新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

見渡す限り真っ赤に染まる「浜野浦の棚田」の夕景(佐賀県玄海町)【にっぽん穴場紀行2】

文・写真/佐竹敦

今回ご紹介する「浜野浦の棚田」は、佐賀県玄海町にある棚田です。玄界灘を背景にした景観が特に秀逸で、平成11年には「日本の棚田百選」にも選ばれた、日本を代表する棚田の一つです。

浜まで降りて行くと、海と棚田と船と作業小屋という、まさに日本の原風景といった景観を目にすることができます。

浜辺に打ち寄せる波と黄金色に染まった棚田。

そんな浜野浦の棚田ですが、田んぼに水が張られた時から田植え直後で稲がまだ大きくなっていない時期(4月中旬~5月頃)の夕暮れ時になると、空と海と棚田が夕日に真っ赤に染められ、最高の景観・空間が出現します。

空も、海も、田んぼも、見渡す限りの景観が、どこまでも赤く、情熱的に染め上げられていきます。この情景はとても写真では再現できず、言葉で言い表すこともできません。現地で目撃した人だけの、特別な体験となります。

この絶景を目にすることができるのは「田植え前で田んぼに水が張られた時から田植え直後で稲がまだ大きくなっていない時」と季節が限られています。ちょうどゴールデンウィークの時期ですので、ゴールデンウィークのお出掛け候補地としてチェックしてみてはいかがでしょうか? ぜひご自身のその目でみていただきたい、屈指の絶景です。

【浜野浦の棚田】
■所在地/佐賀県東松浦郡 玄海町浜野浦
■アクセス/福岡から市営地下鉄、JR肥薩線またはバスで唐津へ。唐津からバスで40分。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  2. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  3. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  4. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
  5. 大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を…
PAGE TOP