新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

絵葉書のように美しい!ノルウェー「ロフォーテン諸島」の見どころ

©Innovation Norway

ノルウェーといえば、切り立つフィヨルドや氷河が織りなす海の絶景をまず思い出すことだろう。ご存知のとおり、複雑に入り組んだ地形を特徴とする湾や入り江のこと。氷河の浸食作用により、長い時間をかけて形成されたものであるだけに、自然の力を実感せざるを得ない。

しかし当然のことながら、ノルウェーの魅力はフィヨルドだけではない。たとえば注目したいのが、ノルウェー人にとっても観光地として馴染み深い「ロフォーテン諸島」だ。スカンジナビア半島の北側にあたる北極圏に位置するロフォーテン諸島は、自然大国としてのノルウェーの美しさを凝縮したような魅力を備えていながら、日本ではほとんど知られていない秘境なのである。

今回はロフォーテン諸島を中心としたノルウェーのおすすめポイントや見どころについて、ワールド航空サービスの北欧担当・菊間陽介さんに伺った。

■海と岩の織りなす絶景

©Innovation Norway

ロフォーテン諸島の魅力といえば、大小無数の島々が点在する多島美だ。海と岩の織りなす絶景は、まるで絵画のよう。険しい岩山が無数に連なる景観も、「まるでアルプスが海に沈んでいるようだ」と形容される。

ちなみにこれらの岩山は、氷河の浸食によって削り出されたもの。実はその大部分は、海の中に隠されているのだという。つまりは、アルプスの山並みの山頂近くの部分だけが、海の上にそそり立っているようなものなのである。

岩山は、高いものでは1000メートルを超えるというが、印象的なのはその麓(ふもと)。急勾配の岩山にへばりつくかのように、カラフルな家々の並ぶ小さな村がとても印象的なのである。係留された船の数々にもかわいらしい印象があり、それらすべてが絵葉書のような美しさを演出している。

「ロフォーテン諸島はそのダイナミックな自然景観から、ノルウェーの国家プロジェクトの「ナショナルツーリストルート」のひとつとして認定されています。これは、景観が素晴らしい道に、自然と融合できるようなモダンアートで彩るというものですが、車で走るだけでも見どころのある道に更なるアクセントを加えてくれます。」(ワールド航空サービス菊間陽介さん)

■島々を巡るドライブやクルーズ

レイネ ©Innovation Norway

なお、島と島の間は多くが橋で結ばれているため、車で渡ることも可能だ。「ロフォーテンのベネチア」とも称されるヘニングスヴァーや、諸島最西端にあたる町オーなどへのドライブは格別のひとこと。

車窓を眺めているだけでも飽きないのは、ダイナミックな岩山、かわいらしい村、のどかな港と漁村など、それぞれが個性的で美しい光景が次々と現れるから。雄大な自然と長い歴史を、存分に感じ取ることができるのである。

さらにトロルフィヨルドのクルーズでは、島と島との間は幅が狭いため迫力満点の景観を間近で楽しむこともできる。

「レイネもおすすめです。ここは、日本旅行業界が選ぶ“ヨーロッパの最も美しい村30撰”にも選ばれていますが、氷河の浸食により削り出された岩山の麓に、おとぎ話に出てくるようなかわいらしい村があります。今にもつながる大自然と共有して暮らす北欧の人々の知恵も感じられます。」(ワールド航空サービス菊間陽介さん)

■世界で最も美しい国立公園

また、秋には美しく染まるアビスコ国立公園も、ぜひ訪れてみたい。「世界で最も美しい国立公園のひとつ」といわれており、オーロラの観光地としても名高いのだ。

©Innovation Norway

特筆すべきは、スウェーデン人たちにも馴染み深い「王様の散歩道」と呼ばれる小道。なんとその全長は400キロ近くに及ぶため、その一部をハイキング感覚で歩くだけでも充実感を得ることができるのである。

王様の散歩道 ©Michael Jönsson

ヨーロッパ最北の地を走るノールランストーグ鉄道に乗って、ナルヴィークまでの車窓を楽しむのもいい。まさに北欧というべきフィヨルドの絶景が、パノラマのように展開されるのだ。北の大地を駆け抜ける列車の旅には、鉄道マニアならずとも魅了されることだろう。

「アビスコ国立公園は、ナショナルジオグラフィックが選ぶ世界のトレッキングコースベスト15にも選ばれており、秋は特に黄葉が素晴らしく、またオーロラ観賞も楽しめるということで、いちばん訪れたい季節です。
また、欧州最北を走る鉄道は、幻想的な湖、森の中を走る川、連なる滝、フィヨルド、と次から次へと移り変わる絶景に心を奪われます。」(ワールド航空サービス菊間陽介さん)

*  *  *

以上、今回はノルウェーのロフォーテン諸島を中心とした見どころをご紹介した。

絶景ドライブ、フィヨルドクルーズ、そして最北鉄道列車と、ノルウェーの旅では移動も楽しみのひとつ。海に、山に、北欧ならではの秋景色を楽しめるのである。この秋の旅行先として、候補に入れてみてはいかがだろうか。

【ロフォーテン諸島へのツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
欧州最北鉄道と秋色のロフォーテン諸島の旅
http://www.wastours.jp/tour/d/EN032_17K.html

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか
PAGE TOP