新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

英国ドラマの傑作『ダウントン・アビー』の舞台を訪ねる優雅な旅

文/印南敦史

エミー賞、ゴールデングローブ賞など数々の受賞実績を持つ『ダウントン・アビー』といえば、世界200以上の国と地域で放映され、大ブームを巻き起こした英国のドラマである。

エリザベス女王やウィリアム王子夫妻など、英国王室をも魅了したことでも有名。日本でも2014年にNHK地上波で放映されて話題を呼んだので、ご覧になった方も少なくないはずだが、このドラマの舞台を巡る旅が好評なのだという。

なにが人々を魅了するのだろうか? 今回は『ダウントン・アビー』の舞台を巡る旅の数々の見どころをご紹介しよう。

■1:ハイクレア城

『ダウントン・アビー』で、クローリー家の邸宅として登場したハイクレア城は、17世紀に英ハンプシャーに建てられた古城。ロンドンから100キロほど西にあり、現在も城主の第8代カナーヴォン伯爵夫人の住まいとなっている。

第5代のカナーヴォン伯爵が、ツタンカーメン王の墓を発見した考古学者のハワード・カーターの支援者だったことから、城内にはエジプト展示室がある。カナ―ヴォン家とエジプトとの深い関係を感じられるとともに、古代エジプトの奥深い歴史を目の当たりにできる。

■2:バンプトン村

バンプトン村は、ロンドン北西部の緑豊かな丘陵地帯であるコッツウォルズ地方に位置する村。『ダウントン・アビー』に登場するダウントン村のモデルとして、数多くの印象的なシーンが撮影された。

ドラマでも明らかになっていたとおり、石造りの重厚な建造物と木々の緑とのコントラストがポイント。ゆっくりと散策してみれば、ドラマで見覚えのある風景に出会うことができるだろう。

■3:ハイグローブ

写真提供:ハイグローブ・ハウス

コッツウォルズ近郊のハイグローブ邸にあるハイグローブは、かのチャールズ皇太子が所有する庭園。ガーデニングが盛んな英国でも有数のオーガニック庭園で、「21世紀初頭において最も興味深いコンテンポラリーガーデン」と称されるだけあり、時代の波に左右されることのない普遍的な美しさが魅力だ。

チャールズ皇太子自身もスコップやハサミを手に、丹精込めて育ててきたというが、なるほど一角には皇太子が孫のジョージ王子と一緒に植えた木や王子たちの遊び場も残っている。皇太子一家がいかにこの庭を愛されているかがわかるはずだ。4〜10月の特定日のみ一般公開されている。

■4:ケンジントン・パレス

ロンドンのケンジントン公園内にあるケンジントン・パレス。かつては王家の宮殿だったが、1760年に王家がバッキンガム宮殿へ移転して以降は、王の親族の住居として使用されてきた宮殿だ。

かのヴィクトリア女王もここで幼少期を過ごしたほか、故ダイアナ妃も皇太子妃時代に家族で15年暮らしている。現在はケンジントン公爵であるウィリアム王子一家がお住まいで、この5月に結婚式を挙げるハリー王子とメーガンさんも、敷地内に新居を構えると報じられている。

■5:オークリー・コート

1859年に建造されたオークリー・コートは、テムズ川の景色を望む広い庭園内の由緒あるカントリーハウス。1985年よりホテルとして利用されており、客室の美しい内装も魅力的。また、美しい庭園を眺めながら楽しむアフタヌーンティーは格別だ。

テニスコート、クロケット用の芝生、9ホールのゴルフコースがあるほか、バー、サウナ、スチームルーム、モダンなジムも併設されている。

*  *  *

今回この『ダウントン・アビー』の舞台をめぐるツアーを企画したワールド航空サービスのプランニング事業本部の福島伸彦さんは、この旅の魅力について次のように語る。

「英国の魅力は多彩です。その礎を築いたのは中世来続いた階級社会と封建制ですが、『ダウントン・アビー』は貴族社会だけではなく、執事やメイドの視線から、その独特の英国世界を垣間見させてくれるものでした。ドラマだけに親しみやすく、それにふれて、実際に旅すると、城も宮殿も、そこに刻まれた歴史を生き生きと語ってくれます」(福島さん)

名作ドラマの舞台を実見できるだけでなく、英国貴族の本物の文化に触れられる旅。ワンランク上の体験が得られそうだ。

【参考ツアー】
憧れのハイクレア城を見学【9日間の旅】 – ワールド航空サービス

文/印南敦史
協力/ ワールド航空サービス(http://www.wastours.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!…
  2. 知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日…
  3. 南米ペルーの知られざる蒸留酒「ピスコ」を知っていますか?
  4. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  5. 貝殻で埋め尽くされた英国の謎すぎる地下洞窟「シェル・グロット」の…
PAGE TOP