新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽部】(2018年2月号)

岩手県の鈴木充さん(67歳)から届いたコスモスとセセリチョウの写真。こんなストローで蜜を吸うのはどんな気分なのでしょう。

*  *  *

「ウイスキー基本の(き)」(12月号)を読み、50年前、まだ学生の頃に、寿屋(サントリー)のスタンドバーにて友人とともに飲んだことが突然思い出されました。酒を口にした原点でした。給料が安い若い時はサントリーレッド、30代になってサントリーホワイト、40代になって角。その後、ダルマ(オールド)に行く前に、バランタインが気に入り、たしなんでいました。昨年体を壊し、周囲から「酒が飲めなくなって残念ですね」なんて言われますが、今までおいしく飲んできたので悔いはないと思うようにしています。しかし、少々やせがまんしているのが本心です。1月号は日本酒特集。この2か月は、私にとって『サライ』は酷な本ですネ。
(宮崎政己/神奈川県・71歳)

*  *  *

12月号の特集に、目から鱗が落ちた。日本は世界5大ウイスキーの産地であり、小さな蒸溜所を核にした新たな挑戦が始まっているという。「サライ・インタビュー」で101歳の精神科医・髙橋幸枝さんが語る《お酒ってなんておいしいお飲み物なのでしょう(笑)》という言葉に救われ、俄に美酒を求める旅に誘われたような高揚感に満たされている。
(伊藤邦美/長野県・69歳)

*  *  *

ウイスキーのハイボールを自分流で楽しんでいますが、山梨県の白州蒸溜所をこの夏に訪れたこともあり、12月号の特集を一段と興味ぶかく感じました。これからも蒸溜所を訪ね、旅先の温泉に入りながらウイスキーを楽しみたいと思っています。
(赤田伊佐雄/長野県・65歳)

*  *  *

千葉県の奥山道子さん(71歳)より。ゴトンゴトンという音に揺られながら本の世界に思いをめぐらす、のんびりした至福の時間。

*  *  *

「水墨画で寿ぐ年賀状」(12月号)を読みながら、三年前に受講したカルチャーセンターの講座を思い出しました。ひと筆で濃淡を表す「三墨法」を教わり、まずは竹と笹を描いたことを覚えています。直筆と側筆のおさらいをしながら、美しい竹の年賀状に挑戦したいと思っています。
(蜂谷圭子/岐阜県・38歳)

*  *  *

「展覧会情報」を楽しみにしています。11月号掲載の「北斎展」と「長沢芦雪展」に行ってきました。北斎のこの世に一点しか存在しない肉筆画にうっとり。芦雪のユーモアあふれる絵には、思わず笑みがこぼれてしまいました。甲乙つけがたい横綱相撲。数多の作品群にフルコース料理を二晩続けて食べたように感じ、充実した“芸術の秋”になりました。
(中村元紀/三重県・55歳)

*  *  *

10月号の「京都人が通う老舗食堂」で懐かしい顔を見つけました。『常盤』の4代目店主・山西さん。50年前、大学の放送サークルで私が番組を作成したとき、スクリプトに先輩・山西さんの名前を書いたことがありました。下の名前にある字が珍しかったた、記憶に残っていたのです。氏が老舗の御曹司だったとは知らなかったし、学生時代は厳つい強面の顔で、写真のように柔和ではありませんでした。もしかしたら、あの山西さんかも、とサークルの古い名簿で確認。間違いない。サークル時代の仲間3名にメールで知らせたら、3人とも直ちに『サライ』を買ったとの返事でした。
(近藤雅晴/福岡県・73歳)

*  *  *

中田喜子さんのご活躍は『プレバト!!』(TBS系)で拝見していましたが、10月号「人生を変えたこの一冊」を読み、必ず歳時記をカバンに入れて出かけるとのこと。何事も弛まぬ努力あってのことなのだなあと思いました。

(板倉愛子/埼玉県・53歳)

*  *  *

「十字語判断」が大好きです。クロスワードパズルが大ブームの昭和30年頃、『サンデー毎日』を皮切りに各週刊誌が競ってクロスワードパズルを掲載しました。応募には折り込みの用紙が必要で、どちらともつかない落とし穴が7、8か所あり、何冊買って応募しても正解にたどりつくのは至難でした。伊勢湾台風の年(昭和34年)の秋、突然、「当選おめでとう」の電報が来て、ビックリ。20万余通のうち正解は3人。賞金20万円を等分して、一人だけの副賞、軽自動車が当たりました。当時は自家用車が珍しい時代。その車を売って、結婚資金にしたのを懐かしく思い出します。
(上田 進/兵庫県・82歳)

*  *  *

先だって父が亡くなり、父が残してくれたこのハガキで何か書きたくなり、お便りしました。父が小さい頃は、どんなに頭が良くても中学校にすらいけない時代で、ずいぶん苦労したようです。今では当たり前のことができなかったときに生まれて、一度も不幸だったと言わなかったのが、今うれしいです。晩年は寝たきりになって、父も私もずいぶん苦しみました。今は安住の地で楽しくやっていると願うばかりです。
(松井一郎/兵庫県・52歳)

*  *  *

本誌読者サロンへの投稿

メールに住所・氏名・年齢・(働いている方は)職業・電話番号を明記の上、メールアドレス serai@shogakukan.co.jp 宛てにお送りください。

お便りは、誌面の都合上、多少、割愛または補足させていただくことがあります。また、本欄及び編集部にお送りいただきましたお便りや絵・写真、文書、資料などは、お返しできません。ご了承ください。

メールを掲載させていただいた方には、こちらの「駱駝マーク入り携帯用両眼ルーペ」を差し上げます。レンズを目に当てて使うと、小さな文字がよく見えます。極薄で、レンズを持ち手に収納すればカード入れに入ります。

※この記事は『サライ』本誌2018年2月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作…
  2. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
  3. 【インタビュー】小林稔侍さん(俳優)「高倉健さんとの出会いが、僕…
  4. 【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年…
  5. 警視庁物語 深夜便130列車|刑事ものドラマの先駆け【サライ名画…
PAGE TOP