お尻から足にかけての痛みやしびれ(坐骨神経痛)の意外な原因が、昔痛めた足首の捻挫というケースがままあります。数十年前の古傷が影響するケースも。

筆者の腰痛トレーニング研究所には、お尻から足にかけての痛みやしびれ、いわゆる坐骨神経痛がなかなか治らないという患者さんがたくさん訪れてきますが、その原因が意外なところにあるケースがあります。

それは『過去の足首の捻挫』です。

数年から数十年前にケガをした場合がほとんどで、大抵は自分でも忘れていて、いつ頃傷めたのか、右だったか左だったかも定かではなくなっています。

色々、話をうかがう中で、『そういえば捻挫したことがあった』と思い出します。

なぜそのような昔のケガが足の痛みやしびれにつながるのでしょうか?また治す方法はあるのでしょうか?

詳しく解説していきたいと思います。

『足関節捻挫』とは

日本整形外科学会のHP( https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/sprain_of_ankle.html )によると、次のように説明されています。

足関節(足首)捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻って生じます。(筆者注:内反捻挫)
足関節外側の靭帯(前距腓靱帯)が損傷します。外くるぶし(外果)の前や下に痛みがあり、腫れます。また、外くるぶしの前や下を押さえると、痛みます。

捻挫の治療としては『RICE処置(ライス処置)』といって、包帯やテーピングで圧迫固定したり湿布で冷やしたりといった処置をします。

靭帯損傷がひどい場合にはギプスで固定したり、手術をおこなったりすることもあります。

ほとんどの場合は軽い処置でも自然に治っていきますので、ケガした本人もあまり通院もせずに日常生活に戻り、またスポーツを再開したりするわけです。

これが後々様々な問題を起こすことがあるのです。

捻挫の後遺症

捻挫をすると、多かれ少なかれ足首周囲の靭帯や筋肉を損傷しますので、自覚がなくても関節の不安定性や筋力低下がおこっています。

日常生活やある程度の運動はできるので気づかないのですが、年をとって脚の筋力が低下してきたり身体が固くなってきたりすると、これが様々な不調をおこすことがあり、坐骨神経痛の原因になることがあるのです。

多く見られるパターンが

1)足関節の弱さから股関節や腰に負担をかける
2)足関節の骨の歪みから脛や大腿、殿部の筋肉を緊張させる

この2つです。そして坐骨神経痛の場合、この2つが同時におこっていることがほとんどです。

1)足関節の弱さが股関節や腰に負担をかける

足関節(足首)は人間の身体の土台となる部分です。一番下で身体を支える役割があります。

家の土台が弱かったらどうなるでしょう?

