新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富山の旅】

取材・文/関屋淳子

富山県と県内13市町では、年に2回、体験型観光プログラム「大人の遊び、33の富山旅。」を展開しています。いま開催中のテーマは「Beautiful Life アート&クラフトスペシャル」。手作り体験を通して、新たな富山の魅力を感じられるプログラムが体験できます。

今回ご紹介するのは、錫の鋳物の制作体験と、マイぐい吞み作りです。その他の富山の知られざるスポットもたっぷりご紹介します。

鋳物メーカー本社で工場見学と鋳物製作体験

高岡銅器約400年の歴史のもと、世界が注目する鋳物メーカーが「能作」です。錫100%の曲がる器「KAGO」や真鍮製の風鈴などユニークなモノづくりで知られる「能作」の新社屋では、工場見学や鋳物づくり体験ができるほか、ショップやカフェも併設されていて、1か月の来場者が約1万人という、ちょっとした観光スポットとなっています。

社屋に入ってまず驚くのが、ホールの壁一面を埋め尽くすカラフルな木型。ホウノキで造られた木型は実際に生型(なまがた)鋳造で使われているもので、多くの木型を使い様々なものを作っていることが如実にわかります。

能作のホールに飾られた木型

能作の曲がる器「KAGO」

能作の工場見学(無料・要予約)では、型おこしから鋳造、ろくろ、仕上げなどの工程を辿ります。臨場感あふれる工場では若い職人さんが多く、エネルギーがみなぎります。子どもの頃の工場見学をきっかけに入社したという社員さんもいるとか。伝統産業がしっかり受け継がれていることがわかります。

身近な錫製品といえば日本酒のお燗用のちろりや酒器ですが、近年では錫の殺菌効果を利用した医療器具の分野にも進出しています。

作業風景を見学

こちらの体験工房では、富山県をかたどった錫のペーパーウェイトを製作します。原型にハートや星形、文字などのシールを貼り模様をつけ、次に木枠に原型を置き、砂を詰め、しっかり押し固め原型を外します。そこに熱した錫を流し込み冷えたら水で洗い、やすりで磨きます。

所要時間は30分ほどで、オンリーワンのペーパーウェイトが完成。他にも体験メニューとしては、ぐい吞みや小鉢づくりなどもできます(通年実施・要予約)。

型取りの作業

指導の方による高温の錫を流し込む作業

砂を落とし型抜き

完成品

能作のショップには、限定品から定番まで品揃えが豊富で、職人さん着用のお洒落なT-シャツや、老舗和菓子店とコラボしたオリジナルの和菓子などもありました。

ランチはカフェ「IMONO KITCHEN」で。錫のグラスでいただく冷水はまろやかで美味しく、野菜たっぷりのプレートはもちろん冷やした錫の器で供されます。工場見学にクラフト体験、そして美味しいランチと、能作の新社屋は、半日いても飽きない施設です。新たな観光の在り方を感じさせます。

ショップのディスプレイ

山盛りのサラダとカレーのセット

【能作】
富山県高岡市オフィスパーク8-1
電話:0766-63-5080
※オリジナルペーパーウェイト製作は1000円、2018年5月31日まで要予約

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  2. 1日目《函館から苫小牧へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  3. 天竜浜名湖鉄道でノスタルジックな汽車旅気分を満喫する旅
  4. 【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】0日目~旅の序章《旅立ち…
  5. 古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並…
PAGE TOP