新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

聴くだけで聴覚を鍛え耳の老化を予防する「耳トレ」とは?

文/鈴木拓也

人は年を重ねてゆくと、高音域の音が聞き取りにくくなる。これが、いわゆる耳の老化(老人性難聴)で、早い人だと50代には発症するという。たとえ本人は自覚しなくとも、「テレビの音をもっと下げて」、「声が大きい」と言われることが増えたら、聴覚が衰えている可能性がある。

聴覚は、いったん衰え始めるともう後戻りはきかないと考えている人は多いかもしれない。しかし、筋トレで筋力低下を抑えるのと同様、聴覚も鍛えて衰えを防ぐことができるとし、実際にそれを体験できるという本『1分で「聞こえ」が変わる耳トレ!』( 小松正史著、白澤卓二監修/ヤマハミュージックメディア)が刊行された。

同書付属のCDをガイダンスに沿って聴き取るだけで、耳の老化を抑えることができるという。CDの内容は、「耳のベーシックトレーニング」と「耳の応用トレーニング」に分かれ、それぞれ「音を分離しよう」、「音の大きさを感じよう」といったテーマ別に、音源が収録されている。

※出版社のサイトで音源が公開されているので、イヤホンやヘッドホンで聴いてみていただきたい。

例えばベーシックトレーニングの Track 2 は「音の数を感じる」と題され、水滴の落ちる音が約1分間にわたり収録されて、その「低い水滴」だけを数えるよう指示がある。できれば指を使わず、頭の中だけで音を意識しながら数えるようにする。数えるのが難しければ、それぞれの音が現れる瞬間を意識するだけでも十分だという。

そして続く Track 3 は「ふたつの音を聞き分ける」トレーニング。こちらは別々の音が同時に現れるので、目立つほうの音を感じ取ることに専念する。慣れてきたら、目立つ音と目立たない音を同時に意識する。最終的に、両方の音を分けて聞ければ、耳の感度は飛躍的に上がるという。

こうした「耳トレ」は、ふだん音というものを特別意識していない我々にとって、案外難しいかもしれない。しかし、それを難儀に思わなくなれば、聴覚が良くなっている証拠で、継続する励みになる。

著者によれば、耳を鍛えることは、単に老人性難聴を予防・改善するのとは別に、様々なメリットがあるという。それには、「脳の活性化」、「身体の活性化」、「コミュニケーション力の向上」など多岐にわたり、創作意欲すら向上させることができるという。

本書の巻末には体験者の声が記されているが、「今まで気づかなかった虫の音、せせらぎ、風の音、葉っぱの音の美しさに感動した。心が明るくなった」(Hさん、65歳)など、その効果は人生の質そのものをアップさせる力があるようだ。聴覚の衰えに心当たりのある方は、耳トレにチャレンジしてみてはいかがだろう。

【今日の健康に良い1冊】
1分で「聞こえ」が変わる耳トレ!
(小松正史著、白澤卓二監修、本体1,500円+税、ヤマハミュージックメディア)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  2. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
  3. あなたの「舌」は大丈夫?100歳まで生きるための舌トレーニング
  4. 「足が痺れて動けなくなってしまう…」要手術の症状がストレッチで改…
  5. X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 …
PAGE TOP