新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜

【私のお気に入り~第92回】
銀座『すきやばし次郎』の小野二郎さん

次郎90-1
右が小野二郎さん、左は長男の禎一さん。

すし職人の小野二郎さん、1925年10月27日生まれですから、本日90歳を迎えられました。しかも、いまだ現役で、毎日、昼夜、店を訪れるすべてのお客様にすしを握っています。

白衣姿の二郎さんは職人の鏡であるばかりでなく、何とも言えない色気とオーラを放っています。清潔感に溢れ、昨日より今日、今日より明日と精進を惜しまず、「にぎり」でできることはまだないだろうかと思案を巡らす、職人仕事の完璧主義者です。

そんな二郎さんの言葉で忘れられないものが数多くありますが、「教わったことをやっているだけでは、見習いと同じ」という名文句があります。

今から35年前、『すきやばし次郎』のカウンターですしを食べて以来、小野二郎さんこそ「日本一のすし職人」と信じて疑いませんでした。今や「世界の次郎」です。2020年のオリンピックまですしを握り続けたいそうです。

次郎90-2

 

■すきやばし次郎
URL:http://www.sushi-jiro.jp/

 

 

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP