新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

「もしかして白内障…?」ケアマネジャーが「白内障」の疑いがある人に眼科受診を勧める理由

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

大分・耶馬溪周辺の神秘スポットを巡る【天下の奇勝・耶馬溪を遊覧する1】(大分県中津市玖珠町)羅漢寺・古羅漢・青の洞門

取材・文/関屋淳子

大分県の北西端、中津市と玖珠(くす)町にまたがる広大な景勝地・耶馬渓(やばけい)。この歴史や文化を語るストーリー「やばけい遊覧~大地に描いた山水絵巻の道をゆく~」が平成29年、文化庁の日本遺産に認定されました。

およそ200年前に、思想家の頼山陽が名付けた「耶馬渓」。この天下の奇勝を取り巻く歴史的魅力と地域の文化をご紹介します。今回は、羅漢寺(らかんじ)、古羅漢(ふるらかん)、そして青の洞門など、耶馬溪の信仰と歴史を感じられるスポットについてご紹介します。

*  *  *

山国川が溶岩台地を深く浸食してつくり出した奇岩の渓谷、耶馬渓。石柱の断崖や岩窟、巨石などが大パノラマをつくり、その深く神秘な地形は伝説と祈りの場所になりました。

羅漢山の中腹に位置する岩窟の寺院・羅漢寺は、日本各地にある羅漢寺の総本山で、山門も本堂も岩壁に埋め込むように建てられています。

古羅漢探勝道では鎖を伝い絶景を堪能したい

羅漢寺へは旧参道を少し歩いてみましょう。苔むした石畳や路傍の小さなお地蔵様が趣ある佇まいをつくり出しています。

旧参道の石畳の道

山門へは急坂の参道とリフトがありますが、よほど健脚な方でなければ、リフトで山門へ向かうのをおすすめします。

羅漢寺の山門へ

山門手前には千体地蔵があり、山門の先には室町時代に彫られた五百羅漢が安置されている岩屋があります。

千体地蔵

岩屋の入り口には願い事を記した多くのしゃもじが飾られています。願いを掬う(すくう)ということから、まるで神社の絵馬のようです。

岩屋の入り口

岩屋のなかは神聖な空気が流れ心身が引き締まるよう。五百羅漢の喜怒哀楽のお顔は誰かに似ているようでもあり、豊かな表情の奥には何かを語りかけてくれるようで、いつまでも対峙したくなります。羅漢寺には約3700体の石仏があるということ、人々の大きな祈りの力を感じます。

羅漢寺の五百羅漢

本堂は昭和18年に焼失し、その後再興されたものです。2階部分に上がることができ、ここからの眺めも清々しい限りです。本来は境内より先は撮影禁止ですが、今回は特別許可をいただき、撮影しています。

羅漢寺本堂

羅漢寺の対岸に、ごつごつと盛り上がる峰があり、古羅漢の景と呼ばれる景勝地とその探勝道があります。羅漢寺とともに古来、修禅の道場であったところで、探勝道は急な階段もありながら、森林浴も楽しめ、上るたびに視界が開けてきます。

古羅漢全景

途中には石仏や磨崖仏などがあり、岩窟には昔の堂宇が残り、石造観音菩薩坐像が祀られています。岩が空洞になっている部分があり、これは自然に風化したもの。橋のように見えることから天人橋と呼ばれています。

ここからの眺めは絶景の一言。多くの文人たちもここからの眺めを楽しんだそうです。

天人橋下の堂宇で

また鎖を伝って岩を辿ることができますが(スリル満点です!)、くれぐれも歩きやすい靴で上ってください。

梯子の先は鎖を伝って

羅漢寺から下った山国川沿いには、屏風のように折れ連なる岩壁・競秀峰があり、この岩壁沿いの道から、川に落ちる人を救うために江戸時代に造られたトンネル・青の洞門があります。

青の洞門は、羅漢寺の禅海和尚が村人とともに30年の歳月をかけ掘り上げました。岩の窓からの光で無数のノミの跡がくっきり。執念のあとを感じます。

青の洞門

この一帯は、当地出身の福沢諭吉が景観を守るために土地を買い、開発を守ったとのこと。約1㎞にわたり岩峰が続きます。

競秀峰

近くには8連の日本一長い石垣のアーチ橋「オランダ橋」もありますので、こちらもお見逃しなく。

オランダ橋

以上、今回は耶馬溪の周辺にある羅漢寺(らかんじ)、古羅漢(ふるらかん)、そして青の洞門などをご紹介しました。次回は、耶馬渓探勝の基点となる中津市をご紹介します。お楽しみに。

※日本遺産「やばけい遊覧」についての問い合わせ先:
中津市教育委員会文化財室(電話:0979-22-1111)

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

撮影/yOU(河崎夕子)  www.youk-photo.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医師が考える、アクシデントに負けないための旅支度! 医師が考える、アクシデントに負けないための旅支度!
  2. 2020年に行ってみたい! 注目の旅行先ランキングTOP10|ソ…
  3. 「旅行」「ネット通販」「孫消費」 令和元年、シニアのお金の使い道…
  4. 国内旅行ランキング 2019年夏休みの国内旅行予約ランキング|6年連続で沖縄が1位!…
  5. 立杭陶の郷 【陶磁器の街を訪ねて】日本六古窯のひとつ、丹波立杭でうつわ巡り|…
PAGE TOP