新着記事

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最先端の作り手

取材・文/鳥海美奈子

フランスの有機農業振興団体アジャンス・ビオによれば、2015年のフランスのビオ栽培されたぶどう畑の割合は8.7%。しかし、シャンパーニュ地方では全国平均よりかなり低い1.9%に留まっています。ビオ栽培へと転換すると、化学合成農薬や化学肥料が使えないのでぶどうの収穫量が約3割は減ると、一般的にいわれています。シャンパーニュの多くのメゾンは収穫量が減ること、つまりは収入が減ることを望みません。そういう大手メゾンにぶどうを売っている小規模農家も、収穫量が自らの売上に直結するために、現状を維持しようという意識のほうが強いのです。

そのようなシャンパーニュ界にあっても、意識の高い生産者たちにより、少しずつビオ栽培は広がりつつあります。なかでもビオディナミは、オーストリアの思想家・シュタイナーにより構築されたビオの農業論のひとつ。そのビオディナミを取り入れる生産者も、わずかですが登場し始めています。

その最先端にいるのが、シャンパーニュ・オーギュスタンです。

ピノ・ノワールの栽培で有名なモンターニュ・ド・ランス地区のアヴネ=ヴァル=ドール村、シャルドネの名産地であるコート・デ・ブランのヴェルチュ村に畑を持つ。

ビオディナミとは、月や星などの天体の運行に基づいてぶどうを育て、ぶどうの樹や土壌のエネルギーを高める有機栽培法です。太陰暦に基づいた、日本の伝統的な農業とも共通点があります。

現在のシャンパーニュ・オーギュスタンの当主マルクの両親の時代から、畑には化学合成農薬や化学肥料は使用されていませんでした。そのマルクがビオディナミへと舵を切ったのは2013年のことです。

ビオディナミにより丁寧に手を施されたぶどう畑。畑全体も生き生きとエネルギーに満ちている。

「ビオディナミ農法は単なる栽培法ではなく、すべての生きものを尊重する哲学の表れでもあります。生物多様性を重視して、農場そのものをひとつの生命体と考えるのです。なにより大切なのは植物の声に、そして彼らを養う大地の声に耳を傾けることです」

ドメーヌの横には仏陀の像も置かれている。シャンパーニュ造りをするうえで、東洋的な思想にも影響を受けていることがわかる。

カーヴ内。近年、見直されてきている素焼きの壺を醸造に用いる。黄金比などを鑑みた形をしている。

シャンパーニュ・オーギュスタンのもうひとつの大きな特徴は、ビオディナミを採用しながらも、そこに独自の解釈を加えて、より発展した、オリジナルの手法を行っている点です。ビオディナミ農法が誕生したのは20世紀前半のこと。それをより現代的に解釈していくのは、今後のワイン造りのひとつの流れとなり得るかもしれません。

例えばシャンパーニュ・オーギュスタンでは、ぶどうを顕微鏡により細胞レベルで分析。タンパク質を構成するアミノ酸の配列を解析したのち、それを周波数に置き換えて音楽をつくり、ぶどう畑に流しています。またリフレクソロジーやホメオパシー、さらにはクリスタルをぶどう栽培や醸造に用いたりと、科学や代替療法など、さまざまな要素を融合させているのです。

彼らのシャンパーニュの銘柄名にも、そういった思想性が反映されています。

「私たちの暮らす世界が土火水風(空気)、という4つの要素で構成されているように、シャンパーニュ オーギュスタンにも4種類のキュヴェ(銘柄)があります」

そのひとつが「キュヴェCCXCI(291)ラ・テール」。ラ・テールとは、フランス語で土を意味します。「このキュヴェは、母なるものを象徴しています。しっかりとした土台を感じさせる、安定感のある味わいです」。ピノ・ノワールの若木から採れたぶどうを使用しています。

そして「キュヴェCCXIV(214)レール」。空気を意味するレールは「穏やかで軽やか、生命の源となるものを象徴する」。その名のとおり軽やかで、味わいや香りが口中の上へ、上へと抜けていくような印象です。この繊細さは白系ぶどう品種のシャルドネと、赤系ぶどう品種のピノ・ノワールをブレンドしたことにより生まれるものです。

さらに火を意味する「キュヴェCCCI(301)ル・フュ」は「熱く、輝きがあり、広がりを持つ」。古木から採れたピノ・ノワールを使うので大変にパワフルな味わいです。現在、まだ「水」のキュヴェはありませんが、近い将来に発売されるといいます。その代わりに現在あるもうひとつの銘柄は、酸化防止剤SO2 を入れない「キュヴェCXVI(116) サン・スフル」。ぶどう本来の良さが生きた、とても滋味深い味わいです。

右から。「キュヴェCCXCI ラ・テール ブリュット・プルミエ・クリュ」1万2000円。「キュヴェCCXIV レール エクストラ・ブリュット・プルミエ・クリュ」1万7000円、「キュヴェCCCIル・フュ エクストラ・ブリュット・プルミエ・クリュ」1万5000円「キュヴェCXVI サン・スフル ブラン・ドノワール・ブリュット・ナチュール・プルミエ・クリュ」2万8000円。希望小売価格・税抜。

ぶどう本来の生命力を生かしたオーギュスタンのシャンパーニュはいずれもエネルギー感に満ちています。それを味わえば必ずや、シャンパーニュの最先端の世界観を感じ取ることができるでしょう。

息子とともに来日したマルク。息子は現在は他の生産者のところで修業中。それが終わるとともに働き始める予定だ。

輸入元/アカデミー・デュ・ヴァン
オーギュスタンのシャンパーニュは直営のワインショップ「カーヴ・ド・ラ・マドレーヌ」にて購入可能
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山ガーデンフロア
電話:03-3486-7769

取材・文/鳥海美奈子
2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在して、文化や風土、生産者の人物像などとからめたワイン記事を執筆。著書に『フランス郷土料理の発想と組み立て』。また現在は日本の伝統文化、食や旅記事を『サライ』他で執筆している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード…
  3. 檀ふみさんが「ワインブーケ」で極上シャンパーニュを個人輸入してみ…
  4. ドメーヌ・ド・ラルロ|銘醸地ニュイ・サン・ジョルジュで醸される繊…
  5. 【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイ…
PAGE TOP