新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

昔と今の漢方医の違い(1)【漢方で始める「大人の養生法」】

6月に入り、梅雨入りした地域も出てきましたね。
今はちょうど、二十四節気でいう「芒種」を過ぎたタイミング、芒のある穀物や稲など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われています。
梅の実が青から黄色に変わり、かまきりや蛍が現れ始めるころでもあります。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回の記事では今までの記事で触れてこなかった昔と現代の漢方医についてお話したいと思います。
第一回目は、昔の漢方医に関する落語の話から、漢方医学や漢方薬のお話をご紹介します。

江戸時代より以前の日本では、伝統医療として発達した漢方医学が主流であり、古典落語に登場する医師は基本的に漢方医です。
落語に詳しい読者の方はご存知かもしれませんが、「泳ぎの医者」という古典落語の演目があります。藪医者を徹底的にこき下ろした話で、その「まくら」として有名な藪医者小話というものがあり、葛根湯医者という人物が出てきます。

来る人来る人に漢方薬の一種である葛根湯を薦める医者がいた。
「頭が痛い? 頭痛ですね、葛根湯をおあがり。次は風邪? 葛根湯をおあがり。今度は筋肉痛?葛根湯をおあがり。次は……」

「先生、私は単なる付き添いですが」
「付き添い? 退屈でしょう、葛根湯をおあがり」

この小話は、一見何の症状に対しても同じ漢方薬を処方する医者がいて、実際こんなお医者にかかるとたまったもんじゃないという笑いを誘うものです。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  2. 漢方薬の処方とあわせて「社会的処方」が必要となる理由【名医に聞く…
  3. 不眠治療に漢方薬が効果あり!でも根本解決には習慣の養生を【名医に…
  4. 実は水戸黄門の印籠はポータブル薬箱!漢方に関する10の驚きの事実…
  5. 長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条
PAGE TOP