新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕

「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」

江戸時代、庶民の間でそううたわれるほど、愛宕神社は親しまれてきました。日本の原風景のような嵯峨野の地を歩いて行くと、凛とした愛宕神社の一の鳥居が見えてきます。そのたもとに「平野屋」は店を構えています。

創業400年以上の歴史があり、京の料亭へ卸す鮎問屋を営む傍ら、茶屋として多くの参詣者を魅了してきました。歴史が示す通り、食材の本来の味と食感を引き出す、洗練された美味の数々をたっぷりいただけます。

新緑の輝きに溢れる愛宕山を背景に、若葉の香りが感じられるような柔らかな風のもとで料理が提供されます。

お料理は、京都の山、川、野の幸を季節にあわせてたっぷり味わえます。筍が瑞々しい春のお料理(昼・5000円、税・サービス料別)を早速いただきましょう。

先付には、地元嵯峨で朝採りされた山菜をいただきました。旬のふきやわらびは、春の野のうまみがたっぷりです。つくしのちょっとした苦味に春を感じ、体を起こしてくれるようです。

次に出てくるのは、湯葉どうふと若竹のお刺身。若竹は朝彫りなので、清々しい食感が口の中を広がります。湯葉どうふも柔らかな甘みがあり、優しい気分にしてくれます。

ここまでたっぷりいただけるお店はないんじゃないかというくらいボリュームのある湯豆腐がいただけます。お豆腐は川端康成氏や司馬遼太郎氏の作品でも紹介された、嵯峨豆腐 森嘉さんより仕入れられているそうで、柔らかなのに腰が強い、でもなめらかさもあるという口触りのよさに身も心も翻弄されます。

続いて筍の木の芽和えです。京都の白味噌の甘みと筍の食感のバランスが絶妙で、箸がどんどん進みます。

そしてお待ちかねの鮎の甘露煮です。「鮎といえば平野屋」と呼び声の高い、鮎問屋で選び抜かれた鮎は肉厚で美味です。保津峡谷に近いことから、保津川水系の清流でとれた鮎だそうです。

6月の若鮎から、もっとも脂ののる8月、9月はお造りなどもいただけるそうですよ。夏のお料理も見逃せませんね。

締めくくりは、筍の炊き合わせと筍ご飯です。旬の筍本来の味を様々な調理法で引き出し、魅せてくださるので、若々しい春の口福感がいっぱいに広がります。

デザートは、愛宕山名物の「志んこ」です。上品な甘味をたたえる米粉でできたお団子は、かつて茶屋であったことを偲ばせるどこか懐かしい味わいです。

京都の“今だけ”しか味わない旬を心行くまで堪能できるお店です。

■平野屋
営業時間:11時30分〜19時(L.O.)
住所:京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町16
電話:075-861-0359
アクセス:JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅より車で約10分、京福嵐山線 嵐山駅より車で約10分、阪急嵐山線 嵐山駅より車で約10分、京都バス 清滝行き「62」・「72」系統でいずれも鳥居本バス停下車徒歩5分
http://ayuchaya-hiranoya.com
JR東海「そうだ 京都、行こう。」青もみじ御朱印めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/early-summer_sp/index.html

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  2. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  3. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  4. 水田玉雲堂の唐板 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田…
  5. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
PAGE TOP