新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:3日目《札幌から新得へ》

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・枕崎駅から北海道・稚内駅まで、普通列車を乗り継いで行く日本縦断の大旅行を完遂した59歳の鉄道写真家・川井聡さんが、また新たな鉄道旅に出た。今回の舞台は北海道。広大な北の大地を走るJR北海道の在来線全線を、普通列車を乗り継ぎ、10日間かけて完全乗車するのだ。

文・写真/川井聡

>> 前回【2日目】から続く

【3日目の予定ルート】

今回3日目の乗車ルート

朝の札幌駅。昨日からの雨が心配されたが、青空がなんとかのぞいている。今日は、札沼線と夕張線という、いずれも廃止に直面した路線二つに乗る。乗れること自体は嬉しいのだが、「もしかするとこれが最後の機会か?」と思うと複雑な気持ちにもなる。

今日の始発は6時39分発の石狩当別行き普通電車。

途中までは通勤電車。とはいえ札幌駅から離れる下り列車なので、車内はガラガラ。反対ホームはこれから札幌圏に向かう通勤客で一杯。なんとなく申し訳ない気分で列車を楽しむ。

あいの里教育大駅を出たころから、車窓の景色は住宅街から郊外に変わる。左右に田園地域が広がったなと思うと、目の前にがっしりした鉄橋が現れ石狩川を渡る。橋の上は相当な強風が吹くらしく窓の高さまで防風壁が建ち「すきまから川らしいもの」しか見えないのが少々残念。

この場所には、以前1934(昭和9)年製の曲弦トラス橋がかかっていたが、平成11年に現在の物に架け替えられた。全長は約1㎞ありJR北海道で最長の鉄橋、全国でも8番目の長さだという。

札沼線の北海道学園大学までは電化区間。札幌までの通勤客と沿線の通学生の列車になっており、朝は一時間に4本の列車が走る。

車内に掲げられた路線図。非電化区間の北海道学園大学以北は駅名の記載もなし。なんだかもうすでに廃線の準備が始まっているような気持になる。

石狩当別や北海道医療大学駅までは電化された通学路線。札幌駅周辺はJR北海道の数少ないドル箱となっているようで、電車も頻繁に走っている。

札幌駅から約30km。40分で石狩当別駅に到着。新十津川行きはここから発車する。

石狩当別駅のコンコースはアートスペースのようになっていた。緑色の玉子はタイムカプセル。新幹線「はやぶさ」号を思わせる形や色なので、北海道新幹線開業を記念したものかと思ったがそうではなく、1994年に設置されたものだという。20年以上前のタイムカプセルが「はやぶさ」号が走る未来を先取りしていたような気分である。

後ろにある円盤は有備館駅(陸羽東線)甲斐益10年を記念して札沼線を走った記念列車のヘッドマーク。当別市は、仙台藩岩出山伊達家の家臣団によって開拓された歴史から、旧岩出山町(現・宮城県大崎市)と姉妹都市になっている。

新十津川駅へ行く列車は一日一本だけ。この始発列車が出ると、明日の同じ時間まで列車はない。

待合室に飾られていた見どころマップ。丁寧に作られた駅員さん手作りの作品だ。

待合室から見えた札沼線のダイヤグラム。一番上の横線が新十津川駅、斜めの線が列車を示す。午前中に一日一本しかないのを実感する。

いよいよ、「札沼線」の乗車だ。もちろんここまでの区間も札沼線なのだが、こちらの方は愛称の学園都市線と呼んだ方が似つかわしいような気がする。逆に気動車が走る区間を学園都市線と呼ぶのは無理がある。JRではこの二つを区分しているのかと思ったが、時刻表を見ると終点まで「学園都市線」の愛称が付けられているので、区分けしているわけではなさそうだ。

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10
  2. 6日目《北見から美深へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 6日目《北見から美深へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  4. 江戸時代の面影を残す 絞り染めで栄えた有松【日本の古い街並み紀行…
  5. 5日目《根室から北見へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
PAGE TOP