新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史

photo by Michela Simoncini via flickr

もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるたび、「日本の夏はもうこりごり」と感じる方も多いのではないだろうか。だとしたら、本当に海外に出てしまうという選択肢もある。

日本との気候の差を実感したいのであれば、一番のおすすめはヨーロッパでの長期滞在である。なかでも注目すべきは、オーストリア西部チロル州の州都インスブルックという町だ。

インスブルックへのツアーを企画しているワールド航空サービスの営業担当部長、酒井康行さんによれば、旅行客の再訪率も高いという。

「私どもがインスブルックへの長期滞在の旅を手がけて、今年で8年目となります。開始当時は前例がない企画で、果たしてお客様にどこまで受け入れられるのかという思いもありましたが、杞憂に終わりました。8日間、10日間、16日間、30日間の期間を用意したのですが、思いのほか、16日間あるいは30日間の滞在をお選びになった方が多かったのです。以来、夏の風物詩的にご案内していますが、リピートして参加される方が、4割ほどもいらっしゃいます」

果たしてシニアな旅行者を引きつけてやまない「長期滞在したくなる街」インスブルックの魅力とはどこにあるのだろうか?

ハプスブルク家が遺した歴史と文化の街

北にドイツのミュンヘン、南にイタリアのボルツァーノというロケーションに位置するインスブルックは、1964年と1976年に冬季オリンピックが開催された“ウィンタースポーツの街”として有名だが、夏はアルプス山麓の避暑地として観光客が集まる。

そもそもインスブルックは、14世紀からスイス領内に発祥するドイツ(アルザス)系貴族であるハプスブルク家の支配下に入った地。そのため奥深い歴史や文化を実感できる街でもある。

インスブルック マリア・テレジア通り (c)TVB Innsbruck / Christof Lakkend

歴史遺産も多いが、ぜひとも訪れたいのは旧市街に位置する「黄金の小屋根」と呼ばれるバルコニー。チロル公国を継承したマクシミリアン1世が1496年に完成させた建築物で、屋根に2657枚もの金の瓦が使用された、インスブルックのランドマークである。

黄金の小屋根

またインスブルック王宮教会では、マクシミリアン1世の生涯を表現した大理石のレリーフが美しい棺を見ることもできる。

ハイキングも魅力的だ。バスでプラクサマーからリューゼンスへ向かうルート、ケーブルカーでフンガーブルクまで登り、ルムの山小屋へ向かうコースなど、コースもいろいろある。

フンガーブルク駅 (c)TVB Innsbruck / Christof Lackner

それに加え、長期滞在者にはホテルのプールでのんびり過ごしたり、近郊のエッツタールにある「アクアドーム」という大自然のなかの温泉施設にある温水プールに出かけるという楽しみもある。

ハプスブルク家の伝統が食文化にも反映

長期滞在の魅力として、特に注目したいのは食文化。ハプスブルク王朝の多民族国家の都として、インスブルックにはウィーンを筆頭とするさまざまな食文化が融合して独自の発展を遂げた。

チロル地方の伝統的な郷土料理が味わえるだけでなく、また周囲を高い山に囲まれ、周辺に森や野原が広がっているため、秋になればジビエ料理を楽しむこともできる。

(c)TVB Innsbruck / Christof Lackner

ご紹介したように、インスブルックの魅力は多種多様。しかも長期滞在となれば、時間をかけてじっくりと楽めるだけに、より愛着がわくことだろう。

「インスブルックの良さは、やはり過ごしやすさにあります。コンパクトな旧市街はだいたい歩いて回れますし、まわりを山に囲まれて、川が流れて、すぐ近くに自然があって、夏も涼しい。治安がよく、清潔感があり、日本人の高齢者でも安心して歩けます。公共交通機関も整っており、万が一の際に安心してかかれる医療機関もあります。そして何より歴史があるハプスブルクの都であり、文化性も高く、食も洗練されています。これらの複合的なバランスのとれた魅力が、インスブルックにはあります」(ワールド航空サービス酒井さん)

日本の夏場のストレスフルな環境から解き放たれ、ヨーロッパの穴場的な避暑地で一夏を過ごすのはどうだろう。強いて喩えるなら、ちょうど軽井沢のような高原の街インスブルック。気がつけば第2の故郷と思うようになっている可能性は高い。

【参考ツアー】
※ アルプスの古都インスブルック 長期滞在の旅 – ワールド航空サービス

文/印南敦史
協力/ ワールド航空サービス(http://www.wastours.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅
  2. タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ね…
  3. スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅
  4. この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いた…
  5. フィレンツェからウィーンへ!ヨーロッパの古都をつなぐ寝台列車の旅…
PAGE TOP