野球人生32年を支えてくれました。

今思うと、こういったことすべてが僕自身のモチベーションアップに繋がっていたのだと思います。

何ごとも真摯に向き合い、小さなことをコツコツと積み上げていくことで、自ずと結果はついてきます。結果ばかり追いかけて「なんでダメなんだ」「どうしてなんだ」と悲観的になっていてはいつまでも物ごとは好転しません。

プロ野球選手を引退した今、僕には新しい目標があります。

「再びユニフォームを着て日本一を目指したい!」

この気持ちが今の僕の毎日を支えてくれるひとつのモチベーションとなっています。仕事も趣味も「一生懸命頑張る」ことで、いずれ結果がついてくると信じ、これからも僕はがんばりますよ!

昨年8月5日、名古屋で開催されたラジコンイベント「KYOSHOフェア2017 in MARUEI」にゲストとして招待いただきました。

文/山本昌(やまもと・まさ)
昭和40年、神奈川県生まれ。野球解説者。32年間、中日ドラゴンズの投手として活躍し、平成27年に引退。近著に『山本昌という生き方』(小学館刊)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するい…
  2. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立…
  3. 【夕刊サライ/進藤晶子】断捨離がつなぐご近所とのネットワーク(進…
  4. 【夕刊サライ/山本昌】気持ちを整えるルーティンで強い自分を作る(…
  5. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」料理家・コウケン…
PAGE TOP