ちょっとした風や地震でもグラグラとしてしまい、そのうち柱や壁や屋根は崩れてしまうかもしれません。

人間の身体でも同じです。

足首が弱いと身体全体が不安定になってしまうのですが、それをカバーしようと他の関節が頑張ることになります。

その負担がとくにかかるのが股関節や腰なのです。

そうすると股関節や腰周囲の筋肉に疲労が蓄積し、緊張や血行不良をおこします。

筋肉の緊張や血行不良が長く続くと『トリガーポイント』が生じ、痛みやしびれをおこしてしまうのです。

たとえば、股関節周囲の筋肉にトリガーポイントが生じた場合の痛みパターンは次のようなものです。

【中殿筋のトリガーポイントパターン】

【小殿筋のトリガーポイントパターン】

×印がトリガーポイントで、そこから赤い範囲に痛みやしびれがおこります。

まさに坐骨神経痛の痛みのパターンと一致しますが、背骨や神経の問題ではなく、筋肉からこのような痛みやしびれが起こるのです。

トリガーポイントについては本連載ではおなじみですが、詳しく知りたい方は次のページをご覧ください。

腰痛・坐骨神経痛のトリガーポイント治療(https://www.re-studio.jp/backpain/pg122.html

2)足関節の骨の歪みから脛や大腿、殿部の筋肉を緊張させる

捻挫をすると、骨をつなぎ支えている靭帯が弱くなってしまい、一部の骨が歪んでしまうことがあります。

歪みやすいのが立法骨(りっぽうこつ)という足の骨です。

足の小指側で、外くるぶしの前下方にあるブロック状の骨です。

捻挫をすると、この骨が下図のように下にねじれるように歪んでしまうことがあります。

この立方骨の周囲には、すねの外側の【腓骨筋(ひこつきん)】というスジ状の筋肉が付着しています。

そのため、立方骨が歪むことにより【腓骨筋】が下方にひっぱられます。

常にひっぱられることによって【腓骨筋】が緊張をおこすとトリガーポイントが生じ、すねの外側や足首周囲に痛みを起こします。

【腓骨筋のトリガーポイントパターン】

さらに【腓骨筋】は上方の【ハムストリング】【外側広筋(大腿四頭筋)】【中殿筋・小殿筋】などと連結しているため、これらの筋肉にも緊張をおこし、トリガーポイントを生じさせてしまいます。

【ハムストリングのトリガーポイントパターン】

【大腿四頭筋(外側広筋)のトリガーポイントパターン】

このような痛みやしびれがあると病院では坐骨神経痛と診断されてしまいますが、神経ではなく筋肉自体からおこる痛みやしびれであり、その原因が過去の捻挫である可能性もあるのです。

足首を強くすると痛みが良くなる

このように過去の捻挫による足関節(足首)の弱さが痛みやしびれの原因であるならば、足首を強くすることで改善することができます。

足首を強化する簡単な方法としては、踵上げのエクササイズがおすすめです。

自宅で出来る!腰痛トレーニングDVDより

このエクササイズ、1セット10~20回を1日数回、時間をあけて、たとえば朝昼晩のようにやると良いでしょう。

※このエクササイズをおこなうと痛い、おこなうと痛みが悪化する、などの場合はすみやかに中止してください。

歪んだ足の骨を矯正する方法

足の骨の歪み=立方骨の歪みが原因の場合、矯正をおこなうと筋肉の緊張が解消されて痛みが改善することがあります。

筆者が良くおすすめする方法は『麺棒を踏む』ことです。

100円ショップなどで、上の画像のようなお菓子作り用の麺棒が売っていますが、これを立方骨の下に当てて踏むと、下方に歪んでしまった立方骨が押し上げられ矯正されます。

当てるポイントが重要なので、下の画像を参考に踏んでみましょう。

足の裏で踵の骨のすぐ前のあたりです。

おそらくはじめはかなりの痛みがあると思いますので、そっと優しく体重をかけるようにしましょう。

立ったままで体重をかけると痛すぎる場合は、イスに腰掛けて脚の重みくらいからはじめてみてください。

※強くやりすぎたり長い時間当てたりすると痛みが残ったり、かえって痛みが増したりする場合があります。そのような場合は中止してください。

以下の記事でも腰痛改善法をご紹介していますので、ぜひお読みください。

腰痛・坐骨神経痛に効くストレッチ 「内腿のつけ根」をゆるめて痛みを改善!【川口陽海の腰痛改善教室 第53回】

坐骨神経痛を改善!足首をほぐすと痛みがやわらぐ簡単マッサージとストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第51回】

ヘルニア・坐骨神経痛 腿の裏側の痛みを改善するストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第50回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

慢性腰痛を改善!誰でも簡単にできて効果的な6つのストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第21回】

拙著「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」が、全国書店にて発売となっています。

お読みいただけると幸いです。

文・指導/川口陽海 厚生労働大臣認定鍼灸師。腰痛トレーニング研究所代表。治療家として20年以上活動、のべ1万人以上を治療。自身が椎間板へルニアと診断され18年以上腰痛坐骨神経痛に苦しんだが、様々な治療、トレーニング、心理療法などを研究し、独自の治療メソッドを確立し完治する。現在新宿区四谷にて腰痛・坐骨神経痛を専門に治療にあたっている。著書に「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(発行:アスコム)」がある。
【腰痛トレーニング研究所/さくら治療院】
東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301
TEL:03-6457-8616 http://www.re-studio.jp/index.html

腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(健康プレミアムシリーズ)川口陽海(著/文) 永澤守(監修) 発行:アスコム
腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい
(健康プレミアムシリーズ)
川口陽海(著/文) 永澤守(監修) 
発行:アスコム

Amazonで商品詳細を見る

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
5月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品