新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

本誌情報

みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽部】(2018年2月号)

岩手県の鈴木充さん(67歳)から届いたコスモスとセセリチョウの写真。こんなストローで蜜を吸うのはどんな気分なのでしょう。

*  *  *

「ウイスキー基本の(き)」(12月号)を読み、50年前、まだ学生の頃に、寿屋(サントリー)のスタンドバーにて友人とともに飲んだことが突然思い出されました。酒を口にした原点でした。給料が安い若い時はサントリーレッド、30代になってサントリーホワイト、40代になって角。その後、ダルマ(オールド)に行く前に、バランタインが気に入り、たしなんでいました。昨年体を壊し、周囲から「酒が飲めなくなって残念ですね」なんて言われますが、今までおいしく飲んできたので悔いはないと思うようにしています。しかし、少々やせがまんしているのが本心です。1月号は日本酒特集。この2か月は、私にとって『サライ』は酷な本ですネ。
(宮崎政己/神奈川県・71歳)

*  *  *

12月号の特集に、目から鱗が落ちた。日本は世界5大ウイスキーの産地であり、小さな蒸溜所を核にした新たな挑戦が始まっているという。「サライ・インタビュー」で101歳の精神科医・髙橋幸枝さんが語る《お酒ってなんておいしいお飲み物なのでしょう(笑)》という言葉に救われ、俄に美酒を求める旅に誘われたような高揚感に満たされている。
(伊藤邦美/長野県・69歳)

*  *  *

ウイスキーのハイボールを自分流で楽しんでいますが、山梨県の白州蒸溜所をこの夏に訪れたこともあり、12月号の特集を一段と興味ぶかく感じました。これからも蒸溜所を訪ね、旅先の温泉に入りながらウイスキーを楽しみたいと思っています。
(赤田伊佐雄/長野県・65歳)

*  *  *

千葉県の奥山道子さん(71歳)より。ゴトンゴトンという音に揺られながら本の世界に思いをめぐらす、のんびりした至福の時間。

*  *  *

「水墨画で寿ぐ年賀状」(12月号)を読みながら、三年前に受講したカルチャーセンターの講座を思い出しました。ひと筆で濃淡を表す「三墨法」を教わり、まずは竹と笹を描いたことを覚えています。直筆と側筆のおさらいをしながら、美しい竹の年賀状に挑戦したいと思っています。
(蜂谷圭子/岐阜県・38歳)

*  *  *

「展覧会情報」を楽しみにしています。11月号掲載の「北斎展」と「長沢芦雪展」に行ってきました。北斎のこの世に一点しか存在しない肉筆画にうっとり。芦雪のユーモアあふれる絵には、思わず笑みがこぼれてしまいました。甲乙つけがたい横綱相撲。数多の作品群にフルコース料理を二晩続けて食べたように感じ、充実した“芸術の秋”になりました。
(中村元紀/三重県・55歳)

*  *  *

10月号の「京都人が通う老舗食堂」で懐かしい顔を見つけました。『常盤』の4代目店主・山西さん。50年前、大学の放送サークルで私が番組を作成したとき、スクリプトに先輩・山西さんの名前を書いたことがありました。下の名前にある字が珍しかったた、記憶に残っていたのです。氏が老舗の御曹司だったとは知らなかったし、学生時代は厳つい強面の顔で、写真のように柔和ではありませんでした。もしかしたら、あの山西さんかも、とサークルの古い名簿で確認。間違いない。サークル時代の仲間3名にメールで知らせたら、3人とも直ちに『サライ』を買ったとの返事でした。
(近藤雅晴/福岡県・73歳)

*  *  *

中田喜子さんのご活躍は『プレバト!!』(TBS系)で拝見していましたが、10月号「人生を変えたこの一冊」を読み、必ず歳時記をカバンに入れて出かけるとのこと。何事も弛まぬ努力あってのことなのだなあと思いました。

(板倉愛子/埼玉県・53歳)

*  *  *

「十字語判断」が大好きです。クロスワードパズルが大ブームの昭和30年頃、『サンデー毎日』を皮切りに各週刊誌が競ってクロスワードパズルを掲載しました。応募には折り込みの用紙が必要で、どちらともつかない落とし穴が7、8か所あり、何冊買って応募しても正解にたどりつくのは至難でした。伊勢湾台風の年(昭和34年)の秋、突然、「当選おめでとう」の電報が来て、ビックリ。20万余通のうち正解は3人。賞金20万円を等分して、一人だけの副賞、軽自動車が当たりました。当時は自家用車が珍しい時代。その車を売って、結婚資金にしたのを懐かしく思い出します。
(上田 進/兵庫県・82歳)

*  *  *

先だって父が亡くなり、父が残してくれたこのハガキで何か書きたくなり、お便りしました。父が小さい頃は、どんなに頭が良くても中学校にすらいけない時代で、ずいぶん苦労したようです。今では当たり前のことができなかったときに生まれて、一度も不幸だったと言わなかったのが、今うれしいです。晩年は寝たきりになって、父も私もずいぶん苦しみました。今は安住の地で楽しくやっていると願うばかりです。
(松井一郎/兵庫県・52歳)

*  *  *

本誌読者サロンへの投稿

メールに住所・氏名・年齢・(働いている方は)職業・電話番号を明記の上、メールアドレス serai@shogakukan.co.jp 宛てにお送りください。

お便りは、誌面の都合上、多少、割愛または補足させていただくことがあります。また、本欄及び編集部にお送りいただきましたお便りや絵・写真、文書、資料などは、お返しできません。ご了承ください。

メールを掲載させていただいた方には、こちらの「駱駝マーク入り携帯用両眼ルーペ」を差し上げます。レンズを目に当てて使うと、小さな文字がよく見えます。極薄で、レンズを持ち手に収納すればカード入れに入ります。

※この記事は『サライ』本誌2018年2月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作…
  2. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
  3. 【インタビュー】小林稔侍さん(俳優)「高倉健さんとの出会いが、僕…
  4. 【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年…
  5. 警視庁物語 深夜便130列車|刑事ものドラマの先駆け【サライ名画…
PAGE TOP