新着記事

木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー 古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていないテーマを、先んじて手がけてきました」【 サライ・インタビュー】 生命保険・損害保険を確認しておこう【知っておきたい災害への備え】 生命保険・損害保険を確認しておこう【知っておきたい災害への備え】 夫婦の寝室、別への分かれ道は「結婚10年目」 リアルな夫婦の寝室事情|別室への分かれ道は「結婚10年目」 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠 タイトな靴 巻き爪、外反母趾・内反小趾、腰痛|「タイトな靴」による体への影響【快適に過ごせる靴との出会いvol.9】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕

厳かな山々に囲まれ、大地きらめく、この美しい夜景は、京都・洛北に位置する「ケーブル比叡駅」からの一枚です。碁盤の目の町並みが美しく輝き、広大な盆地である京都だからこそのはっとするような夜景が望めます。

夜景の名所として有名な「ケーブル比叡駅」ですが、さらに初夏にかけて、八瀬もみじの小径と叡山ケーブル「ケーブル八瀬駅」、「ケーブル比叡駅」で初めての青もみじライトアップが行われています(5月12日〜6月10日までの土・日のみ)。

比叡山中腹へは叡山ケーブルに乗って行きましょう。標高差は日本一の561メートルを誇ります。ケーブル八瀬駅から比叡山中腹までの1.3キロメートルの道のりをケーブルカーは9分かけてゆったりと登っていきます。

青もみじを始めとする、緑萌ゆるトンネルをくぐりながら心身リフレッシュしていくのがわかります。時には鹿も顔を覗かせますよ。

自然豊かな比叡山中腹で日が沈むのを待つのも贅沢な時間。双眼鏡を覗くと、京都御所や二条城まで見えます。

一方、比叡山のふもとに位置する、八瀬もみじの小径でもライトアップが行われています。

“小径”といっても、約3,700平方メートルもの敷地を有し、もみじが群生している、知る人ぞ知る京都のお散歩スポットのひとつです。青々としたもみじがライトアップされることで、透き通るような生命の若々しさが強調されるように美しい小径となっています。

ほのかに照らされ、ロマンティックな回遊路である緩やかな上り坂を歩いて行くと、平安遷都1100年事業の成功を顕彰する「平安遷都紀念橖」や、近代京都を偲ばせるラジオ塔や水力発電所跡などの遺産を見ることができるのも、また歴史を大切にする京都らしい風情といえます。

ライトアップされ、ますます凛として見える、平安遷都紀念橖。

いつもとは違った顔が見られるような、大人の新緑散歩を楽しみに来てください。

■叡山ケーブル・八瀬もみじの小径
住所:京都市左京区上高野東山12番
電話:075-781-4338
アクセス:叡山電鉄「八瀬比叡山口」駅下車 徒歩5分
ケーブルカー(ケーブル八瀬駅〜ケーブル比叡駅)運賃: 1080円(大人・往復)
http://eizan.keifuku.co.jp
JR東海「そうだ 京都、行こう。」青もみじ御朱印めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/early-summer_sp/index.html
八瀬もみじの小径ライトアップと瑠璃光院 夜の特別拝観:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/rurikoin_yase_sp/index.html

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
  2. うずらがゆ 「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定…
  3. 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【…
  5. 歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行…
PAGE TOP