新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【夕刊サライ/角田光代】兵庫県:民話のなかを走る【旅ラン4】(角田光代の旅行コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日は「旅行」をテーマに、角田光代さんが執筆します。

文・写真/角田光代(作家)

兵庫県の香美町(かみちょう)は、日本海側の町だ。縁があってこの町を題材にしたエッセイを書くことになり、蟹の季節に訪れた。エッセイを書くには、異なる季節にも来たほうがいいと考えていたところ、毎年9月に、「村岡ダブルフルウルトラランニング」という大会が香美町で行なわれていることを知った。

その町を知るには、もちろん何度も旅をするのがいちばんいいけれど、でも、カメラも荷物も財布も持たず、自分の脚だけで走ると、別の意味でもっとよくその町を知ることができる、と、ここ最近の旅ランで実感した私は、その大会にエントリーしてみた。

香美町を訪れて、緑という色に、こんなにも種類があるとはじめて知りました。

44km、66km、88km、100kmの部がある。私はもちろん44km。それだって、今まで走ってきた距離より約2キロ多い。

村岡地区の山田グラウンドというところが44km走者のスタートだ。参加者には熊よけの鈴がプレゼントされ、にわかに不安になる。いったいどんなところを走るのか……。

スタート後、しばらく平坦な道を走ったのちには上り坂が延々と続く。いつまで上りが続くのかとうつろな気持ちで走り、ときどき歩き、ああ、このマラソンはこうして山を越えていくものなのだな、と理解する。トレラン(トレイルランニング)という名称が使われていないのは、アスファルトの道が多いからだろうか。

10km地点を過ぎるとやっと下り坂になり、下りきったところに民家や商店や銀行があり、大きなエイドステーションがある。ここで配られているおにぎりが、見るからにおいしそうなのでひとつもらって食べたところ、目がくらむくらいのおいしさ。ついもうひとつ食べようとする私の耳に、「すぐに大仏さんのところでおはぎがもらえるから」「そうだね、ここは我慢しておこう」というランナーたちの会話が耳に入った。何? おはぎ? おにぎりにのばした手を引っ込めて、おはぎに向かって走る。

つらいつらい山道に、参加者全員の名前を書いたこんな小さな看板が。泣きそうになりました。

またしても上り坂を進むと、世界最大級といわれる三大仏があることで有名な長楽寺がある。広大な敷地の奥に大仏殿があり、金箔を貼られたものすごい大きさの大佛が並んでいる。

大仏殿の一角にデパートの食堂よろしくテーブル席が並び、ランナーたちが座ってお茶を飲み、おはぎを食べている。これか、と私も席に着く。ボランティアの高校生らしき若い子たちが、即座にお茶とおはぎを持ってきてくれる。光り輝く大仏の下で、汗だくのランナーたちが大勢テーブルに着きお茶を飲みおはぎを食べている、これは異様な光景である。異様ながら、忘れがたいいい光景でもある。

そこから私の懸念の通り、山を上って下って、するとまた山があらわれて、それを上って下って、ということをくり返すコースである。

上り坂はきつすぎて走れず、ほとんど歩いてしまうのだが、それにしても周囲の光景が息をのむほど美しい。まるで自分が民話の世界に入りこんでしまったかのようだ。遠くに折り重なる山の尾根、その山を覆う様々な種類の緑。ところどころに見える民家の屋根と、何か燃やしているのか、そこからたなびく煙。緑だったり、薄茶色だったり、色を変えながら続く田んぼ。雲が動くと、その田んぼに映る影も静かに這う。商品名を書いた看板も、コンビニエンスストアも、ひとつも見当たらない。なんと完成された世界だろうと思った。そんな、民家すらない道を走っていると、ふと角からカートを押して歩く老婦人があらわれて、「がんばってな」と笑顔を見せて、それもまた、現実味がなく、民話のなかにいる感覚を強める。

マラソン大会は、日本だけでなく世界的なブームで、いろんな大会に各国からのランナーが参加しているが、この美しい里を走る村岡の大会こそ、外国人旅行者に参加してほしいと走りながら思った。はじめて見るのになつかしい、こんなにも日本的な光景を知ってほしいと、自分のふるさとでもないのに思ったのである。

夕暮れのゴール。へとへとに疲れていても、なんてきれいな空なんだろうと思いました。

熊には遭遇せずに完走できたが、44kmのアップダウンは本当につらかった。もういやだ、二度と走るものかと思いながら帰ってきた。しかし日がたつにつれ、エイドステーションで食べたおにぎりをどうしてももう一度食べたい思いが募ってくる。走りに、ではなく、おにぎりを食べに、またエントリーしてしまいそうでこわい。

香美町は香住蟹が有名だということです。走ったあとにはやはりねぎらいの蟹。(写真はすべて2017年9月撮影)。

文・写真/角田光代(かくた・みつよ)
昭和42年、神奈川県生まれ。作家。平成2年、『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。近著に『私はあなたの記憶の中に』(小学館刊)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」無理なく続けられ…
  2. 【夕刊サライ/角田光代】ミャンマー:時代が変わる、という活気(角…
  3. 【夕刊サライ/テリー伊藤】心が満たされないときには(テリー伊藤の…
  4. 【夕刊サライ/進藤晶子】LINEと宅配便でつくる「仮想三世帯住宅…
  5. 【夕刊サライ/山本昌】サッカー界のレジェンド・三浦知良選手との共…
PAGE TOP