新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

訪ねてみたい!ヨーロッパの知られざる穴場町3つ《ヴァンヌ、アオスタ、ザンクト・ガレン》

歴史や伝統を実感できるだけあって、訪れるたび新たな発見があるヨーロッパ旅行。しかし現実的に、多くの人々が足を運ぶのはガイドブックに載っている大都市や観光地が中心だ。

もちろん観光地にも魅力はあるのだが、さまざまな旅をしてきた人には、ワンランク上の旅を体験してほしくもある。そこでお勧めしたいのが、ヨーロッパの知られざる穴場をたどる旅である。

今回はワールド航空サービスの南欧担当・萩原雄太さんと中欧担当の桂 智洋さんに、フランス、イタリア、スイスの「穴場町」をご紹介いただいた。

■1:ヴァンヌ(フランス)

まず注目したいのは、フランス北西部のブルターニュ地方。ブルターニュの語源が英語の「ブリテン」であることからも推測できるとおり、この地には紀元前ごろから古代ケルト人の部族集団が暮らし、歴史を育んできた。

そんなブルターニュ地方の主要都市であるヴァンヌは、紀元前1世紀ごろからの歴史を感じることのできる古い町だ。素晴らしいのは、13〜15世紀の、動物や人々をかたどったユニークなモチーフが入った木骨組みの家並み。また、16〜18世紀の石造りの家々がともに並んでいるため、時代が幾層にも重なったかのような感覚を味わうことができる。

「ヴァンヌを楽しむならぜひプティ・トランを。ガンベッタ広場から40分ほどで町をぐるりと一周します。城壁の内外とも周るので、町の様子を見るにはぴったりです。」(ワールド航空サービス萩原さん)

■2:アオスタ(イタリア)

イタリアには、シチリアをはじめとする特別自治州が5つ存在する。特別自治州とは、歴史的背景や民族、言語の違いなどから、財政的な自治権を与えられている州のこと。同じイタリアであっても経路が少し異なるというわけで、そのひとつがイタリア北端の一角を占めるアオスタである。その起源はローマ時代に遡り、いまもなお町中にローマ時代の遺跡が残り、中世の城や教会なども見られる。

涼しく快適な避暑地であり、素晴らしいのが周囲の大自然。ロープウェイに乗ればわずか17分で到着する展望台からは、モンテ・ビアンコ(モンブラン)をはじめ、グラン・パラディーゾ、モンテ・チェルビーノ(マッターホルン)を望むことができる。

イタリア最高峰のグラン・パラディーゾを望めるコーニュ村を散策したり、湖に映る「逆さチェルビーノ」や、チェルビニアからゴンドラに乗って間近に眺めるモンテ・チェルビーノなどの美しさを楽しむなど魅力満載だ。

「アオスタ風コーヒー「グロッラ」はいかがでしょう。アルコールを加えて加熱し、いくつも口のついた独特の木製茶器(友情の杯)で回し飲みします。アオスタならではひとときです。」(ワールド航空サービス萩原さん)

■3:ザンクトガレン(スイス)

ザンクトガレンは、ドイツとの国境に近いスイス北東部の町。「知の宝庫」と称される古都である。なかでも特に有名なのが、世界遺産のザンクトガレン修道院付属図書館だ。スイスロココ様式の傑作といわれる造形は、他に類を見ない美しさ。また、旧市街に並ぶ装飾が見事な出窓の建物や、童話に出てきそうなかわいらしい家々を眺めながら歩くだけでも楽しむことができる。

またザンクトガレンからは、交通機関を利用すれば日帰りでいろいろな場所を訪問することも可能だ。ぜひとも足を運びたいのが、古き良き素朴なスイスの姿が残るアッペンツェル地方。

ロープウェイで標高2500メートルのセンティス山に登ると、天気がよければユングフラウの山々をはじめ隣国まで見渡せる。いかにもスイスらしい雄大なパノラマを、目の当たりにできるのである。

ザンクトガレン訪問とあわせて、スイスとオーストリアに挟まれた小国リヒテンシュタインを訪ねるのも魅力だ。丘の上に位置するファドゥーツ城の周辺からは、牧歌的なファドゥーツの街並みが一望できる。

また、リヒテンシュタインは美しい切手を発行する国としても有名なので、旅の記念にスタンプを押してもらったり、お土産に記念切手を購入するのもいいだろう。

「マティスのコレクションが充実したザンクトガレン美術館、繊維博物館など美術館めぐりも楽しめ、数日滞在しても多様な楽しみ方があります。とくにスイスリピーターの方にはおすすめしたい町です。」(ワールド航空サービス桂さん)

以上、これまでとは違う旅の楽しみを堪能できる、ヨーロッパの知られざる穴場町をご紹介した。夏場は気候も爽やかなので、心地よい時間を過ごせるはず。一度訪れてみてはいかがだろうか?

【ヨーロッパへのツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
ゆったりブルターニュとモンサンミッシェル旅
http://www.wastours.jp/tour/d/ES361T_17K.html

シャモニーハイキングとアオスタの旅
http://www.wastours.jp/tour/d/ES553T_17K.html

夏のザンクトガレン滞在の旅
http://www.wastours.jp/tour/d/EM292T_17K.html

文/印南敦史
写真提供/ワールド航空サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか
PAGE TOP