新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール工場」見学ツアーを体験!

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

一人当たりのビール消費量が世界第二位の国、アルプスの小国オーストリア。

ビールの国として世界的に知られる、隣国のチェコやドイツと比べても影の薄いオーストリアですが、一人あたりの年間消費量は100リットルを超え、国内には約170のビール醸造所があります。オーストリア産のビールの輸出量は少なく、ほぼ国内消費に回されますが、実は種類も多く、味わい深く、世界第二位のビール消費量を支えています。

今回は、そんなオーストリアの少し変わったビール事情をご紹介しつつ、ビール工場見学にご案内します。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

●オーストリアのビールの特徴

ビール工場が各都市にあり、地域ごとに独自のビールが作られ、愛されているオーストリア。スーパーのビールコーナーには、何十種類ものビールが並んでいます。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

メジャーなビールメーカーが10社以上もある上、それぞれが10種類以上のビールを発売していて、何を買えばいいのか迷ってしまいます。

まずは、オーストリアビールの種類の違いからご紹介しましょう。

まず、普通のビールはHelles(へレス。「明るい」という意味)。そして黒ビールがDunkles(ドゥンケルス。「暗い」という意味)と呼び、どのビールメーカーも発売しています。また、ハーフ&ハーフはGemischtes(ゲミシュテス)といいますが、ビアホールなどで注文することができます。

更に、白く濁った無濾過のZwickl(ツヴィックル)は、ビール酵母やビタミンを多く含む、豊かな味わいで人気です。また、小麦を原料にした上面発酵のヴァイツェンビール(別名ヴァイスビール、白ビール)なども人気です。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

また、冬に季節限定で飲むことのできるBockbier(ボックビア)は、重厚な風味が特徴的。アルコール度が6.5パーセント以上と高いので、飲みすぎに注意が必要です。

そして、オーストリア独特な飲み方として「ラードラー」があります。これは直訳すると「自転車乗りのビール」。スポーツしながらでもビールを楽しみたいオーストリア人にとって、ビールとレモネードのような炭酸系の飲み物を半々で割った「ラードラー」は、アルコール少なめで、糖分も取れて元気が出るということで、邪道なようでいて、とてもメジャーな飲み方です。

●ビール工場の歴史

様々な種類や飲み方が楽しまれている、オーストリアのビール。

今回は、ウィーンから1時間半ほど西、オーストリアの森林地方にあるZwettler(ツヴェットラー)ビール工場を取材してみました。

ビール王国チェコの国境から近いこともあり、このあたりはオーストリア有数のビールの産地。周辺の町や村でも、有名なビール工場が立ち並んでいます。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

ここには、ビールに欠かせない三つの要素がそろっています。チェコのビールづくりでも使われる、「ボヘミアの軟水」に加え、この地方で作られた良質なホップと麦芽。

この地方は、16世紀から修道院でビール醸造が行われていた、筋金入りのビール産地。1708年に作られた醸造所は、1890年から今に至るまで、5世代にわたって家族経営が続けられています。現在の従業員は約100人。国内4位のシェアを誇ります。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

●工場見学

このZwettlerビール醸造所では、飲み放題の試飲付き工場見学を開催しています。2~3時間かけて、ゆっくりとビールの製造工程を巡り、何種類ものビールを味わうことのできる、人気のツアーです。

醸造所の工場見学では、まず、厳選された原料へのこだわりや、この地方の醸造技術の歴史の紹介を受けます。オーストリアの僻地に近い地方ですが、ビール作りの歴史と伝統は本物です。

見学ルートを進むと、大量のビール瓶や樽、運搬用トラックが並ぶビール倉庫を通り、ビール工場の心臓部ともいえる、Kessel(ケッセル)と呼ばれる巨大な仕込みタンクが並ぶ一室を見ることができます。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

中庭に出ると、巨大な貯蔵タンクがそびえたち、最後にベルトコンベアに載せられた殺菌消毒と瓶詰行程などを見学することができます。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

ビール工場としてはかなり規模が大きく、2時間ほどかけて様々な工程を歩いてみて回ることができ、解説の映像も合わせ、ビールづくりの秘訣を知ることができます。また、工場見学の間中、ビールの匂いに包まれるので、ビール好きの人にはたまらないツアーになることでしょう。

最後に飲み放題の試飲を楽しむことができるのも、この工場見学の魅力。地元産の肉やチーズが載った大きなオープンサンドをおつまみに、12種類のビールを、ゆっくり時間をかけて好きなだけテイスティングできます。

世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学

ここで飲むことができるのは、ピルスナー、黒ビール、ボックビール、無濾過のツヴィックル、ラードラーなど。ここでしか飲むことのできない種類のビールもあります。

特におすすめなのが、Saphir(サフィア)と呼ばれる風味豊かなピルスナービール。その名の通りSaphirという名の高価なホップを使用した、大人のドライな味わいが魅力。また、深い金色の輝くボックビールは、アルコール度も高く、飲みごたえのあるビールです。

試飲のできるホールでは、お土産用のビールやグラスも売られているので、ゆっくり気に入ったビールを買って帰ることもできます。

* * *

オーストリアのビール文化と工場見学、いかがだったでしょうか。日本ではあまり知られていないからこそ、その味わい深い世界を一度のぞいて、未知のビールの世界を味わってみてください。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. シュテファン大聖堂 「悪魔の呪い」「巨人の骨」「反ナチスの暗号」|シュテファン大聖堂…
  3. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  4. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  5. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
PAGE TOP