新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた・2

レストランによりデッキに出られるところもある。天気が良ければ朝食や昼食時はとても気持ちがいい。

デッキで食事ができるレストランもある。天気が良ければ朝食や昼食をデッキで楽しむ乗船客でにぎわう。

米国ロイヤル・カリビアンが所有するアジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」による、上海~神戸周遊の旅。高級ホテルのような船内に圧倒されつつ、その魅力をさらにお届けする。記事<その1>を読む

クルーズの楽しみのひとつは食事だ。クァンタム・オブ・ザ・シーズには、気軽に味わえる軽食のスタンドから、アメリカン・グリル料理や地中海料理、アジア料理などをビュッフェスタイルで楽しめるレストラン、フルコースを満喫できる上質な料理店まで、ジャンル別に全19店も用意されている。中には世界的に有名なシェフが料理を手がける店もある。

レストランは毎食ごと自由に選ぶことができ、人気のレストランは予約も受け付ける。また、店舗によってはドレスコードが設けられているが、あえて着飾って特別な時間を過ごすのもクルーズの楽しみ方のひとつ。

船内での飲食は基本的にクルーズ費用に含まれている(一部の料理とアルコール類は除く)。スペシャリティレストランはカバーチャージ(20ドル〜85ドル)が別途必要だが、それを支払ってでも味わう価値のある料理が提供される。

ここで特に印象に残った3店を紹介しよう。

■1:チョップス・グリル
いかにもアメリカ船会社のレストランらしい、ステーキハウス。店内は落ち着いた雰囲気。テーブルを担当するスタッフは英語だが、英語が苦手な筆者にもわかるよう、ゆっくりと話してくれる。

人気のフィレステーキは柔らかくジューシーで、特製ソースも味わい深い。ステーキはやや大きめだったが、しっかりと完食。カバーチャージ39ドル。

ロイヤル・カリビアンの中でも最上ランクのレストランとして人気の高いレストラン。要予約。

『チョップス・グリル』はロイヤル・カリビアンが有するクルーズ船の中でも最上クラスのレストランとして人気の高い。要予約。

上質の牛肉を使用し、肉と脂の旨みが見事にマッチしたステーキだった。

上質の牛肉を使用し、赤身と脂の旨みが見事にマッチしたステーキを堪能できる。

■2:ジェイミーズ・イタリアン
英国で国民的な人気を誇るシェフ、ジェイミー・オリバーが手がけるイタリアンレストラン。カジュアルな雰囲気だが、料理の盛りつけなどにも工夫がなされており、見た目にも美しい。デザートのレベルも高かった。

ファミリーや友人たちとのパーティーにも適している。カバーチャージ25ドル。

明るく気軽に雰囲気で楽しめるレストラン。オーナーのジェイミー・オリバーは英国の学校の給食に革命をもたらしたことで、有名。ジェイミーの番組が日本でも放送されていたこともあり、日本人のファンも多い。

店内はカジュアルな雰囲気で、気後れすることなく利用できるイタリア料理のレストラン。オーナーのジェイミー・オリバーは英国の学校の給食に革命をもたらしたことで知られる。ジェイミーのドキュメンタリー番組が日本でも放送されたこともあり、日本人のファンも多い。

木のプレートに乗せられて登場。独創的なメニューだ。

料理を木のプレートに乗せてられて登場。独創的なメニューだ。

■3:ソラリウム・ビストロ
朝食と昼食はヘルシーな料理が中心のカジュアルレストラン。夜は鍋料理コースがあり、船上レストランとしては非常に珍しく、テーブル上で火を使って鍋を温める。熱々の料理を食べられるうえに、日本人好みの味付けが嬉しい。

野菜類や麺類などはビュッフェスタイル。場所は船首方向にあり、時間により夕景を眺めながら食事を楽しむことができる。カバーチャージ20ドル。

低カロリーな食材を使用したヘルシー料理が特徴。船首付近にあり眺めも素晴らしい。

低カロリーな食材を使用したヘルシー料理が特徴。船首付近にあり眺めも素晴らしい。

鍋料理は自分の好みに合わせて食材を盛る。野菜が豊富だ。

鍋料理は好みの食材を好きなだけ盛ることができる。野菜が豊富なのがありがたい。

自分のテーブルで鍋を温める。しかし、クルーズ船で鍋料理が楽しめるとは思いもよらなかった。

テーブルで鍋を温めて味わえるのも『ソラリウム・ビストロ』の魅力。

このほか、ロボットがシェーカーを振るカクテルバーや、ビールパブ、ワインバー、ラテン系のバーなど趣向を凝らしたバーがある。各種ワインやカクテルが楽しめるスクーナーバーにはピアノが配され、生演奏も楽しめる。

筆者も一軒のバーに立ち寄ってみた。ソファーに腰を下ろし、メニューを見ていると、聞き覚えのある曲の演奏が始まった。演奏者が日本の歌を披露してくれたのである。

ふと顔を上げると奏者はこちらを見て、軽く会釈をしてくれた。手厚いおもてなしは、少し緊張気味だった筆者の心を一気に和ませてくれた。

タブレットパソコンで注文をすると、カウンター内にいるロボットのバーテンダーがカクテルを作るバー。無口だが、腕はいい。

タブレットパソコンで注文をすると、ロボットのバーテンダーがカクテルを作る。無口だが、腕はいい。

次回(その3)は船内で満喫できる興奮の体験プログラムをご案内します!

取材・文/中澤雄二
問い合わせ先/ロイヤル・カリビアン

【関連記事】
※ アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた(その1)
 アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた(その2)
 
アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた(その3)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  2. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  3. 上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ
  4. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
  5. 犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで…
PAGE TOP