新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

東京湾岸に築かれた「近代要塞」砲台跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島2】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。

文/藤田達生(三重大学教授)

幕末の日本人の度肝を抜いたペリー艦隊(ペリー記念館のジオラマ)

幕末の日本人の度肝を抜いたペリー艦隊(ペリー記念館のジオラマ)

嘉永6年(1853)6月3日、ペリー提督に率いられた旗艦サスケハナ号をはじめとする4隻の軍艦は浦賀沖に投錨した。軍艦には、各20門で合計100門近い大砲が装備されていた。その内訳は、10インチ砲2門、8インチ砲19門、32ポンド砲43門で、射程距離は2キロから3.5キロもあった。

これに対して、江戸湾岸に配備された台場の大砲は100門近くはあったが、対応可能なものは20門ほどだったという。もしもペリー率いる4隻の軍艦が江戸湾の奥深く侵入した場合、その艦砲射撃によって、江戸が壊滅的な被害をこうむる可能性は少なからずあった。

6月4日に、ペリーは白旗2旒と添書きを浦賀奉行に扮した浦賀奉行所与力・香山栄左衛門らに手渡した。白旗とは降伏のメッセージであることは、当時の日本人にはわからなかったのであるが、添書きには次の大意が認められていた。

すなわち、数年来ヨーロッパ諸国は日本政府に対して通商の願いを出していたが、それは認められなかった。しかしそれは「天理に背く」ことであって、通商が認められないならば、我らは武力をもって罪を糾さんとしたい。戦争になれば、我らが勝利するであろう。

ペリーは、武力でもって幕府に対して開国を迫ったのである。6月6日には、浦賀湾から江戸湾に測量隊を派遣し、護衛のため軍艦1隻を付け、品川沖では威嚇の号砲を放っている。水深の測定と上陸地点を策定するための測量であることは明らかで、幕府に露骨に圧力をかけるための示威行動だった。

これを画期として軍艦の建造と砲台建設の動きが、三浦半島から沸き起こった。軍艦の建造は、翌年に浦賀奉行所の与力・中島三郎助らが洋式軍艦・鳳凰丸を建造したことは前回述べたとおりであるが、ここではヘダ号についてもふれておきたい。

安政元年(1854)11月4日に、下田に停泊していたロシア使節プチャーチン一行が乗っていたディアナ号が津波によって大破してしまった。そこでプチャーチンは、幕府に帰国用の洋式帆船の建造を要求した。

幕府は、駿河国戸田村(静岡県沼津市)での建造を許可し、地元の船大工に突貫工事を命じた。結果、わずか3か月で60人乗りの洋式帆船が完成した。鳳凰丸といいヘダ号といい、当時の日本人のものづくり技術には驚かされる。

このことについては伊豆半島編でもふれたが、ヘダ号の視察に浦賀奉行所は中島ら与力と船大工たちを送り込んだ。無論そのねらいは、造船技術と海戦の仕方の習得にあった。

東京湾岸に築かれた「近代要塞」

保存状態が良好な千代ケ崎砲台跡

保存状態が良好な千代ケ崎砲台跡

さて、浦賀奉行所を後にした私たちは、千代ヶ崎砲台跡をめざした。もともとここには、平根山台場があったが、本格的な要塞は明治25年12月に起工し、同28年2月に竣工したという。東京湾フェリーがつなぐ、観音崎(横須賀市)と富津(千葉県富津市)のラインは、江戸湾を守るために死守せねばならない防御線だった。

そのために、三浦半島には明治30年代までに30を超す砲台(近代要塞)が築かれた。これを、東京湾要塞と総称する。房総方面が水深が浅いのに対して、浦賀近郊は水深が深く、洋式軍艦の航路になる可能性が大だったからだ。千代ヶ崎砲台は、典型的な砲台遺構で、調査・整備が進んでいる。

千代ヶ崎砲台は、旧台場を要塞に改修したものである。車で坂道を登ると石垣の柵門にぶつかる。門を開けていただき進むと、正面は大規模土塁である。奥の要塞を見せないようにする配慮からの普請だろう。

私たちは、まず山上に向かい、大規模なすり鉢状の三つの砲座の跡を観察した。ひとつの砲座に、二砲床(榴弾砲)が備え付けられていたことがわかる。ここでは、往時の発射風景の古写真を拝見した。

明治時代には二十八糎砲が据えられた(日露戦争時は二百三高地に拠出された)

