新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

怖い絵展|思わず背筋がゾッとする怖い絵ばかりの展覧会

ポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》〔1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵〕Paul De laroche,The Execution of Lady Jane Grey
(C)The National Gallery,London,Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore,1902

取材・文/池田充枝

2007年、作家でドイツ文学者の中野京子氏が出版した『怖い絵』(朝日出版社)は、「恐怖」に焦点をあて、その絵の時代背景や隠された物語という知識をもとに読み解く美術書。当時ベストセラーを記録し、シリーズ化されて、大きな反響を呼びました。

作者の中野氏は、“恐怖”ということについて、

怖さは想像の友であり、想像によって恐怖は生まれ、恐怖によって想像は羽ばたく。一見何も怖いものは描かれていないのに、その時代の、文化の、関わった人々の、さまざまな絡み合いを知るうちに、恐怖はじわじわ画面からにじみ出てきて、絵の様相を一変させる

と述べています。

そんな同書の刊行10周年を記念する展覧会「怖い絵」展が、兵庫県立美術館に引き続き、東京・上野の森美術館で開かれています(~2017年12月17日まで)。

本展は、中野京子氏を特別監修に迎え、書籍シリーズで紹介された作品を筆頭に、新たに選ばれた作品も加えた油彩画や版画、約80点を紹介します。日本初公開となる、ロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画、ポール・ドラローシュの《レディ・ジェーン・グレイの処刑》ほか、ターナー、モロー、セザンヌなど、ヨーロッパ近代絵画の巨匠の“怖い”作品が並びます。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《オデュッセイウスに杯を差し出すキルケ―》〔1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館蔵〕(C)Image courtesy of Gallery Oldham

本展の見どころを、兵庫県立美術館学芸員の岡本弘毅さんにうかがいました。

「中野京子氏の『怖い絵』は、数々の名画の魅力を「恐怖」をテーマに解かりやすく紐解き、美術書として異例のベストセラーとなりました。本展は中野氏を特別監修者に迎え、西洋近代の絵画・版画から“怖い”作品を選び出し、神話・怪物・異界・現実・風景・歴史といったキーワードに沿って紹介します。

 

なかでも最大の注目作は、19世紀フランスの画家ドラローシュが手掛けたロンドン・ナショナル・ギャラリーの至宝《レディ・ジェーン・グレイの処刑》です。これは、イングランド史上初めての女王となり、15歳で戴冠してわずか9日後に廃位され、7か月後に処刑された少女の悲劇を大画面に描き出した名作で、今回が日本初公開となります。

 

そのほかにも、初期ロマン主義の画家フューズリの名作《夢魔》の知る人ぞ知るミニチュア版や、ヴィクトリア朝イギリスの画家ウォーターハウス代表作《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》、近代絵画の巨人セザンヌが激烈なテーマに挑んだ《殺人》、ロマン主義風景画の巨匠ターナーの《ドルバダーン城》など、一見しただけで怖さがダイレクトに伝わる作品から、ストーリーや歴史的背景を詳しく知ることによってじわじわと怖さが広がる作品まで、様々なタイプの“怖い絵”をご用意しています。

 

私たちが普段美術に求める「美」に勝るとも劣らない「恐怖」の魅力をぜひ会場でご覧ください」

怖いものみたさは、人間の本性。恐怖から導かれる真理をのぞきに出かけませんか。

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《ドルバダーン城》〔1800年 油彩・カンヴァス ロイヤル・アカデミー蔵〕(C)Royal Academy of Arts,London;Photographer:Prudence Cuming Associates Limited

 

展覧会 「怖い絵」展
会期 2017年7月22日(土)~9月18日(月・祝終了しました
会場 兵庫県立美術館
問い合わせ先 電話:078・262・0901
Webサイト  http://www.kowaie.com
開館時間 10時から18時まで、金・土曜日は20時まで(入場は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし9月18日は開館)

 

展覧会 「怖い絵」展
会期 2017年10月7日(土)~12月17日(日
会場 上野の森美術館
問い合わせ先 03-5777-8600(ハローダイヤル)
Webサイト  http://www.kowaie.com
開館時間 午前10時~午後5時 ※入場は閉館の30分前まで
休館日 会期中無休

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP