サライ.jp

そよいちのビーフカツレツ。

そよいちのビーフカツレツ。

日本橋人形町の交差点近くに、洋食『キラク』があります。いまから30年ほど前、拙著『東京・味のグランプリ1986』でこの店を「ビーフかつれつが出色の出来である」と紹介しました。

その後、ふらりと店を訪れると、年配のご主人に、こういわれました。「うちはビーフかつじゃなくて、ポークソテーが売りもんなんです」と。私は謝りながらも、ビーフかつの美味しさを力説しました。

そうして、またしばらくして出かけると、店の前に行列ができていました。カウンター席に着くなり、目の前のご主人に「いやあ、ビーフかつばかりでます。でも、揚げる時間が短くて済むものだから、混んでいても助かります」と、一転して感謝されました。

「ビーフかつ」が『キラク』の代名詞になった瞬間でした。

そよいちのポークソテー。

そよいちのポークソテー。

その流れをくむのが、同じ人形町の『そよいち』です。8年前に店を開き、メニューは『キラク』と変わらず、ビーフかつれつもポークソテーもあります。

どの皿にもマカロニサラダが添えられていて、どれもが先代の味をそのまま継承していることは嬉しい限りです。

そよいち;外観
【そよいち】
住所/東京都中央区日本橋人形町1-9-6
TEL/03-3666-9993
営業時間/11:00-14:30、17:30-20:00
定休日/毎週日、月曜日
http://sotokichi.web.fc2.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り
出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」
名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー
山本益博の「私のお気に入り」の記事一覧

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア