NHK『日曜討論』ほか数々のメディアに出演し、シニア世代の生き方について持論を展開するライフ&キャリア研究家の楠木新さん。人生100年時代を楽しみ尽くすためには、「定年後」だけでなく、「75歳からの生き方」も想定しておく必要があると説きます。楠木さんが10年、500人以上の高齢者に取材を重ねて見えてきた、豊かな晩年のあり方について紹介します。

文/楠木新

「4つの命」を意識して生きる

厚生労働省は2021年12月、健康上の問題がなく日常生活を支障なく送れる期間を示す「健康寿命」が、2019年は男性72.68歳、女性75.38歳だったと発表。前回の調査と比べて、男性で0.54歳、女性で0.59歳延びています。

ただ、前にも述べたように、皆さんの周囲を見渡していただいても、実際には日常生活を普通に過ごせるという意味では、多くの人が80歳近くまでは元気に過ごしているのではないでしょうか。

「令和3年簡易生命表の概況」によると、高齢者と呼ばれ始める65歳時点の平均余命は、男性19.85 年、女性24.73年になっています。年齢に引き直すと、男性は85歳、女性は90歳くらいまでは生きる計算になります。いずれにせよ、一定年数は他人の助けを必要とする期間があります。これが介護を受ける状況にもつながるのです。

私も70歳に近づいて周囲に健康面の問題を語る人が増えているので、これらの数値には自然と目が行くようになりました。

一方で、最近は「資産寿命」という言葉も使われるようになりました。老後の生活資金が枯渇するまでの年数といった意味で、寿命が延びても安心して暮らせるように資産寿命を延ばすことが強調されています。お金が大事であることは間違いありませんが、あまり強調されすぎると高齢者がますますお金を使わなくなる方向へ誘導されてしまう懸念もあります。

私の周りにも保有資産に十分な余裕があっても、国からの公的年金の2割以上は必ず貯金に回すという人や、銀行通帳の残高が減ると不安になるので必要以上に節約に走る人もいました。高齢になると、保有資産の額も個々のばらつきが大きいので、一般論や平均では実態を表していないこともあり、注意が必要です。

老後はこれに加えて「労働寿命」という考え方もあるそうです。何歳まで働けるかということです。一般には「生涯現役」というのは、できるだけ長く働いている状態のことです。

私が会社を退職した人たちに話を聞いた実感では、70代後半から全く新しい仕事や趣味などに取り組むのは容易ではありません。この年代になると旅行や美味しいものを食べ歩くことも徐々に日常的な行為ではなくなってきます。

つまり自由にお金を使って楽しむことができる期間には一定の限度があるのです。資産寿命の延命ばかりに気を取られていると、先に健康寿命が尽きて有効にお金を使う機会を逃してしまうことになりかねません。

これら「健康寿命」「資産寿命」「労働寿命」に加えて、前述した「平均余命」の4つの命を考慮しながら過ごす必要があります。

70歳まで気軽に働ける時代の到来

最近は、「人生100年時代」という言葉が定着してきました。この言葉を聞いてどのような気持ちになるでしょうか?

2021年4月から「改正高年齢者雇用安定法」が施行されました。「70歳定年法」や「70歳就業法」と呼ばれることもあって、「70歳まで働かなくてはならないのか」と誤解している人もいます。法律の趣旨は、企業側に70歳までの安定した働く場を確保するよう努力義務を課したものです。働くことを強制されたり、不利益になったりするものではありません。

ご承知の方も多いでしょうが、2013年に「65歳までの雇用確保措置」はすでに義務化されています。今回の法律は、その次のステップに向けた対応になっています。

このように国や企業は70歳まで働く条件整備を進めています。それらに応じて、個人側はどのように対応すればよいのでしょうか。

この法律が定められた背景には、日本人の寿命が急激に延びたことがあります。

シンガーソングライターの井上陽水さんの1972年発売の『人生が二度あれば』の歌詞を読むと、時代の変化に驚きます。65歳の父親と64歳の母親のことを思いながら、「人生が二度あれば」と歌い上げます。ところが今の65歳はまだまだ若く、多くの人が第二の人生を持つ時代になりました。曲の発売から50年が経ち、年齢に伴う景色が大きく変わってしまったのです。「70歳就業法」の制定に関して行われたアンケートで、「定年後まで働くなんて嫌だ」とか、「公的年金の受給年齢が60歳から65歳に変更されたことは許されない」と厳しく批判している人もいます。気持ちはわかりますが、時代はもう変わっているのです。

これだけ寿命が延びて、少子化も進んでいるなかでは、70歳まで働くことも視野に人生設計を立てた方が、ずっと気楽ではないかと思うのです。

* * *

『75歳からの生き方ノート』(楠木新 著)
小学館

Amazonで商品詳細を見る

楠木新(くすのき・あらた)
1954年、神戸市生まれ。1979年、京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。人事・労務関係を中心に経営企画、支社長などを経験する。在職中から取材・執筆活動に取り組み、多数の著書を出版する。2015年、定年退職。2018年から4年間、神戸松蔭女子学院大学教授を務める。現在は、楠木ライフ&キャリア研究所代表として、新たな生き方や働き方の取材を続けながら、執筆などに励む。著書に、25万部超えの『定年後』『定年後のお金』『転身力』(以上、中公新書)、『人事部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)、『定年後の居場所』(朝日新書)、『自分が喜ぶように、働けばいい。』(東洋経済新報社)など多数。

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店