新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

世界遺産に登録!インド「アーメダバード」の見どころ4つ

2017年7月、ポーランドのクラコフで行われていた世界遺産委員会において、日本の宗像・沖ノ島が世界遺産登録を果たした。そのとき、インド南西海岸、グジャラート州アーメダバードの建築物群も同じく登録を果たしたことはご存知だろうか?

乾燥地帯で農業に適していないため、グジャラート州はもともと他州にくらべると貧しい州だった。しかし英国統治下の19世紀に織物業で栄え、現在は紡績やダイヤモンド交易、IT産業によって発展。かくしてアーメダバードは、同州最大の都市となり、そればかりかインド有数の都市のひとつに数えられるにまでなっている。

マハトマ・ガンディーの生誕地でもあり、彼がここから独立運動を開始したことでも有名。いま大きく注目されるアーメダバードの見所をご紹介しよう。

■1:スワミナラヤン寺院

完成が2005年と歴史こそ浅いものの、いまや人気スポットとしてすっかりおなじみ。ヒンズー教スワミナラヤン派の寺院である。その魅力は、高さ43m(マンションでいえばおよそ13階)という圧倒的な大きさで、世界最大のヒンズー教寺院としてギネスブックにも登録されている。

しかも、これだけの大建築物でありながら、コンクリートや金属が一切使われていない石造りだというのだから驚く。白い大理石で埋め尽くされた本殿の美しさも特筆すべきものだ。

寺院内には、インドの歴史を美しい映像とともに振り返る映画や、ジオラマなどの展示物、庭園、ボート・ライド、ロボットショーなど見どころも満載。伝統とテクノロジーの融合は、とにかく圧倒的だ。

■2:モスク群

アーメダバードといえば、点在するモスクの美しさにも注目したいところ。なかでも必ず訪れたいのが、アフマド・シャー 1 世によって建てられたジャーマー・マスジッド・モスクだ。緻密な作りの柱、引き込まれるような美しさのドームなど、インド・イスラム建築ならではの美しさに圧倒される。

場所は、アーメダバードの歴史地区の中心。近隣にはマネク・チョウクのフードマーケット、スワミナラヤン・マンディール、ティーン・ダルワザの門など見所が集中しているので、移動にも便利だ。

■3:旧市街のポル

まるで迷路のようなアーメダバードの旧市街には、道の両側に2~3階建ての住居が連なる。ポルと呼ばれる集合住宅地だ。特徴的なのは、まとまった住居郡がひとつの単位となってコミュニティーを形成しているところだ。

もともとは工業労働者の急激な増加に伴って作られたものだが、現在では繊細な彫刻の美しさによって観光客を魅了するスポットとして人気だ。

■4:コルビュジエの繊維業会館

アーメダバードの注目スポットに建築物がある。というのもここには、近代建築の巨匠として知られるル・コルビジェによる4つの建築物が存在するのである。

特に有名なのが「繊維業会館」。コンクリート打ちっ放しのモダンな作りで、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、黒、白と鮮やかな色がアクセントに用いられている。

なお、窓に取りつけられた大きなスリットは、インド特有の強い日差しを避けるため窓に取りつけられたもの。これも、デザイン的にいい効果を生み出している。

*  *  *

以上、世界遺産に登録されたばかりのインド・アーメダバードの見どころをご紹介した。

近年は、それぞれの宗教コミュニティが共存する旧市街のウォーキングが人気。またコルビジェ作品や、近郊にある階段井戸を訪ねる人も多く、アーメダバードは大きな注目を集めている。インドの魅力を多角的に感じてみたいのなら、ぜひとも選択肢に入れておくべき都市だといえるだろう。

【ツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
アーメダバードからムンバイへ 西インド回廊の旅
グジャラートと砂漠の城塞ジャイサルメールの旅

文/印南敦史
写真提供/ワールド航空サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか
PAGE TOP