新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行ってみた

取材・文/末原美裕

創業60年の歴史を持つ料理旅館「菊水」がリノベーションをし、食と時を味わう別邸「南禅寺参道 菊水」になったと聞き、早速うかがってみました。

間口の広いエントランスを抜けると、上がり框があり、思わず靴を脱ごうとしてしまいましたが、今は脱がなくていいそうで、旅館の面影を感じました。テーブルへと歩みを進めると、およそ400坪もの広大な庭園が眼前に広がります。明治の名庭師七代目「小川治兵衛」が作庭した池泉回遊式庭園で、優美な姿は今も丁寧に受け継がれています。光と緑に満ちた空間が優しく心をほぐしてくれます。

美しいレストランを訪れると、食事にも自然と期待が高まります。南禅寺といえばやっぱり湯豆腐! ということで、湯豆腐コース(5000円・税別)をいただきました。

先付は汲み上げ湯葉重ね盛り。枝豆、白木茸、干椎茸、金針花、松の実、たくさんの具材が入っているので、一口ずつ違った味わいを愉しむことができます。豆乳西京味噌だれがほんのりとした甘みを添えます。

 

前菜は鱧笹寿司。京都といえば鱧。こちらの鱧は噛めば噛むほど旨味が口の中に広がります。

 

造里は鱸昆布〆。昆布の旨味が鱸の奥深い味わいを引き出します。

 

そしていよいよお待ちかねの湯豆腐は、和モダンな器であたたかな温度を保ちながらいただけます。醤油だれと吉野あんが添えられているので、二種類の味を食べ比べてみてください。擂り生姜を湯豆腐にのせ吉野あんをからめていただくと、豆腐本来のまろやかさが際立ちます。

湯豆腐の後もアボカドや椎茸、蓮根などの揚げ物、ごはん、汁物、水羊羹と続いていただき、お腹はもちろん、心までいっぱいに満たされます。

古きよき京都の情緒や佇まいはそのままに、現在に寄り添い新しさを取り入れた菊水は、伝統を重んじるけれどあたらしもん好きな京都人の今を表しているように思えました。

敷居が高いように思えてしまいますが、ランチやディナーのほか、ティータイムもあるので気軽に訪れてみてください。美味しく、美しく、新しい京都があなたを待っています。

■南禅寺参道 菊水
営業時間:11:00~22:00 (20:00コースL.O / 21:00フードL.O)
住所:京都市左京区南禅寺福地町31番地
電話:075-771-4101
アクセス:京都市営地下鉄「蹴上」駅より徒歩7分
http://kyoto-kikusui.com

JR東海「そうだ 京都、行こう。」京都“苔”めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/koke_sp/index.html

取材・文/末原美裕
小学館を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東寺 暮らすように楽しむ、京都の朝と夜[PR]
  2. 寝室のベッドマットレスはシーリー社の特別注文品だ。朝食用に老舗『八代目儀兵衛』の米、『柳桜園茶舗』のほうじ茶が備わる。 いま泊まるべき京の宿9軒
  3. 国内旅行ランキング 2019年夏休みの国内旅行予約ランキング|6年連続で沖縄が1位!…
  4. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  5. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
PAGE TOP