新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:2日目《苫小牧から札幌へ》

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・枕崎駅から北海道・稚内駅まで、普通列車を乗り継いで行く日本縦断の大旅行を完遂した59歳の鉄道写真家・川井聡さんが、また新たな鉄道旅に出た。今回の舞台は北海道。広大な北の大地を走るJR北海道の在来線全線を、普通列車を乗り継ぎ、10日間かけて完全乗車するのだ。

文・写真/川井聡

前回【1日目《函館から苫小牧へ》】の乗車区間。1日目の旅の様子はこちらです。

【2日目】

>>前回【1日目】から続く

JR北海道全線踏破の旅、2日目は道南ほぼ一周である。新たな乗車区間は苫小牧~札幌~長万部。一筆書き乗車ができないので、長万部から札幌までは2回の乗車となる。コースは単純だ。苫小牧、札幌、小樽、長万部、室蘭をつなぐ大きな輪っかを書くだけの「道南ぐるり旅」である。

苫小牧駅に隣接するホテルから、駅に向かう。今日の天候は雨模様。苫小牧は駅ビル付きの橋上駅だがほとんどが休業中。駅前の商業施設ビルも同様で、少々寂しい出発となった。

改札口へのアプローチにあったJRの旅行代理店窓口も閉店となっていた。ここから夜行寝台に乗った人も多かった。寝台列車が姿を消した現在では、必要性が下がってしまったのかもしれない。

それでもホームに入れば、やはり賑わいがある。今日の始発は苫小牧駅8時12分発の「ほしみ」行き。車両は最近の札幌圏の主力となりつつある731系だ。

ロングシートに腰を落ち着けて発車。車窓はしばらくは同じスタイルの建物が並ぶが、あるところで急に原野に変化する。いつ見ても少し不思議な感動をするとても好きな区間だ。高速道路の下をくぐる一瞬だけ目をつぶると、まったく違うところに瞬間移動したような気持になる。

沼ノ端駅、植苗駅と、勇払原野が車窓に広がる。

2016年に信号所に格下げとなった旧美々駅。周辺に住居は少なく、一日の平均利用者は一人であった。ただ千歳空港に発着する飛行機を間近に撮影できるポイントが近いため、航空ファンに人気の駅でもあった。

南千歳で下車し、乗り換えて新千歳空港駅に向かう。新千歳空港駅までの路線は、千歳線の支線として1992(平成4)年に開業した路線だ。ひと駅だけのいわゆる「盲腸線」ではあるが、空港と札幌市内を直接つなぐ路線としてニーズは高い。

札幌からやってきた8時39分発の電車に乗り換える。向かいのホームに入ってきた電車は快速エアポート80号。快速とはいえ目的地の新千歳空港駅はすぐ隣。乗車距離はわずか2,6km。今回の最短乗車区間である。朝の飛行機に向かう人たちを満載して発車。南千歳駅を出ると電車はすぐに飛行場の地下を走るトンネルに入る。

折り返しは9時00分の小樽行き。ここまで乗車してきたエアポート80号の車両が、折り返しでエアポート91号となって小樽に向かう。混雑する札幌で降りなくて済むのはありがたい。

エアポートは快速列車なので、乗車するだけなら特別料金は不要。でも4号車には転換式クロスシートが備えつけられた「Uシート」が連結されている。ここは全席指定で間違いなく座れる優れものだ。今回のコースの中で数少ない「豪華シート」である。

ビジネス客が少ない日曜日ということもあり、指定券は発車ギリギリでも取ることができた。でも空港から札幌に向かう人の数はそれなりにいるから、普通席の方は満席だ。この先の長丁場を考えると、指定席ですわって行けるのはとても助かる。これだけニーズがあるのだからもう少し編成を長くしてほしいところ。しかし新千歳空港駅のホームは地下にあるだけに拡張工事がしにくいのかもしれない。

そう思っていたら、後日見た新聞記事に、札幌駅方面からよりダイレクトに千歳空港につなげる計画がある、と発表されていた。東京方面からのアクセスでは北海道新幹線のライバルとなる路線だが、道内エリアで考えればかなり便利な改良となるかもしれない。

快速エアポート91号は文字通りの快い速度で、札幌駅を目指す。札幌までは快速エアポートとして運転されるが、札幌~小樽は普通列車として運行される。そのためUシートも特別料金不要の自由席になる。勝手知ったるお客さんには人気の車両らしくたくさんの乗客が入ってきた。このタイミングでトイレに立つと座席が埋まってしまうことにも。

そして小樽駅に到着した。

ページ:

1

2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  2. 8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 7日目《美深から名寄へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  4. 7日目《美深から名寄へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  5. 新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【…
PAGE TOP