新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介

中山道の倉賀野宿から13番目の宿場町として栄えた栃木宿

栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には、日光東照宮へ幣帛(へいはく)を奉納する勅使が通った脇街道の「日光例幣使街道(にっこうれいへいしかいどう)」の宿場町として栄えた街だ。往時は「栃木宿」と称した。

市内を流れる巴波川(うずまがわ)は舟運が盛んで、栃木河岸は江戸との交易物資の集散地として大いに栄えた。

巴波川沿いには重厚な蔵が並び、遊覧船からその風景を楽しむこともできる

川ぞいに建つ横山郷土館。明治に、銀行と麻問屋を営んでいた建物

栃木宿の北側に位置する嘉右衛門町(かえもんちょう)は、栃木県では初となる重要伝統的建造物群保存地区に選定されている町並みだ。

保存地区は、天正期(1573〜1592年)に新田開発され、その後発展した嘉右衛門新田村を起源としている。地区の西側には巴波川が流れ、地区の中央には旧例幣使街道が南北に通っており、その街道に沿って江戸時代末期から昭和初期にかけて建てられた商家や職人の町屋建築が軒を連ねている。

時代ごとの建築様式が見られる町並みが多様な景観を作り出していることから、2012年に重要伝統的建造物群保存地区として選定された。

日光例幣使街道に町屋が軒を連ねる嘉右衛門町

巴波川から見た嘉右衛門町の景観。川沿いには平柳河岸の船着場の面影を残す

1932(昭和7)年に建てられた洋風建築の舘野家

延焼を防ぐための石壁が見られる、天海(あまがい)家住宅は、1924(大正13)年に建てられた

江戸時代には畠山家の陣屋となっていた岡田家。現在は、岡田記念館として資料館となっている

巴波川に架かる嘉右衛門橋。1927(昭和2)年の竣工で、地区で最も古い橋

栃木を代表する大正建築、岡田家翁島別宅は隠居所として、1924(大正13)年に建てられた

店舗を兼ねた蔵、見世蔵が特徴の肥料商、平澤商事

街道を北に進むと、油伝味噌(あぶでんみそ)が見えてくる。ここは江戸の天明年間(1781~89)に油屋として開業し、江戸の末期より味噌の製造を始めた味噌屋だ。店舗の一角では、天然酵母の味噌を使った、豆腐、里芋、こんにゃくの田楽が楽しめる。

創業は天明年間、老舗の味噌屋油伝味噌(あぶでんみそ)

店舗の一角で、名物の味噌田楽をはじめコーヒー、ビールや地酒なども楽しめる

糀をふんだんに使った甘めの味噌の田楽が味わえる。田楽盛合わせは530円(税込)

その賑わいから小江戸と呼ばれた栃木宿。当時の宿場町の賑わいを想いながら、川沿いに残る重厚な蔵と、旧例幣使街道の昔ながらの町並みを散策してみてはどうだろうか。

【嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区】
アクセス:JR両毛線・東武日光線で「栃木駅」下車。
車は東北自動車道、栃木インターより10分

【油伝味噌】
栃木県栃木市嘉右衛門町5-27
電話番号/0282-22-3251
営業時間/10:30~17:00(無休)

写真・文/石津祐介
ライター兼カメラマン。埼玉県飯能市で田舎暮らし中。航空機、野鳥、アウトドア、温泉などを中心に撮影、取材、執筆を行う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  2. 1日目《函館から苫小牧へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  3. 天竜浜名湖鉄道でノスタルジックな汽車旅気分を満喫する旅
  4. 【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】0日目~旅の序章《旅立ち…
  5. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
PAGE TOP