新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。

文/藤田達生(三重大学教授)

「半島をゆく」しまなみ海道編・瀬戸内の旅の2日目は、日本画家平山郁夫氏(1930~2009)の生誕地に接する向上寺(生口島=広島県尾道市瀬戸田町)からスタートした。

しまなみ海道の開通の記念に、平山画伯は「しまなみ海道五十三次」と題して60点の水彩素描画を描き下ろしたのだが、この寺院を画材にするものは4枚も描いている。故郷への愛着がなせるものであろう。私たちは潮音山上のスケッチポイントに立ち、晴天のなか甍光る向上寺三重塔を飽きることなく眺めた。

向上寺はしまなみ海道の生口島(尾道市瀬戸田町)に鎮座。境内の三重塔は国宝。

一重目がわずか3間(6メートル弱)のスリムな三重塔は、永亨4年(1432)に建立されたもので、国宝の三重塔の中では最も新しいものだそうだ。各重に趣のある花頭窓を配し、四隅の親柱の飾り付けには珍しい逆蓮華(蓮の花を逆に かぶせた形)が見られる。

永享5年(1398)8月6日付で、将軍足利義教は小早川守平に生口島地頭職を安堵している。向上寺は、応年7年に当地の地頭となった守平が瀬戸田の港からよく見える潮音山に一寺を建立し、臨済宗佛通寺派の高僧愚中周及(1323~1409)を迎えて開いたという。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴…
  2. 平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解…
  3. 紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴…
  4. 房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半…
  5. ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下…
PAGE TOP