新着記事

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅力とは?

文/鈴木拓也

国土交通省の推進もあって、ダムやマンホールを観光資源とする「インフラツーリズム」が盛んだ。

それとは似て非なる路線と言おうか、人が通行できるトンネルを歩く「トンネル歩き」という、知られざる世界がある。

この趣味の先駆けであり第一人者として知られるのは、旅行会社勤務の花田欣也さん(57)だ。

花田さんは、30年ほど前に林道を歩いているときに、とある古色蒼然たるトンネルに遭遇。深い闇がどこまでも続く空間を前に、衝撃で立ちつくす体験をしたという。このことをきっかけにトンネルに惹かれ、各地を巡るようになった。

トンネルといっても、花田さんが関心を持つのは、人も車もあまり通らない、古びた「隧道(すいどう)」という表現がふさわしいもの。戦前に造られた由緒ある土木遺産もあれば、ひっそりと朽ちるのを待つような所もある。そこを1人で通行するのが、トンネル歩きの醍醐味なのだとか。

例えば、どのようなトンネルがあるのだろうか。サライ世代にもおすすめできる所を、花田さんに教えていただいた。

■宇津ノ谷明治トンネル(静岡県静岡市、藤枝市/国指定登録文化財)

花田さん「明治9年、当時の旧東海道近くに建造された煉瓦づくりのトンネルで、長さは203メートルあります。日本初の有料トンネルで、開通当初は大人2厘、かごは1銭5厘などと定められていました。

今は東海自然歩道の一部となっており、車止めがあって徒歩専用なので、ゆっくり煉瓦積みの美しさを堪能できます。晴れた日には、内部のカンテラ風のオレンジの照明がインスタ映えします。

なお、宇津ノ谷峠にはその後の輸送量の増加に伴い、大正トンネル、現在の国道1号線の昭和トンネル、平成トンネルの4本が、いずれも現役道として存在することが興味深いです」

宇津ノ谷明治トンネルの入り口

宇津ノ谷明治トンネルの入り口

■旧三瓶(みかめ)トンネル(愛媛県西予市)

花田さん「大正時代に建造された。長さ317メートルの旧三瓶トンネルは、鬱蒼とした杉林の中の旧道に現存するトンネルです。

幅が狭く、煉瓦が規則正しく積まれており、ヨーロッパの堅固な古城の中を歩くおもむきがあります。

内部はほとんど車の通行もなく、落ち着ける空間。新道トンネルがありながら、この旧道トンネルが現存しているのは、光ケーブルをトンネル内に通している事情もあります。新道分岐点から峠の旧道を歩く雰囲気も、とても静かで良いです」

旧三瓶トンネルの入り口

旧三瓶トンネルの入り口

旧三瓶トンネルの内部

旧三瓶トンネルの内部

■夏焼第2トンネル(静岡県浜松市)

花田さん「夏焼第2トンネルは、鉄道用トンネルとして昭和11年に竣工し、長さは1200メートルを超えます。旧国鉄飯田線の新線トンネル開通に伴い、この旧線のトンネルが道路転用され、現在もJR大嵐(おおぞれ)駅と小集落を結んでいます。

トンネルの先に佐久間ダムがありますが、ダムへの道路は自然に還った廃道となっています。

鉄道トンネルの特徴として、トンネルの形が細長いΩ(オメガ)型となっているのは、架線を設けるため。

第1トンネルは短いのですが、すぐ先にある第2トンネルはとにかく長いです。ダムの増水期には、冠水することもある旨の看板が入口に立っています。中は薄暗い照明がところどころにあり、車の通行もなく意外に落ち着けて、座って弁当を広げたい気分になります」

夏焼第2トンネルの入り口

夏焼第2トンネルの入り口

夏焼第2トンネルの内部

夏焼第2トンネルの内部

*  *  *

こうして紹介いただくと、「トンネルは通過するだけのもの」という普段の認識も変わる。特に古いトンネルは、産業遺産として価値が高いものも多く、今後は観光資源として注目されるところも出てきそうだ。「その一方、人口減少などで今後閉鎖されるトンネルも出てくるでしょう」と、花田さんは語る。

ちなみに花田さんは、トンネル歩きの入門書となる『旅するトンネル』(本の研究社刊、Amazonにて購入可)を2017年12月に上梓。2019年1月13日(日)には、「花田欣也と訪ねるトンネルあるき~宇津ノ谷明治トンネルなど」という、旅行会社主催の東京発日帰りバスツアーでガイドも務める。興味のある方は、参加してみてはいかがだろう。

花田欣也さん

【花田欣也さん】 1961年生れ、旅行会社勤務。早くに全国全線を乗りつぶした「乗り鉄」で、駅から徒歩・バスで行ける旧道等の「トンネル歩き」にも興味を持つ。人口減少でその数を減らしつつある明治・大正期の貴重な産業遺産としてのトンネルの魅力発信を、講演やマスメディア、インターネットを通じて精力的に行う。

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 立杭陶の郷 【陶磁器の街を訪ねて】日本六古窯のひとつ、丹波立杭でうつわ巡り|…
  2. 【うつわの街を訪ねて】日本で初めて磁器が焼かれた産地、有田でうつわ巡り 【陶磁器の街を訪ねて】400年の歴史が息づく日本磁器発祥の地、有…
  3. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  4. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  5. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
PAGE TOP