新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

毛細血管の知られざるスゴい力とは

文/中田綾美

私たちの全身には、地球2周半分の長さの毛細血管が張り巡らされている。……そう聞いても、毛細血管のありがたみを実感できる人はごく稀だと思われます。

動脈や静脈にくらべると存在感の薄い毛細血管。しかし、実は人間の血管全長の95%も占めており、縁の下の力持ちとして、私たちの健康を支えてくれているのです。

今回は、熊本市民病院首席診療部長の橋本洋一郎氏の著書『毛細血管で細胞力は上がる』(小学館)を参考に、知られざる毛細血管の役割と、その不調によって起こる諸症状についてお伝えしていきます。

■まずはあなたの“毛細血管の元気度”をチェック

以下に挙げるさまざまな体の不調や変化のうち、あなたに当てはまるものはいくつあるでしょうか?

□顔色が悪い
□シミ、シワ、毛穴の開き、たるみ、くすみなどが目立つ
□髪が細くなった、薄くなった、白髪が増えた
□顔や脚などに細い血管が浮き出ているところがある
□傷や腫れが治りにくくなった
□疲れやすく、疲れが抜けない
□胃もたれ、胸ヤケ、胃腸の調子が悪い
□便秘、下痢、またはその両方を繰り返す
□便やおならが臭い
□風邪を引きやすい
□花粉症、アレルギー体質
□不安、イライラなどストレスが多い
□寝つき・寝起きが悪く、眠気が抜けない
□血圧が高め、または高血圧
□冷え性
□汗っかき
□頭痛、首・肩のコリが気になる
□物忘れが多く、集中力が低下した
□目が乾く
□口が渇く
□鼻血が出る
□口臭が気になる
□脈が乱れる
□めまいや立ちくらみがある

実は、これらの24の諸症状はすべて毛細血管がかかわっているのです。上記チェックリストで当てはまる項目が多ければ多いほど、あなたの毛細血管は元気ではない状態だと考えられます。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  2. 50代ヘルニア患者の腰痛の原因は「体幹インナーマッスル」の衰えだ…
  3. 軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く…
  4. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  5. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
PAGE TOP