新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

スケール感が半端ない!沖縄・琉球王国が残した巨大墓2つ

文・写真/佐竹敦

沖縄地方にかつて存在した「琉球王国」には、日本とは異なる王統が長きにわたって存在し、独自の文化を育んできました。今も沖縄各地には、そんな琉球王国の栄華をしのばせる場所が残されています。

今回は、そんな琉球王国伝来の「陵墓」(=王族たちの墓、古墳)のうち、とくにスケールの巨大なものを2つご紹介します。

■1:玉陵(沖縄県那覇市)

琉球王国の巨大陵墓といえば、那覇・首里城に隣接していて世界遺産にも登録されている「玉陵(たまうどぅん)」です。明治12(1879)年まで19代410年間続いた、第二尚氏王統歴代の陵墓です。

玉陵の墓域は2,442平米で、高さ約2mの石垣で囲まれた広い墓域の奥に、自然の岩壁を掘削して造られた大きな破風墓が三基連なっています。

全体のつくりは当時の板茅葺屋根の首里城宮殿を表した石造建造物になっていて、墓室は三つに分かれています。

【玉陵(たまうどぅん)】
■所在地/沖縄県那覇市首里金城町1-3
■観覧時間/午前9時~午後6時 年中無休

■観覧料金/大人300円、小人(中学生以下)150円
■アクセス/ゆいレール首里駅より徒歩約15分、ほか

■2:浦添ようどれ(沖縄県浦添市)

玉陵はまさに王国の陵墓といった堂々たるものですが、実は琉球王国の首里以前の古都であったとされる浦添市にある「浦添ようどれ」も、その規模や壮大さにおいて決して玉陵に劣るものではない偉容を誇っています。

「浦添ようどれ」は浦添グスクの北側崖下にある琉球王国初期の実在した最初の王ではないかと言われている(または実在が確実視されている)英祖王の王陵で、「極楽陵」とも言われています。

感淳年間(1265年~1274年)に築かれたものとされ、その後、14世紀後半~15世紀前半に石垣がめぐらされ、さらに1620年には浦添出身の尚寧王によって修築が行われ、英祖王陵(西室)の隣に尚寧王陵が造成され自らもここに葬られたと言われています。

陵墓というよりは堅固な城壁を彷彿とさせるものがあります。

英祖王と尚寧王の陵墓(浦添ようどれ)

ちなみに「ようどれ」とは沖縄の言葉で夕凪(ゆうなぎ)のことで「ユードゥリ」と発音するそうです。

さらに2005年に浦添城跡のガイダンス施設と してオープンした「浦添グスク・ようどれ館」には浦添ようどれの西室(英祖王陵)内部の様子が実物大で完全に再現されて展示されています。

再現されたものとはいえ、王陵の内部の様子を手に取るように見学することができるのは大変貴重で、一見の価値があります。

浦添グスク・ようどれ館

実物大で完全に再現された英祖王陵内部(浦添グスク・ようどれ館)

【浦添ようどれ】
■所在地/沖縄県浦添市仲間2丁目53-1(浦添城跡内)
■開園時間/9時〜18時
■定休日/年中無休
■アクセス/バス:系統番号55番乗車「仲間」バス停下車、徒歩5分

*  *  *

今回ご紹介した、玉陵にしても、浦添ようどれにしても、一般的な沖縄の観光スポットではないかもしれませんが、かつての琉球王国の陵墓だけに、その規模や壮大さには圧倒されること請け合いです。沖縄に行かれた際は、ぜひ訪ねてみてください!

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP