新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。

文/藤田達生(三重大学教授)

「半島をゆく」しまなみ海道編・瀬戸内の旅の2日目は、日本画家平山郁夫氏(1930~2009)の生誕地に接する向上寺(生口島=広島県尾道市瀬戸田町)からスタートした。

しまなみ海道の開通の記念に、平山画伯は「しまなみ海道五十三次」と題して60点の水彩素描画を描き下ろしたのだが、この寺院を画材にするものは4枚も描いている。故郷への愛着がなせるものであろう。私たちは潮音山上のスケッチポイントに立ち、晴天のなか甍光る向上寺三重塔を飽きることなく眺めた。

向上寺はしまなみ海道の生口島(尾道市瀬戸田町)に鎮座。境内の三重塔は国宝。

一重目がわずか3間(6メートル弱)のスリムな三重塔は、永亨4年(1432)に建立されたもので、国宝の三重塔の中では最も新しいものだそうだ。各重に趣のある花頭窓を配し、四隅の親柱の飾り付けには珍しい逆蓮華(蓮の花を逆に かぶせた形)が見られる。

永享5年(1398)8月6日付で、将軍足利義教は小早川守平に生口島地頭職を安堵している。向上寺は、応年7年に当地の地頭となった守平が瀬戸田の港からよく見える潮音山に一寺を建立し、臨済宗佛通寺派の高僧愚中周及(1323~1409)を迎えて開いたという。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 備後「瀬戸内しまなみ海道」に村上海賊の史跡を訪ねた【半島をゆく …
  2. 異界の入り口!国東半島「六郷満山」名所ツアー【半島をゆく 歴史解…
  3. 八幡神社の総本山!国東半島「宇佐神宮」を訪ねた【半島をゆく 歴史…
  4. 宇佐の地方神「八幡神」が“国家神”となった衝撃的な事件とは【半島…
  5. 【トークイベント】 「本能寺の変」の真相を語り尽す!安部龍太郎さ…
PAGE TOP