新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ワイン

小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

取材・文/鳥海美奈子

フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「Le Printemps des Champagnes ル・プランタン・デ・シャンパーニュ」と名づけられた試飲会が行われます。そこでは22ものグループが、それぞれテーマを決めて試飲会を開催します。大変に大きな試飲会のため世界中からプレスやソムリエなどのプロが集い、街全体が活気に満ちるのです。

シャンパーニュの中心地・ランスに建つ大聖堂。この街のシンボル的存在。その周辺で、多くの試飲会が開催される。

シャンパーニュの中心地・ランスに建つ大聖堂。この街のシンボル的存在。その周辺で、多くの試飲会が開催される。

その春の試飲会の最大の特徴は、農家制の小さな生産者たちが中心となり、行っている点です。シャンパーニュといえば、大変に有名なのがモエ・エ・シャンドンやヴーヴ・クリコといった大手メゾンです。

しかし、ここではもっと生産量の少ない、日本酒でいえば地酒のような生産者たちが中心となって試飲会を開催しています。

そういう少量生産の生産者たちは長年、自らの畑で栽培したぶどうを大手のメゾンに販売して、生計を立ててきました。しかし近年は、たとえ生産量は少なくとも、自ら栽培したぶどうを自ら醸造し、自分のシャンパーニュを造る傾向へとシフトしてきたのです。

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

大手のメゾンは複数の畑、複数のぶどう品種、複数年のワインをブレンドしてシャンパーニュを造ります。そのブレンド法に各メゾンは知恵を絞り、毎年変わらない、そのメゾンならではの味わいを生み出します。

しかし、こういった農家制の生産者たちは単一年、単一ぶどう品種、単一の畑ごとに銘柄を造る傾向にあります。つまり、その年の気候、ぶどう品種や畑の個性を映したシャンパーニュを生産するのです。

生産者も自らのシャンパーニュの思想や哲学、実際の造り方などを大いに説明する。ここで多くの情報交換が行われる。

生産者も自らのシャンパーニュの思想や哲学、実際の造り方などを大いに説明する。ここで多くの情報交換が行われる。

そういった新たな挑戦をする生産者が注目され始めたのは、いまから10年ほど前のこと。味わいがそれぞれ個性的かつ素晴らしかったために、パリやニューヨーク、東京など最先端のワインショップやワインバーのソムリエたちに評判となり、やがてスター生産者が何人も誕生しました。

そういった流れを受けて、「Terres & Vins de Champagne テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」というグループが結成されて、ランスで初めて試飲会を行い、大きな話題となったのです。

「テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」の試飲会のポスター。小さな農家制生産者たちの先駆的なグループとして名高い。

「テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」の試飲会のポスター。小さな農家制生産者たちの先駆的なグループとして名高い。

その「テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」の主催者のひとりがラファエル・ベレッシュさんです。「シャンパーニュは以前は、ほぼ大手しか存在しなかったと言っていいと思います。しかし、様々な人が自らのシャンパーニュ造りを始めたことで、より選択の幅が広がりました。現在は、シャンパーニュの多様性を楽しんでもらえる状況にあります」と語ります。

ラファエル・ベレッシュさん。現在は30代半ば。約10年前に、いち早く小さな農家制シャンパーニュの試飲会を主催し、話題をさらった。

ラファエル・ベレッシュさん。現在は30代半ば。約10年前に、いち早く小さな農家制シャンパーニュの試飲会を主催し、話題をさらった。

その後、「自分もオリジナルのシャンパーニュを造りたい」と意欲を持った小さな農家制の生産者は増え続けて、現在に至ります。2019年には、試飲会を開催するグループは22まで増えて、大変な盛況を見せました。
そういった農家制の生産者は、20~30代の若手が多いのも特徴です。またぶどう栽培においても、なるべく化学合成農薬や化学肥料を使わない、ナチュラルな手法へとシフトしています。その結果、クオリティの高いシャンパーニュが多々誕生しているのです。

そんな生産者のシャンパーニュは現在、日本でも購入できます。初夏に爽やかさを演出するシャンパーニュを、ぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

近年、日本でも人気の生産者のシャンパーニュ。左からアグラバール、ベレッシュ、ブノワ・ライエ、シュエネン。

近年、日本でも人気の生産者のシャンパーニュ。左からアグラパール、ベレッシュ、ブノワ・ライエ、スェナン。

取材・文/鳥海美奈子
2004年からフランス・ブルゴーニュ地方やパリに滞在して、文化や風土、生産者の人物像などとからめたワイン記事を執筆。著書に『フランス郷土料理の発想と組み立て』(誠文堂新光社)。また現在は日本の伝統文化、食や旅記事を『サライ』他で執筆している。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最…
  2. シャンパーニュ地方の知られざる実力派シャンパン生産者を巡る
  3. シャンパーニュ地方の中心ランス周辺のシャンパンメゾンを巡る
  4. ランス|シャンパーニュの有名メゾンが軒を連ねる美しい街を訪ねる
  5. 意外な相性に驚き!花の京都で「精進料理×シャンパーニュ」のマリア…
PAGE TOP