新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

サプリ摂りすぎは効果ナシ? 医師が奨める「アンチサプリメント」の思想

文/鈴木拓也

健康を気づかう人たちに大人気のサプリメント(サプリ)。内閣府消費者委員会が平成24年に実施した調査によれば、日本に居住する 20 歳~79 歳までの「健康食品」の利用者男女 10,000 人のなかで、サプリを毎日もしくは時々摂っている人の割合は6割にも及んだという。

「サプリをたくさん摂れば、それだけ健康になれる」と考えている人も多いが、むしろ逆効果になることもあると警告するのが、蒲田リハビリテーション病院の作田英成医師。著書の『「老い」を遅らせる食べ方』(幻冬舎)では1章を割いて、サプリの問題にメスを入れているが、これが非常に興味深い内容となっている。

『「老い」を遅らせる食べ方』(作田英成著、幻冬舎)

サプリメント(supplement)という単語は、もともと「何かを加えて完全にする」という意味がある。ビタミンCが不足すれば壊血病などの疾患リスクがあるが、食事だけでビタミンCを十分摂れない場合、ビタミンCのサプリで補うのは理にかなっている。

作田医師がとくに問題と指摘するのは「不足していないものを多量に内服して健康を増進」できるという考えだ。

例えば、体内の活性酸素は老化を早めることはよく知られている。そこで活性酸素を取り除く作用を持つビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンのサプリをたくさん摂れば、さぞかしアンチエイジング効果が高いだろおう……と思いきや、そうではないという。

「その考えはまちがっていました。臨床試験の結果によれば、抗酸化ビタミンのサプリは老化関連疾患を予防せず、むしろ死亡率を高めたのです。サプリ界の『スーパースター』とされていたビタミンEのサプリは、偽薬より死亡率を4%高めました。ベータカロチンのサプリは死亡率を7%高め、肺がんのリスクも高めました」(同書より)

抗酸化作用のあるサプリの摂り過ぎが問題なのは、体が必要とする活性酸素まで取り除いてしまうことにあるという(低濃度の活性酸素なら善玉として働く)。ほかの様々なサプリについても、たくさん摂ればいいという医学的研究結果は得られていないとか。

その一方で、抗酸化ビタミンを豊富に含む食事を摂ると、ほどよい効き目を発揮するように思われるのは、食事のほかの成分と相乗効果を発揮したり、過剰に活性酸素を除去しないからだと作田医師は考えている。

そこで作田医師が本書で推奨しているのが、「アンチサプリメント」。これは作田医師の造語で、サプリの有効成分が含まれている野菜、穀類、豆類を多めに食べるというもの。

特に食物繊維の多い食材や地中海食といった食様式がおすすめと言い、これならサプリにあまり頼らずとも有用な植物性化学物質を摂れるという。

特に注目すべき食材は、ブロッコリーや芽キャベツ、それに大豆だそうで、有効成分のスルフォラファンは、過剰な活性酸素を取り除くのに役立ち、スペルミジンは、老化を抑える働きがあるという。そして、これらの物質は、アルツハイマー病の予防にも有望だとしている。

「アンチサプリメント」の食材は、どれもスーパーで買えるものばかり。もし、健康不安からサプリを余計に摂り過ぎていると感じたら、サプリは減らしてこうした食材を意識して食べるよう切り替えてみてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
『「老い」を遅らせる食べ方』
(作田英成著、本体800円+税、幻冬舎)
https://www.gentosha-book.com/products/9784344914315/

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 …
  2. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
  3. 脳梗塞や心筋梗塞、高血圧予防にも!オリーブオイルを賢く使って健康…
  4. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  5. 50代ヘルニア患者の腰痛の原因は「体幹インナーマッスル」の衰えだ…
PAGE TOP