新着記事

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:1日目《枕崎駅~熊本駅》

1日あたり2,370円で日本全国のJR線の普通・快速列車の自由席が乗り放題になる「青春18きっぷ」。青春と銘打たれてはいるが、利用年齢に制限はない。むしろ鈍行を乗り継いで行く自由きままな鉄道旅は、時間にしばられないサライ世代の特権だ。

さて今回、この「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てたのは、58歳の鉄道カメラマン川井聡さんである。ルールは5枚つづりの「青春18きっぷ」2枚分(2万3700円)、つまり5日間×2=10日間だけで達成できることと、車窓を楽しめるようになるべく日中の移動を基本にすること。

九州の南のほぼ端・枕崎駅から、北海道の北の端・稚内駅まで、列車を乗り継いで行く日本縦断3233.6kmの9泊10日の旅。いったいどんなルートをとるのだろう。さあ長い旅の始まり、始まり!

「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅《1日目》のルート

《1日目》枕崎 6:08 → 鹿児島中央 8:51

早朝、ホーム一本、線路一本の枕崎駅に立つ。数年ぶりに訪れたこの駅には、真新しい駅舎が建っていた。地元の人たちの寄付で建てられたもので軒下にはお金を出した人たちの名前が書かれていた。

廃止も一部でささやかれている路線に、高齢者らしい人たちが何百万というお金を寄付していた。「これで少しでも使う人が増えてくれたら」という思いが伝わるようだった。

長い旅が、ここから始まる。

朝6時8分発の始発列車に乗り込む。乗客は他になし。ホームには「枕崎」と「稚内」の文字が書かれた大看板が待っていた。まるでこの旅行のために特注で作ってくれたような内容に、旅気分は一気に盛り上がる。

でも、まさかこの5分後に、旅の「前途多難」を伝える車内放送を聞くことになるとは思いもしなかった。

「この列車は、鹿児島中央行き普通列車です。昨夜からの雨の影響で速度を落として運転いたします」

枕崎駅を出て最初の車内放送がこんな具合であった。運転士さんの「宣言」通り、時速は30キロ前後にスローダウン。停車駅毎に時計を見ていると、みるみるうちに予定時間を過ぎて遅れてゆく。

「アカンなぁこのままやったら最初っから乗り遅れやないの」……とは思ったものの、そもそもが普通列車を乗り継いでの気ままな旅。このぐらいのトラブルなら問題ないだろう。むしろ遅れたら遅れたでちょっと嬉しい。

稚内駅までの長い長い汽車旅は、小雨が降る中、白いディーゼルカーでスタートした。

>>次ページへ続く

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:最終10日目《旭川…
  2. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:9日目《函館駅~旭…
  3. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:8日目《ウェスパ椿…
  4. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:7日目《鶴岡駅~ウ…
  5. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:6日目《只見駅~鶴…
PAGE TOP