新着記事

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

50歳からのカード選び|クレカの代わりになる「デビットカード」とは?

文/岩田昭男■シニアに向くデビットカードはどれだリタイア組が持つべきカードとして、こ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行ってみた

取材・文/末原美裕

創業60年の歴史を持つ料理旅館「菊水」がリノベーションをし、食と時を味わう別邸「南禅寺参道 菊水」になったと聞き、早速うかがってみました。

間口の広いエントランスを抜けると、上がり框があり、思わず靴を脱ごうとしてしまいましたが、今は脱がなくていいそうで、旅館の面影を感じました。テーブルへと歩みを進めると、およそ400坪もの広大な庭園が眼前に広がります。明治の名庭師七代目「小川治兵衛」が作庭した池泉回遊式庭園で、優美な姿は今も丁寧に受け継がれています。光と緑に満ちた空間が優しく心をほぐしてくれます。

美しいレストランを訪れると、食事にも自然と期待が高まります。南禅寺といえばやっぱり湯豆腐! ということで、湯豆腐コース(5000円・税別)をいただきました。

先付は汲み上げ湯葉重ね盛り。枝豆、白木茸、干椎茸、金針花、松の実、たくさんの具材が入っているので、一口ずつ違った味わいを愉しむことができます。豆乳西京味噌だれがほんのりとした甘みを添えます。

 

前菜は鱧笹寿司。京都といえば鱧。こちらの鱧は噛めば噛むほど旨味が口の中に広がります。

 

造里は鱸昆布〆。昆布の旨味が鱸の奥深い味わいを引き出します。

 

そしていよいよお待ちかねの湯豆腐は、和モダンな器であたたかな温度を保ちながらいただけます。醤油だれと吉野あんが添えられているので、二種類の味を食べ比べてみてください。擂り生姜を湯豆腐にのせ吉野あんをからめていただくと、豆腐本来のまろやかさが際立ちます。

湯豆腐の後もアボカドや椎茸、蓮根などの揚げ物、ごはん、汁物、水羊羹と続いていただき、お腹はもちろん、心までいっぱいに満たされます。

古きよき京都の情緒や佇まいはそのままに、現在に寄り添い新しさを取り入れた菊水は、伝統を重んじるけれどあたらしもん好きな京都人の今を表しているように思えました。

敷居が高いように思えてしまいますが、ランチやディナーのほか、ティータイムもあるので気軽に訪れてみてください。美味しく、美しく、新しい京都があなたを待っています。

■南禅寺参道 菊水
営業時間:11:00~22:00 (20:00コースL.O / 21:00フードL.O)
住所:京都市左京区南禅寺福地町31番地
電話:075-771-4101
アクセス:京都市営地下鉄「蹴上」駅より徒歩7分
http://kyoto-kikusui.com

JR東海「そうだ 京都、行こう。」京都“苔”めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/koke_sp/index.html

取材・文/末原美裕
小学館を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 7日目《美深から名寄へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  2. 7日目《美深から名寄へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【…
  4. 「苔」が美しい京都の寺4選
  5. 「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10
PAGE TOP