新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

京都・瑠璃光院|鮮やかな青もみじの宇宙に包まれる美しき時間【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕

京都のなかでもとくに「インスタ映え」する場所として注目を集めているのが、比叡山の麓にある瑠璃光院です。もしかしたら今一番、SNS上で話題の京都の寺院かもしれません。

濃密な緑は書院の中の写経机にまで映りこみ、室内にいても、美しい森の中にいるかのような鮮やかな青もみじの世界に包まれます。通常非公開ですが、春と秋にのみ特別公開されています。

高野川の清流に沿って歩いていくと、瀟洒な山門が見えてきます。

瑠璃光院は、京都市内でも北のほうに位置する八瀬という地にあります。八瀬は、古来「矢背」とも記されたように、壬申の乱で背中に矢傷を負った大海人皇子(天武天皇)が八瀬の釜風呂で傷を癒したと伝えられている場所です。以来、貴族や武士からはやすらぎの郷として愛されてきました。

その地に静かに佇む瑠璃光院は、三条実美公ゆかりの寺院で、一万二千坪にも及ぶ広大な敷地を誇ります。大正末から昭和の初めにかけて、京数寄屋造りの名人と称された中村外二氏により数奇屋造りに大改築をするとともに、自然を借景とした名庭を佐野藤右衛門一統が造営しました。豊かな自然と建造物が調和した日本らしい美意識が生きる寺院として多くの人々に感銘を与えています。

秋のもみじライトアップが大人気でしたが、京都洛北八瀬活性化に向けた取り組みの一環で、今年初めて青もみじのライトアップも行われることになりました。夜間は、琴や尺八など楽器の演奏も行われ、さらなる幻想的な別世界へと誘ってくれます。

苔のじゅうたんで覆われた瑠璃の庭。雨上がりには苔全体が輝き、まさしく瑠璃色になるそうです。

今にも駆け上ろうとする龍を水の流れと石組で躍動的に表した、臥龍の庭。昇運の兆しをもたらしてくれるとのこと。

縁側に腰をおろし、瑠璃の庭を眺めていると、瑞々しいもみじの葉とヴェールのような苔が織りなす圧倒的な緑に時間を忘れてしまうことでしょう。ライトアップされた様は、まるで瑠璃色の宇宙空間のような眩しさがありました。

「インスタ映え」などと軽く表現できぬほど、深遠なる美しさが瑠璃光院にはあります。ぜひご自身の五感で触れてみてください。

■瑠璃光院
住所:京都市左京区上高野東山55番地
アクセス:叡山電鉄「八瀬比叡山口」駅下車 徒歩5分
拝観時間:10:00~17:00 ※春の特別拝観は6月15日までとなります。
拝観料金: 2000円
※青もみじのライトアップは、「そうだ 京都、行こう。」プラン申込者1500名限定(1日150名10日間実施)の貸切プランとなります。詳細は下記リンク先をご覧ください。

JR東海「そうだ 京都、行こう。」青もみじ御朱印めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/early-summer_sp/index.html

八瀬もみじの小径ライトアップと瑠璃光院 夜の特別拝観:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/rurikoin_yase_sp/index.html

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  2. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  3. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
  4. 愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏…
  5. “神の気”満ちる青もみじの貴船神社で心身ともにリフレッシュ【京都…
PAGE TOP