新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜

【ひと皿の歳時記~第104回】

福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜

Hagi2
オーナーシェフの萩 春朋さん。

Hagi1
萩シェフが料理に使う地元産の野菜。

福島県いわき市は地方都市ですが、市の中心部からタクシーで10分も走ると、里山の美しい景色が広がります。そこにフランス料理店『Hagi』があります。「鄙にも稀な」と書いては失礼かもしれませんが、「こんな自然豊かなところにレストランが?」と不思議に思える場所で、オーナーシェフの萩 春朋さんが1日1組の予約をとって店を開いています。

Hagi4

「震災後、採算をとることを考えず、美味しいものを作ることだけ考えて料理していたら、遠方からもお客様がきてくださるようになりました」と萩シェフは語ります。

萩シェフは地元の食材に改めて目を向けたところ、優れた生産者がいることを知り、野菜、魚、豚、牛などの素晴らしさを再認識したそうです。

「自分(のわがまま)を消したら、素材が活きてきました」(萩シェフ)

毎日、畑へ出て、数時間前に収穫した野菜などを店へ持ち帰り、調理する。その限度がせいぜい6人分、だから、1日1組のお客様しか迎えられないのだそうです。食材はすべて検査済みのもので、安全、安心をベースに見事なフランス料理を作っています。「地産地消」というより、食材の命を活かした“地産地活”と呼びたいですね。

Hagi5

Hagi6

Hagi7

 

店舗情報

店名 Hagiフランス料理店
住所 福島県いわき市内郷御台境鬼越171-10
TEL 0246-26-5174(1日1組 完全予約制)
営業時間 12:00~(L.O.13:00) 18:00~(L.O.20:00)
定休日 無休
URL http://www.hagi-france.com/

 

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP