新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

名店の味を継承!日本橋人形町『そよいち』のビーフかつれつ【山本益博の「私のお気に入り」130】

そよいちのビーフカツレツ。

そよいちのビーフカツレツ。

日本橋人形町の交差点近くに、洋食『キラク』があります。いまから30年ほど前、拙著『東京・味のグランプリ1986』でこの店を「ビーフかつれつが出色の出来である」と紹介しました。

その後、ふらりと店を訪れると、年配のご主人に、こういわれました。「うちはビーフかつじゃなくて、ポークソテーが売りもんなんです」と。私は謝りながらも、ビーフかつの美味しさを力説しました。

そうして、またしばらくして出かけると、店の前に行列ができていました。カウンター席に着くなり、目の前のご主人に「いやあ、ビーフかつばかりでます。でも、揚げる時間が短くて済むものだから、混んでいても助かります」と、一転して感謝されました。

「ビーフかつ」が『キラク』の代名詞になった瞬間でした。

そよいちのポークソテー。

そよいちのポークソテー。

その流れをくむのが、同じ人形町の『そよいち』です。8年前に店を開き、メニューは『キラク』と変わらず、ビーフかつれつもポークソテーもあります。

どの皿にもマカロニサラダが添えられていて、どれもが先代の味をそのまま継承していることは嬉しい限りです。

そよいち;外観
【そよいち】
住所/東京都中央区日本橋人形町1-9-6
TEL/03-3666-9993
営業時間/11:00-14:30、17:30-20:00
定休日/毎週日、月曜日
http://sotokichi.web.fc2.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
甘く溶ける旬のあじ!四谷「後楽寿司やす秀(みつ)」のあじの握り
出汁の真髄に出会う!富山『御料理ふじ居』の「白えびのしんじょ椀」
名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー
山本益博の「私のお気に入り」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  2. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
  3. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  4. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
  5. じっくり焼き上げた鮎がビールに合う!元麻布『かんだ』の「鮎の塩焼…
PAGE TOP