新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

見渡す限り真っ赤に染まる「浜野浦の棚田」の夕景(佐賀県玄海町)【にっぽん穴場紀行2】

文・写真/佐竹敦

今回ご紹介する「浜野浦の棚田」は、佐賀県玄海町にある棚田です。玄界灘を背景にした景観が特に秀逸で、平成11年には「日本の棚田百選」にも選ばれた、日本を代表する棚田の一つです。

浜まで降りて行くと、海と棚田と船と作業小屋という、まさに日本の原風景といった景観を目にすることができます。

浜辺に打ち寄せる波と黄金色に染まった棚田。

そんな浜野浦の棚田ですが、田んぼに水が張られた時から田植え直後で稲がまだ大きくなっていない時期(4月中旬~5月頃)の夕暮れ時になると、空と海と棚田が夕日に真っ赤に染められ、最高の景観・空間が出現します。

空も、海も、田んぼも、見渡す限りの景観が、どこまでも赤く、情熱的に染め上げられていきます。この情景はとても写真では再現できず、言葉で言い表すこともできません。現地で目撃した人だけの、特別な体験となります。

この絶景を目にすることができるのは「田植え前で田んぼに水が張られた時から田植え直後で稲がまだ大きくなっていない時」と季節が限られています。ちょうどゴールデンウィークの時期ですので、ゴールデンウィークのお出掛け候補地としてチェックしてみてはいかがでしょうか? ぜひご自身のその目でみていただきたい、屈指の絶景です。

【浜野浦の棚田】
■所在地/佐賀県東松浦郡 玄海町浜野浦
■アクセス/福岡から市営地下鉄、JR肥薩線またはバスで唐津へ。唐津からバスで40分。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
  2. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  3. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  4. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  5. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
PAGE TOP