新着記事

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました 角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR] 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた・3

プールやジャグジーがアッパーデッキに。写真はデッキ13、船首にある屋内のプールとジャグジー(ソラリウム)。こちらは大人専用のスペースになる。

アッパーデッキにはプールやジャグジーがある。写真はデッキ13、船首にある屋内のプールとジャグジー(ソラリウム)。こちらは大人専用のスペースになる。

米国ロイヤル・カリビアンが所有するアジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」による、上海~神戸周遊の旅。世界有数の高級ホテルのような上質さを誇る船内の魅力をさらにお届けする(記事<その1><その2>を読む)。

「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」はアミューズメント施設がとても充実しており、乗船したらぜひ体験したいアトラクションも多い。

中でも世界初の設備として話題になっているのが、最上階にある「ノーススター」だ。ぐるっと180度見渡せるガラス張りのゴンドラがアームによって海上90mまでつり上げられる。

ゴンドラの中に入れば大型客船を上空から眺めることができ、まるで空中を散歩しているかのような浮遊感を楽しめる(ひとり20ドル)。

最上階のデッキにあるノーススター。15人乗りのゴンドラがアームによりつり上げられる。

最上階のデッキにあるノーススター。15人乗りのゴンドラがアームによりつり上げられる。

ゴンドラはガラス張り。船を見下ろしたり、遠くの海域をながめたりできる。ちなみにゴンドラの中は冷暖房が完備されていた。

ゴンドラはガラス張り。船を見下ろしたり、遠くの海域を眺めたりできる。ゴンドラの中は冷暖房が完備されている。

大型客船を真上から見る機会はなかなかない、貴重な体験。

大型客船を真上から見下ろすという貴重な体験ができる。

また「リップコード・バイ・アイフライ」は、真下から吹き上がる猛烈な風を受けて身体を宙に浮かせるという、スカイダイビングの疑似体験ができるアトラクションだ。

浮くといっても高さはせいぜい床から1m程度。インストラクターがそばについてくれるので、未経験者やシニアの方でも安心して風に身体を任せられる(ひとり29ドル)。

真下から吹き上げる風に乗って、スカイダイビングが疑似体験できる。事前に飛び方を解説したビデオで「学習」した上に、インストラクターも常時着いていてくれる。サライ世代の挑戦者も多い。ちなみに写真はインストラクターによるデモンストレーション。

真下から吹き上げる風に乗って、スカイダイビングの疑似体験ができる(写真はインストラクターによるデモンストレーション)。事前に飛び方を解説したビデオで「予習」し、インストラクターも常時そばについてくれる。シニアの挑戦者も多い。

最新のアトラクションばかりかと思いきや、懐かしい遊園地の乗り物もある。クッション性の高いゴムのバンパーを備えた電気自動車「バンパーカー」に乗って、互いにわざと衝突させながら特設エリア内を走り周るアトラクションである。走行は1回2分程度。派手な衝突をするたびに周囲から歓声がわき上がる。単純なゲームだが、心の底から笑える楽しい体験だった(無料)。

電気自動車によるバンパーカー。これだけ密集していると衝突してしまうと心配するが、ほかのクルマに衝突させて楽しむゲーム。堂々と衝突させよう。

「バンパーカー」は衝突を楽しむゲームなので、ほかのクルマにどんどんぶつけよう。

そのほか、プールやジャグジー、ジムやランニングコース、さらにカジノなどもあり、暇を持て余す心配は無用である。

もちろん、ゆったりと時間を過ごしたいという人のために、船内には充分な数のベンチやシートが配されているので、それらに腰を下ろし、海を眺めながら会話や読書を楽しむこともできる。

朝日が昇ると、最上階のデッキにあるランニングコースでランニングをする人が多く現れた。リラックスするスタイルは様々。

朝日が昇ると、最上階のデッキにある専用コースでランニングをする人を見かける。クルーズ船での過ごし方は皆さまざま。

クルーズ2日目のよる、ロイヤル・エスプラネードでキャプテン主催のウエルカムパーティーが催された。

クルーズ2日目の夜、ロイヤル・エスプラネードでキャプテン主催のウエルカムパーティーが催された。

自分のリズムで思い思いに自由に過ごす。これこそがクルーズ船ならではの楽しみ方といえる。

日本でもロイヤル・カリビアン社のクルーズ船によるツアーが販売されている。クルーズには「豪華な旅」というイメージがつきまとうが、たとえばゴールデン・ウィークに実施されたクルーズは、4日間4万円台~と手頃な料金設定だった。これに乗船中の食事やショーなどの観覧料は基本的に含まれている。

ぐっと身近になったクルーズの旅。ぜひ一度、その魅力を味わっていただきたい。

取材・文/中澤雄二
問い合わせ先/ロイヤル・カリビアン

【関連記事】
※ アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた(その1)
 アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた(その2)
 
アジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」に乗ってみた(その3)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  2. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  3. 上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ
  4. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
  5. 犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで…
PAGE TOP