サライ.jp

【ひと皿の歳時記~第81回】

四谷「北島亭」の「ソーモン・ア・ロゼイユ」

01_北島亭1

いまから40年以上前に、フランスのジャン・トロワグロが創作した「ソーモン・
ア・ロゼイユ」。

鮮度が高いゆえに、鮭の火の通しを軽くし、酸葉(オゼイユ)の酸味を活かしたペルノー酒風味のソースで食べさせる。1970年代にフランス中で吹き荒れた「ヌーヴェル・キュイジーヌ・フランセーズ」(新しいフランス料理)のきっかけになったひと皿とも入れる魚料理です。

いまや、泡のソースが全盛で、40年前の料理は古典料理になってしまいましたが、このひと皿は決して色褪せず、クラシックはいつも新しい魅力に満ちていることを教えてくれます。

また、クラシックは「古典」ではなく「最高」という本来の意味を教えてくれる逸品でもあります。

店舗情報

店名 北島亭
住所 東京都新宿区三栄町7 JHCビル1F
TEL 03-3355-6667
営業時間 11:30~14:30(L.O.13:30)、18:00~22:00(L.O.19:30)
定休日 水曜日、第1・第3火曜日

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア