新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

蟹むき名人が伝授!むきむきみっちゃんが教える「上手な蟹のむき方」動画

2016-12-07 17_12_49-Windows Media Player

『サライ』1月号(12月10日発売)では「蟹(カニ)」を大特集する。ズワイガニにタラバガニ、毛ガニと、それぞれ旬を迎えたカニの旨みは抜群だが、食べるにあたって悩ましいのは、あの固くてトゲトゲした殻の存在であろう。

無口になって蟹と格闘したあげく、うまく身がとれないときほどガッカリすることはない。

そこで、『サライ』本誌1月号の蟹特集にも登場いただいている当代きっての蟹むき名人・板倉美津子さん(福井県にある越前がにと甘エビで有名な宿『白浜荘』の名物女将)が、直々にズワイガニの上手なむき方を教えてくれるスペシャル動画を特別公開!

道具をいっさい使わずに、鮮やかに蟹をむいていくその技は驚きだ。ぜひ参考にして、“自宅で蟹三昧”を存分に楽しんでほしい。そして日本酒と蟹づくしの『サライ』本誌1月号にもぜひお目通しを!

※日本酒と蟹づくしの『サライ』本誌1月号!詳しくは下記をご覧ください。
https://serai.jp/news/120080

下記より試し読みできます!
http://shogakukan.tameshiyo.me/4910142110177

【白浜荘】
所在地/福井県福井市西二ツ屋2-1
電話/0776-86-1316
アクセス/JR福井駅前より京福バス鮎川行きで約40分、浜中下車すぐ。4~5名以上は、福井駅への送迎あり。
http://www.shirahamaso.jp/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. カニ旅行(イメージ) 全国「カニ」旅行人気ランキング|1位は「越前ガニ」が名物のあの県…
  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  3. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
  4. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】
  5. 寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つの…
PAGE TOP