それは、台座に巨大な榴弾砲が据え付けられ、上空めがけて発射しているものである。山上の要塞は榴弾砲の基地だったが、すり鉢状で外からは見えにくくしているために、海上の敵船からはどこから発射されているのか発見するのが難しかったであろう。

次に私たちは、地下の遺構を見学した。弾薬庫と兵舎やそれに伴う施設は、地下に設けられていたのである。砲座の右側地下にオランダ積みと言われるレンガ積みの隧道が続き、その右側に貯水所、左側に兵舎そして弾薬庫が配置されている。

ヘルメットを被って弾薬庫に入って懐中電灯で照らすと、天井には大砲に弾薬を供給する揚弾井の穴が確認できた。私たちは、地下から砲座に出て、上から見るのとは違った景色を観察したが、伝声管が残っていたのには驚いた。

海防に関与した幕臣たち

近世城郭は、火器の導入に刺激を受けて誕生したと言われる。たとえば、豊臣秀吉の大坂城天守に大砲が備えられていたように、あるいは藤堂高虎の伊予今治城の櫓に大砲狭間(復元されている)があったように、高層の建造物は大砲の発射台としても機能したのである。

大坂の陣では外郭の櫓から大砲が終日発射されたといわれるが、これは敵の城内侵入を阻むためのものだった。当時は、攻城戦に多数の大砲を持ち込むことは不可能だったから、防御には有効だったといえる。日本の道はぬかるみやすかったから、大砲に車を付けることができず、足軽が数百キロもある重量の大砲をかついで戦場に運ばねばならなかった。

幕末になって洋式軍艦からの攻撃に対処すべく普請した台場(砲台)は、近代要塞だった。低層の石材やレンガ造りの砲台と土塁などの関連施設を、要衝に配置したのである。日本では、江戸幕府が一国一城令で城郭を整理したり、大型船舶や洋式軍艦の建造を禁じた結果、ヨーロッパのような城郭の要塞化は幕末を待たねばならなかった。

前回に登場した浦賀奉行所の与力・中島三郎助のように、洋式軍隊を建造したり台場を普請したり五稜郭に籠もったりと、幕府の危機に対応して幕臣たちは軍備の近代化に積極的に関与したのである。言うまでもないが、五角形の星形の縄張りをもつ五稜郭も、堡塁の先端から死角をなくすためのもので、洋式要塞の技術を投入したものである。

続いて、私たちは走水低砲台跡をめざした。そこに向かう途中の観音崎の先端には、灯明台つまり江戸時代の灯台が復原されていた。江戸時代初期の寛永年間に、海防のために全国規模で遠見番所と灯明台を配置したことは、牡鹿半島編でふれた。加えて、幕末には各藩が異国船来航に備えて台場を多数建設した。とりわけ江戸湾には、幕府の手によって集中的に設置されたのである。

走水低砲台跡は、観音崎の北に設置されたもので、カノン砲の砲座が4か所残存している。千代ヶ崎砲台より遥か早い明治18年に着工し、翌年に竣工している。日清・日露の二つの戦争に際して、江戸湾への敵軍の侵攻を意識して普請したものであった。ここには、砲台跡のみならず、兵舎や観測所そして小隊長掩壕など非常によく残存していた。

走水低砲台の遺構

走水低砲台の遺構

ペリーが上洛したのは、浦賀湾の南隣の久里浜だった。私たちは、続いて久里浜のペリー公園に向かった。

ペリー公園では、晴天のもと、上陸地に建立された立派な記念碑が輝いていた。ペリー記念館も併設されており、彼の人生が解説されていた。10人の子宝に恵まれたペリーであるが、日本への「遠征」が晩年の大きな任務だった。実は、来航時には体調が優れなかったようで、1858年3月4日にニューヨークで死去している。享年は63歳だった。

「海の関所」だった浦賀奉行所とその関係者の幕末の動きは、ペリー来航以降、多難を極め、箱館戦争まで続いたのである。江戸湾の入り口から、近代国家への動きがはじまったとみることも十分可能であろう。

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

※『サライ』本誌の好評連載「半島をゆく」が単行本になりました。
『半島をゆく 信長と戦国興亡編』
安部 龍太郎/藤田 達生著、定価本体1,500円+税、小学館)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09343442

『半島をゆく 信長と戦国興亡編』 1500円+税

「半島をゆく《歴史解説編》」の記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島…
  2. 人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆ…
  3. ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴…
  4. ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島…
  5. ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴…
PAGE TOP