新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

毛細血管の知られざるスゴい力とは

文/中田綾美

私たちの全身には、地球2周半分の長さの毛細血管が張り巡らされている。……そう聞いても、毛細血管のありがたみを実感できる人はごく稀だと思われます。

動脈や静脈にくらべると存在感の薄い毛細血管。しかし、実は人間の血管全長の95%も占めており、縁の下の力持ちとして、私たちの健康を支えてくれているのです。

今回は、熊本市民病院首席診療部長の橋本洋一郎氏の著書『毛細血管で細胞力は上がる』(小学館)を参考に、知られざる毛細血管の役割と、その不調によって起こる諸症状についてお伝えしていきます。

■まずはあなたの“毛細血管の元気度”をチェック

以下に挙げるさまざまな体の不調や変化のうち、あなたに当てはまるものはいくつあるでしょうか?

□顔色が悪い
□シミ、シワ、毛穴の開き、たるみ、くすみなどが目立つ
□髪が細くなった、薄くなった、白髪が増えた
□顔や脚などに細い血管が浮き出ているところがある
□傷や腫れが治りにくくなった
□疲れやすく、疲れが抜けない
□胃もたれ、胸ヤケ、胃腸の調子が悪い
□便秘、下痢、またはその両方を繰り返す
□便やおならが臭い
□風邪を引きやすい
□花粉症、アレルギー体質
□不安、イライラなどストレスが多い
□寝つき・寝起きが悪く、眠気が抜けない
□血圧が高め、または高血圧
□冷え性
□汗っかき
□頭痛、首・肩のコリが気になる
□物忘れが多く、集中力が低下した
□目が乾く
□口が渇く
□鼻血が出る
□口臭が気になる
□脈が乱れる
□めまいや立ちくらみがある

実は、これらの24の諸症状はすべて毛細血管がかかわっているのです。上記チェックリストで当てはまる項目が多ければ多いほど、あなたの毛細血管は元気ではない状態だと考えられます。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント
  2. ストレスで「感情の便秘」に陥りがちな人の5大特徴【名医に聞く健康…
  3. 怒りは万病の元!怒りをコントロールして長生きする処方箋4つ
  4. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ
  5. 抗がん剤研究の権威がすすめる「最強の野菜スープ」の作り方
PAGE TOP