新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

鶴屋の丸房露|大隈重信も激賞した銘菓【老舗銘菓ものがたり】

文/鈴木拓也

多くの人が、子供の頃に食べた記憶をもつ「玉子ぼうろ(玉子ボーロ)」。「ぼうろ」と聞いて、まっさきに思い浮かべるのが、この小さくて丸い焼き菓子かもしれない。

「ぼうろ」というのは、もとはポルトガル語の「bolo」からきており、本来の意味は「菓子」を意味する総称的な単語である。それが南蛮船を通じて日本に伝来すると、小麦粉、砂糖、卵などを使った簡素な焼き菓子を指すものに変わった。

江戸時代に入ると、ぼうろは全盛期を迎える。特に、ぼうろの小さな一玉を取り囲むように6個のぼうろがつながった「花ぼうろ」が親しまれたが、次第に廃れてゆく。現在に残るぼうろは、先に挙げた駄菓子の玉子ぼうろ、そば粉を用いた京都のそばぼうろ、そして佐賀県の郷土菓子の丸ぼうろである。

この丸ぼうろこと『丸房露』を生み出し今に伝えるのが、今回紹介する鶴屋である。

*  *  *

鶴屋の創業は1639年。佐賀藩の藩主鍋島勝茂のもと、御用菓子司として重用された。ただし創業当初から『丸房露』を手掛けていたわけではない。佐賀藩は、もともと外国とのつながりは深くはなかったが、幕府より長崎警備を命じられていた関係で、出島のオランダ商館との結びつきが生まれた。そのコネクションを生かして、鶴屋二代目の太兵衛が、この南蛮菓子の製法を出島のオランダ人から教わり、『丸房露』が誕生する。

鶴屋の『丸房露』は、小麦粉、卵、甘味料、ハチミツ、重曹のみのシンプルな素材を用いながら、絶妙にほどよい硬さと甘みがお菓子好きの心をとらえ、300年以上のロングセラーとなっている。もっとも、最初から今のような完成形であったわけでなく、代々にわたり工夫と改良を重ねての賜物だという。

『丸房露』にまつわるエピソードとして印象的なものに、佐賀出身で内閣総理大臣を2度務めた大隈重信候が、鶴屋に立ち寄った話がある。

茶菓として出された『丸房露』を食べた大隈侯は、「ほかに比類少なき風味」と感嘆し、東京に戻ってからもその味をなつかしんだという。結局、あまりの食べたさに東京の自邸に第11代当主の善吉と職人を呼び寄せ、邸内に竈を築いて『丸房露』を作らせたという、嘘のような本当の話が伝わっている。

ほどよい硬さと甘みが絶妙な、鶴屋の『丸房露』

さて、鶴屋には、18世紀半ばにその時の当主が編纂した『菓子仕方控覚』という、いわば菓子のレシピ集が残っている。その中には、「けし跡(けしあど)」という菓子の名が見える。これは、ポルトガルの「ケイジャータ」というチーズ菓子のことで、入手困難だったチーズの代わりにカボチャのあんを使用し、鍋島公に献上したことが記されている。

第14代現当主の堤光昌社長は、『菓子仕方控覚』に記された製法に従いつつ、今では容易に入手できるチーズやシナモンを加えて「けし跡」の復刻を試みた。試行錯誤を重ね、現代風にアレンジも加えて完成したのが『肥前ケシアド』だ。


カボチャあんとチーズという意外な組み合わせで成功した『肥前ケシアド』

『肥前ケシアド』は、江戸時代にはあくまでチーズの代用であった、カボチャあんを取り去るのではなく、チーズとミックスさせることで、新たな風味を生み出した。ある意味、260年前と現代の鶴屋菓子職人の、時空を超えたコラボレーションによってできた、古くて新しい菓子といえるもので、多くの人を虜にしている。

『鶴屋菓子舗』佐賀本店

 

今日の老舗 『鶴屋』
住所(佐賀本店) 佐賀県佐賀市西魚町1番地
電話 0952-22-2314
公式サイト http://www.marubouro.co.jp/

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

取材協力/鶴屋菓子舗

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓…
  2. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】
  3. 來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わら…
  4. 藤屋内匠の「湖水月」|琵琶湖の満月を表した銘菓(大津)【老舗銘菓…
  5. 備後福山『虎屋本舗』の名物「虎焼」【老舗銘菓ものがたり】
PAGE TOP