新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:3日目《宮島口駅~名古屋駅》

「青春18きっぷ」だけを使って行ける日本縦断の大旅行を企てた、58歳の鉄道カメラマン川井聡さん。南九州の枕崎駅から、北海道の最北端・稚内駅まで、列車を乗り継いで行く日本縦断3233.6kmの9泊10日の旅が始まった。

3日目は早朝の宮島口駅から出発だ。

2日目《熊本駅~宮島口駅》の様子はこちらから!

『サライ』8月号では「青春18きっぷ」の旅を大特集! 川井さんの旅の全行程も載っています。
↓↓↓
https://serai.jp/news/216861

「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅《3日目》のルート

《3日目》宮島口 6:49~ 八本松 8:01

快晴の朝7時。観光地のせいか、宮島口の町はまだ静か。名物「あなごめし」の店はまだ閉まっている。でも店の中からはショーユと砂糖でアナゴがクツクツ煮られるいい香り。これはたまらん!

タレの魅力的な匂いに「このまま発売まで待っていようか」と思うほどであったが、思いを振り切って駅へ駆け込む。

なにしろ今日の乗車予定は550km。一日の距離としては今回の旅程で最長となる。おまけに京阪神を抜けるので、かなり混雑するのは間違いない。荷物も多いので、いちど座れば終点までほぼ座りっぱなしだろう。きっと、のんびりと忙しい旅になる。

ホームまでタレの香りが追っかけてくる宮島口で、7時11分発の糸崎行きを待つ。「本日は朝からダイヤが乱れています」という案内放送をとともにやってきたのは6時49分発の西条行き。乗り換え予定の糸崎駅の手前だが、せっかくやってきた電車なので乗車する。どこかでボーナス途中下車をたのしもう。

そうして途中で下車したのは八本松駅。山陽本線最大の難所として知られる瀬野駅~八本松駅間の端にある駅だ。

橋上の駅舎を降りたところに昔の駅舎がほぼそのまま残されていた。昭和40年代に今の駅に移って以降、倉庫として使われているという。駅舎として引退してから半世紀ほど経つというのに、ずいぶん綺麗に残されている。今どんな使われ方をしているのか。もう少し調べてみたかったが時間切れ。次回訪問の宿題ができてしまった。

ホームに戻ると、鮮やかな色が目に入った。エキゾチックな6人組。話を聞いてみたら、ネパールからきて、今は東広島市に住んでいるという。

八本松駅での下車時間は結局20分ほど。オマケの途中下車だけど、短いなりに楽しかった。列車の旅は、乗る楽しみと降りる楽しみだと実感する

まもなく、宮島口駅から乗車する予定だった糸崎行きの“RED WING”が、少しだけ遅れて入線してきた。

《3日目》八本松 8:15 ~ 糸崎 9:05

糸崎駅に到着。ここは明治時代の一時期は、山陽鉄道の終点だった。そんなこともあって今も構内には電車の留置線がたくさん並んでいる。

近所にある工場から流れてくるのは、昭和の工場地帯を思い起こさせる不思議な臭い。ちょっと苦手だが、ちょっと懐かしい。

ここで次の和気行きの黄色い電車に乗り換える。朝からの遅れでダイヤが乱れているため、別の列車の乗り換えを待って発車した。

もうすぐ瀬戸内海が見えてくるはずだ。

>>次のページへ続く。

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 音威子府駅|日本最北の「駅そば」は国鉄時代から続く伝統の味【“青…
  2. 最終10日目《旭川駅~稚内駅》【実録「青春18きっぷ」で行ける日…
  3. 9日目《函館駅~旭川駅》【実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断…
  4. 8日目《ウェスパ椿山駅~函館駅》【実録「青春18きっぷ」で行ける…
  5. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:7日目《鶴岡駅~ウ…
PAGE TOP