新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

ワイン

シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最先端の作り手

取材・文/鳥海美奈子

フランスの有機農業振興団体アジャンス・ビオによれば、2015年のフランスのビオ栽培されたぶどう畑の割合は8.7%。しかし、シャンパーニュ地方では全国平均よりかなり低い1.9%に留まっています。ビオ栽培へと転換すると、化学合成農薬や化学肥料が使えないのでぶどうの収穫量が約3割は減ると、一般的にいわれています。シャンパーニュの多くのメゾンは収穫量が減ること、つまりは収入が減ることを望みません。そういう大手メゾンにぶどうを売っている小規模農家も、収穫量が自らの売上に直結するために、現状を維持しようという意識のほうが強いのです。

そのようなシャンパーニュ界にあっても、意識の高い生産者たちにより、少しずつビオ栽培は広がりつつあります。なかでもビオディナミは、オーストリアの思想家・シュタイナーにより構築されたビオの農業論のひとつ。そのビオディナミを取り入れる生産者も、わずかですが登場し始めています。

その最先端にいるのが、シャンパーニュ・オーギュスタンです。

ピノ・ノワールの栽培で有名なモンターニュ・ド・ランス地区のアヴネ=ヴァル=ドール村、シャルドネの名産地であるコート・デ・ブランのヴェルチュ村に畑を持つ。

ビオディナミとは、月や星などの天体の運行に基づいてぶどうを育て、ぶどうの樹や土壌のエネルギーを高める有機栽培法です。太陰暦に基づいた、日本の伝統的な農業とも共通点があります。

現在のシャンパーニュ・オーギュスタンの当主マルクの両親の時代から、畑には化学合成農薬や化学肥料は使用されていませんでした。そのマルクがビオディナミへと舵を切ったのは2013年のことです。

ビオディナミにより丁寧に手を施されたぶどう畑。畑全体も生き生きとエネルギーに満ちている。

「ビオディナミ農法は単なる栽培法ではなく、すべての生きものを尊重する哲学の表れでもあります。生物多様性を重視して、農場そのものをひとつの生命体と考えるのです。なにより大切なのは植物の声に、そして彼らを養う大地の声に耳を傾けることです」

ドメーヌの横には仏陀の像も置かれている。シャンパーニュ造りをするうえで、東洋的な思想にも影響を受けていることがわかる。

カーヴ内。近年、見直されてきている素焼きの壺を醸造に用いる。黄金比などを鑑みた形をしている。

シャンパーニュ・オーギュスタンのもうひとつの大きな特徴は、ビオディナミを採用しながらも、そこに独自の解釈を加えて、より発展した、オリジナルの手法を行っている点です。ビオディナミ農法が誕生したのは20世紀前半のこと。それをより現代的に解釈していくのは、今後のワイン造りのひとつの流れとなり得るかもしれません。

例えばシャンパーニュ・オーギュスタンでは、ぶどうを顕微鏡により細胞レベルで分析。タンパク質を構成するアミノ酸の配列を解析したのち、それを周波数に置き換えて音楽をつくり、ぶどう畑に流しています。またリフレクソロジーやホメオパシー、さらにはクリスタルをぶどう栽培や醸造に用いたりと、科学や代替療法など、さまざまな要素を融合させているのです。

彼らのシャンパーニュの銘柄名にも、そういった思想性が反映されています。

「私たちの暮らす世界が土火水風(空気)、という4つの要素で構成されているように、シャンパーニュ オーギュスタンにも4種類のキュヴェ(銘柄)があります」

そのひとつが「キュヴェCCXCI(291)ラ・テール」。ラ・テールとは、フランス語で土を意味します。「このキュヴェは、母なるものを象徴しています。しっかりとした土台を感じさせる、安定感のある味わいです」。ピノ・ノワールの若木から採れたぶどうを使用しています。

そして「キュヴェCCXIV(214)レール」。空気を意味するレールは「穏やかで軽やか、生命の源となるものを象徴する」。その名のとおり軽やかで、味わいや香りが口中の上へ、上へと抜けていくような印象です。この繊細さは白系ぶどう品種のシャルドネと、赤系ぶどう品種のピノ・ノワールをブレンドしたことにより生まれるものです。

さらに火を意味する「キュヴェCCCI(301)ル・フュ」は「熱く、輝きがあり、広がりを持つ」。古木から採れたピノ・ノワールを使うので大変にパワフルな味わいです。現在、まだ「水」のキュヴェはありませんが、近い将来に発売されるといいます。その代わりに現在あるもうひとつの銘柄は、酸化防止剤SO2 を入れない「キュヴェCXVI(116) サン・スフル」。ぶどう本来の良さが生きた、とても滋味深い味わいです。

右から。「キュヴェCCXCI ラ・テール ブリュット・プルミエ・クリュ」1万2000円。「キュヴェCCXIV レール エクストラ・ブリュット・プルミエ・クリュ」1万7000円、「キュヴェCCCIル・フュ エクストラ・ブリュット・プルミエ・クリュ」1万5000円「キュヴェCXVI サン・スフル ブラン・ドノワール・ブリュット・ナチュール・プルミエ・クリュ」2万8000円。希望小売価格・税抜。

ぶどう本来の生命力を生かしたオーギュスタンのシャンパーニュはいずれもエネルギー感に満ちています。それを味わえば必ずや、シャンパーニュの最先端の世界観を感じ取ることができるでしょう。

息子とともに来日したマルク。息子は現在は他の生産者のところで修業中。それが終わるとともに働き始める予定だ。

輸入元/アカデミー・デュ・ヴァン
オーギュスタンのシャンパーニュは直営のワインショップ「カーヴ・ド・ラ・マドレーヌ」にて購入可能
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山ガーデンフロア
電話:03-3486-7769

取材・文/鳥海美奈子
2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在して、文化や風土、生産者の人物像などとからめたワイン記事を執筆。著書に『フランス郷土料理の発想と組み立て』。また現在は日本の伝統文化、食や旅記事を『サライ』他で執筆している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。 【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)…
  2. 「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。 【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)…
  3. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  4. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  5. 世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。 小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの…
PAGE TOP