新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

絵葉書のように美しい!ノルウェー「ロフォーテン諸島」の見どころ

©Innovation Norway

ノルウェーといえば、切り立つフィヨルドや氷河が織りなす海の絶景をまず思い出すことだろう。ご存知のとおり、複雑に入り組んだ地形を特徴とする湾や入り江のこと。氷河の浸食作用により、長い時間をかけて形成されたものであるだけに、自然の力を実感せざるを得ない。

しかし当然のことながら、ノルウェーの魅力はフィヨルドだけではない。たとえば注目したいのが、ノルウェー人にとっても観光地として馴染み深い「ロフォーテン諸島」だ。スカンジナビア半島の北側にあたる北極圏に位置するロフォーテン諸島は、自然大国としてのノルウェーの美しさを凝縮したような魅力を備えていながら、日本ではほとんど知られていない秘境なのである。

今回はロフォーテン諸島を中心としたノルウェーのおすすめポイントや見どころについて、ワールド航空サービスの北欧担当・菊間陽介さんに伺った。

■海と岩の織りなす絶景

©Innovation Norway

ロフォーテン諸島の魅力といえば、大小無数の島々が点在する多島美だ。海と岩の織りなす絶景は、まるで絵画のよう。険しい岩山が無数に連なる景観も、「まるでアルプスが海に沈んでいるようだ」と形容される。

ちなみにこれらの岩山は、氷河の浸食によって削り出されたもの。実はその大部分は、海の中に隠されているのだという。つまりは、アルプスの山並みの山頂近くの部分だけが、海の上にそそり立っているようなものなのである。

岩山は、高いものでは1000メートルを超えるというが、印象的なのはその麓(ふもと)。急勾配の岩山にへばりつくかのように、カラフルな家々の並ぶ小さな村がとても印象的なのである。係留された船の数々にもかわいらしい印象があり、それらすべてが絵葉書のような美しさを演出している。

「ロフォーテン諸島はそのダイナミックな自然景観から、ノルウェーの国家プロジェクトの「ナショナルツーリストルート」のひとつとして認定されています。これは、景観が素晴らしい道に、自然と融合できるようなモダンアートで彩るというものですが、車で走るだけでも見どころのある道に更なるアクセントを加えてくれます。」(ワールド航空サービス菊間陽介さん)

■島々を巡るドライブやクルーズ

レイネ ©Innovation Norway

なお、島と島の間は多くが橋で結ばれているため、車で渡ることも可能だ。「ロフォーテンのベネチア」とも称されるヘニングスヴァーや、諸島最西端にあたる町オーなどへのドライブは格別のひとこと。

車窓を眺めているだけでも飽きないのは、ダイナミックな岩山、かわいらしい村、のどかな港と漁村など、それぞれが個性的で美しい光景が次々と現れるから。雄大な自然と長い歴史を、存分に感じ取ることができるのである。

さらにトロルフィヨルドのクルーズでは、島と島との間は幅が狭いため迫力満点の景観を間近で楽しむこともできる。

「レイネもおすすめです。ここは、日本旅行業界が選ぶ“ヨーロッパの最も美しい村30撰”にも選ばれていますが、氷河の浸食により削り出された岩山の麓に、おとぎ話に出てくるようなかわいらしい村があります。今にもつながる大自然と共有して暮らす北欧の人々の知恵も感じられます。」(ワールド航空サービス菊間陽介さん)

■世界で最も美しい国立公園

また、秋には美しく染まるアビスコ国立公園も、ぜひ訪れてみたい。「世界で最も美しい国立公園のひとつ」といわれており、オーロラの観光地としても名高いのだ。

©Innovation Norway

特筆すべきは、スウェーデン人たちにも馴染み深い「王様の散歩道」と呼ばれる小道。なんとその全長は400キロ近くに及ぶため、その一部をハイキング感覚で歩くだけでも充実感を得ることができるのである。

王様の散歩道 ©Michael Jönsson

ヨーロッパ最北の地を走るノールランストーグ鉄道に乗って、ナルヴィークまでの車窓を楽しむのもいい。まさに北欧というべきフィヨルドの絶景が、パノラマのように展開されるのだ。北の大地を駆け抜ける列車の旅には、鉄道マニアならずとも魅了されることだろう。

「アビスコ国立公園は、ナショナルジオグラフィックが選ぶ世界のトレッキングコースベスト15にも選ばれており、秋は特に黄葉が素晴らしく、またオーロラ観賞も楽しめるということで、いちばん訪れたい季節です。
また、欧州最北を走る鉄道は、幻想的な湖、森の中を走る川、連なる滝、フィヨルド、と次から次へと移り変わる絶景に心を奪われます。」(ワールド航空サービス菊間陽介さん)

*  *  *

以上、今回はノルウェーのロフォーテン諸島を中心とした見どころをご紹介した。

絶景ドライブ、フィヨルドクルーズ、そして最北鉄道列車と、ノルウェーの旅では移動も楽しみのひとつ。海に、山に、北欧ならではの秋景色を楽しめるのである。この秋の旅行先として、候補に入れてみてはいかがだろうか。

【ロフォーテン諸島へのツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
欧州最北鉄道と秋色のロフォーテン諸島の旅
http://www.wastours.jp/tour/d/EN032_17K.html

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP